ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

019侵入

 巨漢の心が揺らいだのを俺は見逃さなかった。もう一押しだ。

「ひょっとしたらカイザ王子は、すでにアクジョとキスぐらいしてるかもしれない。何ならもっとすごいことまで……」

「もっとすごいことまで……?」

 ウーザイは呆然自失ぼうぜんじしつのていだった。しかしその顔は、次第にこみ上げる怒りに汚染されていく。

「……許さねえ。たとえこの国の王子と言えど、アクジョに対してそんなまねは許さねえ!」

 彼は相貌そうぼうを真っ赤にして地団駄じだんだを踏んだ。相当頭にきているようだ。俺は最後のまきを目の前の炎にくべた。

「ウーザイ、取り戻すんだ! アクジョを、王子から!」

「おうよ!」

 威勢良く応えた単細胞は、早速反転して門の方へと走り出す。俺も後に続いた。ともかくこれで宮殿に行ける。後のことはあんまり考えていないが、どうにかなるだろう……



 馬車の中におさまった俺とウーザイは、宮殿へ向かってひた走っている――はずだった。何しろ乗り込むと同時に降り出した強い雨により、俺たちはあわてて窓を閉めなければならなかったのだ。外の様子は全く分からず、ただ雨やひづめや車輪が立てる物音、それから強い揺れとで、どうにか疾走しっそうしていることが実感できただけだった。

「アクジョ……待ってろよ。このウーザイ様がカイザ王子から助けてやるからな」

 ものすごいストーカー的な意気込みだ。俺は窮屈きゅうくつな車内で身をちぢこまらせた。肩でもすくめたい気分だ。

 揺れがなくなり、雨音だけとなる。前方の小窓を開け、御者ぎょしゃが顔だけ出した。

「着きましたぜ、旦那がた。宮殿へ続く門の前です」

 俺は先に降り、叩きつけてくるような風と雨をもろに浴びた。たちまちずぶ濡れになる。支払いを終えて続いたウーザイが、ひどい天候に顔をしかめた。

 3メートルほどもある巨大な格子こうしの門には、この嵐にもかかわらず守衛4名がついている。お勤めご苦労様。

 ウーザイが騒音に負けじと彼らに怒鳴った。

「俺はフゴー家令嬢アクジョの三軒隣の貴族、ウーザイだ。舞踏会に出席したい。ここを通してくれ!」

 遠くから雷の空気を裂くような轟音が鳴り響いてくる。いかづちまで落ちてきたか。守衛が応じた。

「招待状はございますか? ないのであれば、どなたといえどもお通し出来ません」

「ない」

「ではお引き取りを」

 そっけない返事にデカブツがいきり立つ。しかし筋が通らないのはこっちの方だ。まさか宮殿の守衛をどついて気絶させるわけにもいくまい。

 俺は門の左右につらなるへいを見た。石造りの強固なそれは、高さ2メートル半の上にやりのような格子がギラリと天をついている。これを乗り越えられれば、門にこだわる必要はない。

「ちょっと散歩だ、ウーザイ」

 俺は大男の服をつまんで引っ張り、塀ぞいに歩き出した。相変わらず激しい風雨で、稲妻いなずまの音も加わってやたらとうるさい。

「お、おい、どこに行くんだお嬢ちゃん」

 俺は門からだいぶ離れたと見るや、ウーザイを離して壁に向かった。果たして俺の思惑通りに出来るだろうか? だが、ここまで来て試さないわけにもいかない。

『音撃』で塀を砕き、そこから庭園内に侵入する。それが馬車内で俺の考えた突破法だった。ウーザイを失神させたのとはわけが違う威力を、果たして出せるかどうか。

 俺は深呼吸すると、腹に力を込めて叫んだ。

「砕けろ!」

 俺の渾身こんしん一吠ひとほえは、すさまじい銀の波となって囲壁いへきに炸裂した。前代未聞の爆風に、目の前の遮蔽物しゃへいぶつが木っ端微塵に吹き飛ばされる。

 成功だ。ポッカリ開いた穴の向こうに、宮殿の姿が遠く現れた。嵐のおかげで、俺の声も爆音も、さっきの衛兵たちには半ば聞こえなかったはずだ。とはいえここでゆっくりなどしてられない。

 俺はほうけた顔でボサッと突っ立っているウーザイを再び引っ張った。

「行くぞ、ウーザイ。宮殿まであと少しだ」

 でかい図体ずうたいの男はびしょ濡れの顔をぬぐう。それで気を取り直したか、俺の後に続いて走り出した。

「なあお嬢ちゃん、お前はいったい何者なんだ? 何だ、さっきの技は。ひょっとして魔物なのか?」

「今はどうでもいいだろ、そんなこと」

 連続する稲光いなびかりのおかげで、真っ暗闇の中でも見当をつけて駆けることが出来る。俺たちはたちまち宮殿に到達し、その大口のような玄関へ水浸しで登場した。ここにも兵士が見張り番をしている。

「ここは由緒ゆいしょ正しき陛下の宮殿です。現在は舞踏会がもよおされています。すみませんが、招待状を見せていただけますか」

 やっぱり身元を確認された。俺とウーザイはもちろんまごついて、どうやって切り抜けるか思案する。

 その時だった。

 会場内から耳をつんざく悲鳴が上がる。どこかで聞いた声だ。その後、建物の中が人のわめき声で騒然となった。明らかに何か起こった、としか考えられない。

 兵士たちが確認のためドアを開ける。それと同時に奥から別の守衛が走ってきた。

「大変だ。事件が起こった。ちょっとお前らも手を貸してくれ」

「は、はいっ!」

 衛士たちが宮殿の中に駆け去っていく。俺とウーザイは取り残された。

 俺はこの好機を逃さない。

「俺たちも行ってみよう、ウーザイ!」

「よ、よし!」

 この宮殿には以前にも入ったことがある。俺は道順を覚えていて、すぐさまホールに到着した。

 そして、信じられない光景に息を飲んだ。

 広院が肩を裂かれたらしく、出血してへたり込んでいる。その隣で兵士たちに取り押さえられているのは――

 真っ赤に染まった短剣をにぎる、アクジョその人だった。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く