ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

026誕生

 現実世界における俺の妹、主治広院。この『ブレードパラダイス』ではプレイヤーキャラクターとして貧乏貴族マズーシ家の長女ヒロイという役についている。サブクエスト:カイザ王子との結婚を攻略するのにもってこいのポジションだ。

 彼女は緑色のドレスのすそを持ち上げ、アクジョに挨拶した。

「こちらこそ。立ち話も何ですから、どうぞ邸内へ。お父様、お水をお出しして」

 老人はのんびりと屋敷の裏へ回っていった。アクジョはおもてを上げ、やや気遣わしげに問いかけた。

「あの、昨夜私がつけた傷は、もう治して……?」

「はい、施術院で『治癒の法術』をかけてもらいました。もう傷跡さえありません。お気になさらず」

 ヒロイには王子とのキス、アクジョにはヒロイへの傷害という後ろめたさがある。どっちが重いかといえば、後者であろう。やはり人を傷つけてはいけない。一歩間違えば広院を殺していたかもしれないのだ……



 客間で兵士に見守られながら、ヒロイはまずブドウ酒をすすめた。アクジョは儀礼的に口付けるにとどめる。

 それを見守ってから、ヒロイは宣言した。

「あたし、カイザ王子殿下と婚約する予定ですわ」

 空気が余裕のないガラス細工のように凝固した。アクジョがその中で必死に口を動かす。かすれた音が出た。

「それは王子様がお決めになられたのですか?」

「いいえ」

 アクジョの救われたような吐息がもれる。しかしヒロイはたたみかけた。

「今夜、王家の方々と食事会がございますの。王子殿下はその場で正式に表明なさると思います」

「なぜ断言できるのです?」

 ヒロイは嫌味ったらしく自分の唇をなでた。昨晩のキスをアクジョに思い出させようというのだ。

「アクジョ様ならお分かりでしょう? それに王子殿下はすでに婚約指輪を外していらっしゃる。あなたとの婚約破棄は間違いない、そうですよね?」

 アクジョは悔しげにうなずく。

「はい。でも、でもカイザ王子様はまだ……!」

「くどい」

 広院は豹変ひょうへんした。口調がぞんざいになる。

「あんたは負け犬よ。殿下はもともと金蔓かねづるとしてのあんたに興味を持っていたんだから。それがあの狂態。あたしまで殺しかけてね。それで殿下が心をまた寄せてくれると、ホントに信じてるの? だったらお笑いぐさだわ」

 アクジョも憲兵も、広院の粗暴な態度にあっけにとられている。俺は奴の兄としてただ1人、パリピの地が出たな、と肩をすくめた。

 広院はテーブルに両ひじをつき、組み合わせた指にあごをのせた。ニヤリと笑う。

「大体あんた、カイザ王子殿下とキスしたことあるの? あたしと彼がしたような、熱烈なキスを」

 アクジョは歯ぎしりし、酒の入ったさかずきを掴んで振りかぶった。広院に投げつけようとしたのだろう。だがその手は宙で止まり、ワナワナと震えた。

「ぐっ……!」

 中身がこぼれてアクジョの服や床を汚す。広院は官憲に腕を押さえられる彼女を冷笑した。

「そうやって怒り狂うと見境なくなるところが、王子殿下に嫌われたんじゃないの?」

「あなたって人は……!」

「ヒロ、突っ立ってないであんたのあるじをなだめたら? また傷害を加えてこようとしてるのよ、その狂人は」

 俺は妹の皮肉に対して首を振った。

「お前はしたい放題だな。そのうち痛い目にあうぞ」

「まさか」

 広院は夢見る乙女のような目つきになる。

「貧弱な自分の地位を跳ね返し、一国の王子と添い遂げる。何てすごいんだろう! アクジョさん、あんたの役目は終わったの。もう舞台から退場してね」

 アクジョは悔しさのあまり涙を流し、杯を取り上げられると両手に顔をうずめた。しばらく彼女のしのび泣きが室内を支配した。

 と、そのときだった。

「ケイゴ様!」

 新たな兵士が屋敷の中にまろび入ってきた。その額は汗びっしょりで、どこかから走ってきたものと見える。

 さめざめと泣き続けるアクジョを横に、ケイゴと呼ばれた憲兵が答えた。

「何だ、あわてて」

「たっ、大変です! 王子が……カイザ王子殿下が……」

 唾を飲み込んだ。

「冒険者ギルドで勇者の試験を受けています! 合格すれば恐らく魔王討伐行に出陣するものだと思われます!」

 俺にとっては朗報ろうほう、広院とアクジョにとっては凶報だった。



 俺たちが冒険者ギルドに駆けつけてみると、ちょうど試験が終わったところらしい。建物裏の闘技場のような敷地で、大勢の見物客が拍手喝采はくしゅかっさいを王子に浴びせていた。

 カイザ王子は片手をあげてそれに応える。試験官が叫んだ。

「殿下こそは100年ぶりの『勇者』と認定されました!」

 俺は興奮していた。昨夜のドラゴンによる大量殺戮さつりくを目の当たりにして、彼は決心したのだ。ゼイタク王国にとどまって権力にしがみつくより、勇者として魔王を倒そう、と。

 やった。これでやっと、女神シンセが要求していた魔神――魔王打倒の旅に出られる。俺は歓喜を分かち合おうと、広院やアクジョに首をめぐらした。

 だが――

「何考えてんの、カイザ王子殿下!」

「無茶よ、魔王を殺しに行くなんて!」

 2人はそれぞれ、王子の判断にいなを下している。愛する男の重大な決意が、彼女らの心には響かなかったらしい。

 特に広院は悲惨だ。王子と甘い時間を過ごして結婚にいたる予定だったのが、急にご破算となったのだから。彼女は大いにうろたえ、何とアクジョと抱き合った。一気に境遇を同じくして、呉越同舟ごえつどうしゅう相成あいなったらしい。

 カイザ王子がこちらに気づき、近寄ってきた。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く