ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

022婚約破棄

 ややあってウーザイが大きなため息をつく。怒りに満ちていた。

「王子の野郎、アクジョというものがありながら、別の少女とキスだと? ふざけやがって」

 俺は一部同調した。今回の件では、一歩間違えればアクジョが広院を刺殺していたかもしれないのだ。さすがに実の妹を殺されかけたとなると、全面的にアクジョを支持するわけにいかなかった。

 そこで扉が開いた。カイザ王子がキャンドルを手に、深刻な表情で入室してくる。後ろ手に縛られているアクジョは、婚約者の登場に元気を取り戻した。

「カイザ王子様!」

 このに及んでも、まだ彼女は王子を信じていた。自分の罪が許されると思い込んでいた。すがるように椅子から立ち上がろうとするところを、しかし挙手で制せられる。

「座ったままでいい、アクジョ」

 凍土に吹き付ける雪風のように、その口調は冷たかった。まるでお前は赤の他人だと言わんばかりに。

 アクジョは笑顔を強張こわばらせ、また腰を下ろす。

「カイザ王子様、怒ってらっしゃるの?」

「当然だろう」

 俺は内心反発した。アクジョの話が本当なら、王子にはいきどおる資格がない。

 と、ここで王子は俺とウーザイに顔を向けた。

「扉を守っている衛士に聞いたよ。君たち、アクジョから何か言われたかな?」

 ウーザイが巨躯きょくを起こす。たちまち影が天井に広がった。

「ああ。あんたがヒロイとキスしてたってことをな」

 王子は渋面じゅうめんを作りつつ認める。

「そのことは他言無用だ。そうすれば今夜の無断侵入は許そう」

「何……」

「アクジョ」

 拘束されている婚約者に、再び冷徹れいてつな目線を投じる。

「衆人環視のホールでヒロイを襲ったのはまずかった。もうごまかしは効かない。たとえ莫大な金のあるフゴー家財閥といえど、一国の王子が狂人と結婚するわけにはいかない……」

 俺はアクジョの顔から血の気が引いていくのを見た。王子が自分の婚約指輪を抜き取って机に置くと、彼女の顔貌がんぼう白蠟はくろうそのものとなる。

「え、待って、カイザ王子様。それって、どういう……」

「分からないかい? 君との婚約を破棄させてもらう。そういうことだ。さよなら、アクジョ」

 俺は王子がきびすを返して立ち去ろうとするのを、あわてて止めた。

「待ってください、王子!」

「何かね、ヒロ」

 どんな要求も断ろうとするかたくなな態度が透けて見えた。アクジョとの縁談はもはや終わったのだ。それを本人より早く受け入れた俺は、自分の都合を優先した。

「冒険者ギルドで勇者の試験を受けてくださいませんか?」

 これにはカイザ王子も面食らったらしい。

「何だ、やぶから棒に」

「きっと王子なら勇者になれるはずです! お……私は今日、それを具申ぐしんしに来たんです! どうか、どうか!」

 カイザ王子は無下むげに断った。

「僕はこのゼイタク王国を継ぐ者だ。勇者になれるとしても、なろうとは思わないよ。……失礼する」

 そうして彼は扉を通過しながら、警備中の兵士に耳打ちした。兵士はうなずき、入れ替わりに数名が部屋に入ってくる。

「アクジョ様、ご帰宅の馬車をご用意しました。今乗せてさしあげます。……お前ら、お連れしろ」

「はっ」

 椅子に座ったまま王子の残影を凝視していたアクジョが、このときブチ切れた。

「うあぁっ! あーっ!」

 金色のツインテールを振り乱し、錯乱さくらんしたように暴れ回る。あまりのショックで何も見えず、聞こえず、ただただ椅子の上でもがいているようだ。兵士たちは押さえつけるのに苦労していた。

 一方、ウーザイはカイザ王子を殴りに追いかける、などといったことはしなかった。破談大歓迎、といった様子で、机の上に置き去りにされた指輪をこっそりと懐中におさめる。そして暴れるアクジョの頭を背後からなで始めた。

 俺は勇者になる可能性があった人材をあきらめざるを得ず、ここまで来たかいがないというものだった。ただアクジョの狂態を前に、そんな落胆をしている暇はない。

「アクジョ、落ち着け! 衝撃なのは分かるが……」

 守衛たちは無理矢理アクジョを引きずっていく。彼女は「あー」だの「うー」だのわめきながら、焦点の定まらない瞳をあらぬ方向へ向けていた。

 いつか広院が勝利すると分かっていた、サブクエスト・カイザ王子との結婚。だがその輝かしい栄光の裏で、悪役令嬢アクジョはみじめで情けなかった。

 俺とウーザイはアクジョの狂乱を必死でなだめつつ、兵士たちと共に宮殿出口へと向かう。今宵こよいはここまでか……

 と思っていたら。

「何だ?」

 何か黒く巨大な生物が、稲光に照らされて夜空に浮かび上がった。とてつもなく大きい。それはこちらへとみるみる近づき、かっと口を開けた。

 俺は叫んだ。

「ドラゴンだ!」

 竜。龍とも書く。ツノを生やした巨躯きょくの蛇で、背中にはコウモリの羽を生やし、四つ足で鋭い爪を有している。剣山のような牙と共に、触れたものを八つ裂きにすること請け合いだった。俺の現実世界におけるテレビゲームではメジャーな魔物だ。

 その喉奥から光がまたたいた。と思う間もなく真っ赤な炎がほとばしり出て、宮殿の屋根に叩きつけられる。ドラゴンは火災を植え付けるといったん上昇した。

「ま、魔物だ!」

「なんてでかさだ!」

「ひええっ、死にたくないっ!」

 兵士たちは燃え盛る屋根の下、散り散りに逃げていく。アクジョはまだ絶望のふちにいるらしく、ウーザイの腕の中で現実逃避していた。

「何の騒ぎだ!」

 カイザ王子が部下を引き連れて玄関に現れた。今度はステンドグラスが竜の爪で叩き割られ、中の人々に存在を知らしめる。

 パニックが起こった。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く