ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

036迎賓館

不謹慎ふきんしんな……」

 カイザ王子は軽い怒りを舌にのせた。俺も同意見だ。魔物を操り人間を滅ぼさんとする魔王に対し、勇者エイユは討伐の旅に出た。そのエイユを謀略でもって殺害し、死体を捨てて逃げ去った3人の同行者。

 その彼らを、英雄として祭り上げるとはどういう神経か。

 クッタは俺たちの様子にくつくつと笑った。

「戦士ツーヨも、武闘家ナグルも、僧侶ソリアも、勇者の殺害という大罪を犯しました。しかしその後はこの街で平和に暮らし、特に兵士の育成において功績が大きかったのです。それをただ不謹慎とは、少しむごい言いようですぞ」

 カイザ王子はうめいた。

「あの冒険者3人がこのマンプク王国首都で余生よせいを? 国交がないので存じませんでした」

 ゼイタク王国にしてみれば100年目の真実か。ツーヨたちは勇者を殺した褒美ほうびに安楽な生活を与えられたのだろう。と言うより、そのためにやったのか。やはりマンプク王国は魔王と繋がっている……

 俺たちは像の横をすり抜け、天守閣のすぐそばにある迎賓館げいひんかんらしき建物に到着した。内部の移動では前後を兵士に挟まれたので、カイザ王子は俺をすぐ前に歩かせた。いつでも守れるように、とのはからいのようだ。

 館の中に入って、俺は緊張でのど干上ひあがっていた。目の前の兵士がいつ振り向いて、俺たちに襲いかかってくるか知れたものではないからだ。左右にたいまつが取り付けられている広い廊下を歩きながら、俺は全神経を張り詰めていた。

 やがて大きな扉の前についた。衛兵たちが離れ、クッタが進み出てくる。

「しばらくこの部屋でお待ちください。アクジョ嬢誘拐の犯人が首都内に潜伏せんぷくしているかどうか、そもそもそんな事案があったのか、大急ぎで調査してまいりますので」

 ドアが開かれた。これは見事な調度ちょうどの長机に、金がかかっていそうな豪奢ごうしゃな椅子が連なっている。天井は低く、まがまがしい悪魔の絵が描かれていた。

 俺とカイザ王子は並んで着席する。2人以外誰もいなかった。扉が閉まり、しばらく無聊ぶりょうをかこつ。窓もなく、壁の上部にポツンと穴が空いているだけで、閉塞感へいそくかんが漂っていた。

 俺はともかく身近な危険はないと考えて、少し肩の力を抜いた。隣のカイザ王子に話しかける。

「ここに私たちを閉じ込めて、彼らはどうするつもりなんでしょうかね。誰か偉い人――ゲップ国王とか――がやってくるんでしょうか? それとも王子殿下が空腹でまいるのを狙っているのでしょうか?」

 王子は破顔はがんした。

「腹が減ってはいくさはできぬ、という奴かね? そんな奸計かんけいはさすがにないだろうが……。まあ様子を見よう。この伝説の剣と鎧があれば、たとえ魔物が来ようとも負けるということはないからな」

 言葉を区切り、俺を見つめる。ややあって聞いてきた。

「僕がヒロイとキスしていた話……。アクジョから教えられて、僕を軽蔑けいべつしたかね?」

 ここであの話を持ち出すか。俺はつかの間戸惑とまどったが、最終的にはうなずいた。

「アクジョ様と婚約中にしていいことではなかったかと思います」

「だろうね」

 カイザ王子は前を向いてうなだれた。

「でも、自分で自分を止められなかったんだ。アクジョには悪いが、もう僕にはヒロイしか見えない……」

 テーブルに置いた拳を握る。

「彼女を何としてでも救出する。魔王退治はヒロイと共に行なうんだ。それが僕のゆずれない願望だ」

 再び視線を俺の顔に浴びせてきた。

「……にしても、ヒロは本当にヒロイに似ているな。まるで兄妹のようだ」

 まあ実際そうだし。俺は大きなあくびをした。

「よく言われます。……何だか眠くなってきましたね」

 勇者は眉間みけんをつまんで相槌あいづちを打った。

「そうだな。これはどうしたことだろう。別に疲れてはいないのだが……」

 いけない。このまま俺も王子も眠ってしまっては、マンプク王国の人間に伝説の装備を奪われてしまう。後に待つのは確実な死だけだ。

 どうして急に睡魔すいまが……と思って眠たい目を壁に向ける。そこには依然いぜんとして小さな穴が空いていた――

 俺はあわてて鼻と口を片手でおおう。これは眠り薬だ。マンプク王国の兵士が、隣の部屋からあの穴を伝い、この部屋へ気体として眠り薬を流し込んでいるのだ。窓のないこの室内ならすぐに充満する。それをそうとは知らず、俺たちは吸ってしまっていたわけだ。中に兵士を配備せず、俺たちだけにしたのは、まさにその計略のためだ。無味無臭なのが始末が悪い。

 重たい音が響いた。振り返ればカイザ王子が机に突っ伏して眠り込んでいる。子供のようなあどけない寝顔だった。

「寝たな」

 顔の下半分を布で隠したクッタが、見慣れぬ老人――とても貧相な顔で、豪華な衣装に着られている――と共に入室してきた。抜き身の剣を構えた屈強な兵士たちを左右に従えている。

 クッタはまだ眠っていない俺に軽く喫驚きっきょうしたが、大したことではないとばかりにすぐ冷徹な顔に戻った。

「ゲップ様、勇者カイザのとどめはぜひその手で」

「よくやった、クッタ。さあ者ども、カイザの装備を奪えっ!」

 俺はかすみがかった頭を必死に働かせて、この窮地きゅうちを切り抜けるべく大声を出した。

「ふざけんなっ!」

 口から銀色の波が走り、兵士数名を直撃してなぎ倒す。ゲップとクッタが目を丸くした。

『音撃』だ。この場合、それをフル活用して乗り切るしか道はなかった。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く