ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

039首飾り

 こんなところで死ぬのか。それもあぶり焼きで……

 などと考えていたが、俺は一向に襲ってこない激痛に、恐る恐る目を開けた。

「炎がよけている?」

 カイザ王子も驚いていた。そう、魔物の吐き出した爆炎は、王子を中心とした半径1メートル半ほどの範囲からしめ出されていたのだ。

「兜がなくても、鎧だけで熱を無効化できるのか。やれやれ、危ないところだった」

 だが危機は去っていない。広院をぶら下げた竜は宙を旋回し、再び襲いかかってくるようだ。炎が効かないと分かっても、なお……

「弟のかたきめっ!」

 魔物の背中にまたがっている黒装束くろしょうぞくの男が叫んだ。どうやら過日かじつ、ゼイタク王国の舞踏会を襲撃した竜使いの、彼は兄であるらしい。逆恨みもはなはだしかった。

 龍は再び紅蓮ぐれんの炎を叩きつけてきた。俺は王子にしがみつき、超高熱が再度弾かれるのを眺める。一歩間違えればあの世行きだと思うと、勇者の胴に回した腕に力を込めた。

 屋根に火がついて炎上する中、カイザ王子は別のそれに飛び移る。直後にそれまでいた場所が崩れ落ちた。危ない危ない。

 ドラゴン使いは性懲しょうこりもなく三度目の正直をこころみるようだ――と思ったが、今度は違った。黒装束が紐を引っ張り上げ、広院の体を抱え込んだのだ。コウモリのような羽をバタつかせ、竜は空中で停止する。

「カイザ王子! 婚約者アクジョの命が惜しければ剣と鎧を捨てよ! 待ったりはせぬぞ、今すぐだ!」

 男はナイフで紐を切り、広院を落とすようなしぐさをする。

 勇者は無傷の右目で相手をにらみつけているようだ。背後の俺にささやいた。

「ヒロ、どうもさっきからの状況を見ていると、君は何か特殊な力を隠しているようだね。迎賓館げいひんかんでは兵士や壁が、さっきはニセモノの女が、何らかの技で吹き飛ばされている。……その特技で僕を手伝ってくれ」

 かんづいていたのか。俺だって広院を救いたい。ここはもう秘めておくこともないだろう。

 俺は決心を込めて了承した。

「分かりました。どうするんです?」

「ドラゴンの頭を吹っ飛ばしてくれ。一か八か、空中でヒロイをかっさらう」

 黒装束がれている。もし本当に広院を捨てたら、激怒した勇者カイザに竜もろとも八つ裂きにされる。そのことが分かっているから、何もできずにいるのだ。

「どうしたカイザ、早くしろ! 伝説の武器防具を破棄するんだ!」

 俺は「ではいきますよ」と王子に合図した。主人を乗せて浮遊する魔物の頭部へ、渾身こんしんの大声を放つ。

「くたばれ!」

 俺の口から銀の波形が飛び出して、竜の頭部に炸裂した。かなりの苦痛だったのだろう、ドラゴンは大きくのけぞって暴れ回る。乗り手があわてふためき、俺の妹を手放して落とした。

 カイザ王子が俺を背中にくっつけたまま屋根を蹴る。

「ヒロイっ!」

 ハンニバルが広院を俺の目の前でかっさらったときの、それは再現だった。今度は王子が宙を舞い、愛する少女を片腕で抱き止める。そのまま放物線を描いて別の屋根に着地した。

 広院は現実世界からそのまま持ち込んだらしい、青いブラジャーとショーツだけの格好だ。俺やアクジョらが着ている、このゲーム世界での野暮やぼったい下着とは違う。長旅で着替えに困り身につけたものだろうか。

 カイザ王子が仰向けで気を失っている広院の肩を揺さぶった。

「ヒロイ、起きるんだヒロイ。僕のいとしいひと……」

 だが彼女は目覚めなかった。俺は手を取って脈をはかったが正常で、温かな体温と共に異常は見られなかった。ただただ深い眠りについている、としか思えない。

 そのとき嘲笑ちょうしょうが背後から聞こえた。ドラゴン乗りの黒装束が、体勢を立て直して高笑いしている。

「そいつの魂は抜いてある。冥土めいど土産みやげに教えてやるが、国王ゲップ様の首飾りを手に入れない限り、魂は戻らぬ!」

 竜の頭部がカイザ王子目がけて敏捷びんしょうに動いた。鋭い牙が眼前に迫る。だが王子は振り返りつつの一閃で、魔物のあごを切り裂き、その奥の黒装束まで真っ二つにした。

「ぎゃああっ!」

 血飛沫ちしぶきを上げてドラゴンは落下し、その巨大な図体ずうたいを地面に叩きつけた。カイザ王子は剣を掴んだまま立ち上がる。

「おのれ、小癪こしゃくな真似を……!」

 気づけばあちこちでたいまつの明かりがき、足元の街道に参集しつつある。俺は王子の背中に張り付いたまま尋ねた。

「どうするんですか? ゲップ国王がどこへ逃げたか分かりませんし、夜はまだまだ明けません。それに新手の魔物が来るかもしれませんよ」

 カイザ王子は剣をさやに収め、ぐったりしている広院を両腕で抱き上げた。いまいましそうにつぶやく。

天守閣てんしゅかくに乗り込む。多分国王が安全を感じるのはその場所以外にない。首飾りさえ手に入れればいいのなら……」

 絞り出すように怒声をもらした。

「ゲップだろうが警備隊兵士だろうが、皆殺しにしてでも手に入れるまでだ」

 俺を背中にしがみつかせたまま、カイザ王子は疾走しっそうを開始した。屋根から屋根へ飛び移り、一路いちろ坂の頂上にある建物を目指す。

 その最中に声をかけてきた。

「ヒロ、君の人外の技は見せてもらった。更なる活躍を期待しているよ」

「隠していてすみません。魔物扱いされるのが怖かったもので……」

 王子は軽く笑った。

「君のような娘を魔物扱いするなんて、考えたこともないよ」

 天守閣は兵士たちで守られていた。勇者カイザはその目の前に降り立つ。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く