ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

018カレジア

 でも、女神シンセは確かに『カレ……』と言いかけていた。『カイザ王子』の『カイ』とは明らかに発音が違う。なぜなんだろう?

 もしかして。俺はアクジョに尋ねた。

「なあ、カイザ王子って、『カイザ』が本名なのか?」

 アクジョは金髪のツインテールを解放しながら答えた。

「正確にはカイザ・レギオン・ジャン・アルベルト様よ。将来の旦那だんな様だもの、それぐらい知ってるわ」

 頭文字をそろえると『カレジア』になるな。俺は女神が言いかけたのはこの名前かもしれない、と考えた。ますますカイザ王子は勇者候補だ。それも特等の。

「アクジョ、頼みごとがあるんだけど……」

 俺は両手を合わせて彼女をおがんだ。

「カイザ王子と話がしたいんだ。冒険者ギルドで勇者の試験を受けてくれないか、ってな」

 反応は強烈な怒声だった。

「何バカなこと言ってるの! ゼイタク王国の未来の国王陛下が、何でそんなことしなきゃならないのよ!」

 俺は激憤げきふんするアクジョを前に、ひるまず説得にかかった。

「でも勇者エイユの謀殺から100年、魔王は放ったらかしでどんどんその勢力を拡大してるんだろ? 誰かが悪の根源を倒しに行かなきゃいけないじゃないか。カイザ王子は誰より勇者に適任だと思うけどな」

 アクジョはズカズカ近づいてくると、俺の額を人差し指でつついた。真剣にムカついているようだ。

「魔王なんかよりこのゼイタク王国の平和こそが大事だわ。カイザ王子様が勇者として認められてもそうならなくても、彼を危険な旅におもむかせるなんて、私が許さない。だいたいあなたは私のおもちゃ……」

 その時、突然屋敷が揺れ出した。地震だ! 俺とアクジョはメイドたち3人と共に、あわててテーブルの下に隠れた。

 この前と同等の振動で、やや長引いた。15秒ほどして元通りにおさまる。俺はやれやれと、天井からのほこりで汚れた室内にぬけ出した。

 アクジョも机を後にする。不安そうに周囲を見渡した。

「何なのよ、もう……。10日ぐらい前からこれで4回目よ。今まで地震なんて、年に2回もあればいい方だったのに」

 俺はそのセリフに思い当たるふしがあった。魔神ワルイが俺のゲームソフト『ブレードパラダイス』に隠れたからじゃないのか。奴が取りついたのが10日前だったということじゃないのか。

 やはり魔神ワルイは――魔王は、早急に退治しなければならない。このままだと地震と魔物たちでこのゼイタク王国は瓦解がかいする。それも、遠からぬうちに。

「ともかく、カイザ王子様に変な話をしたら、あなたなんか捨てちゃうんだから。……よし、決めた。明日の舞踏会にはあなた、連れていかないから」

 何? また舞踏会が開かれるのか? 俺にとってはカイザ王子と会える貴重なチャンスじゃないか。俺は恥をしのんでその場に正座した。そして土下座の体勢に移行し、おでこを床にこすりつける。

「お願いします、アクジョ様。どうか舞踏会にお供させてください。この通りです」

 彼女は高笑いした。初めて会った時のように、俺の後頭部を踏みつける。俺は屈辱を味わいながら、ここは黙って耐えることにした。

 アクジョは散々俺を愚弄ぐろうしてから、ようやく足をどける。そして言った。

「ダーメ。明日はおもちゃらしく、この屋敷で留守番してなさい。……じゃ、私は寝るから。メシツ、ついてらっしゃい」

 まるっきり土下座損だ。俺は頭を上げて、彼女が扉を開いて寝室に向かうさまをうらめしく見送った。



 ややくもり気味の空が今にも泣き出しそうだ。風が強くて嵐にでもなるんじゃないかと、さっきメイドたちが作業がてら会話していた。

 俺は彼女らと共に雑用をこなしながら、先ほど舞踏会会場――王城隣接の宮殿らしい――に向かったアクジョを思った。今朝が明けてからというもの、俺は彼女に同行させてもらえるようしつこく頼み込んだのだが、最後まで聞き入れてもらえなかった。

「くそっ……」

 何とか宮殿に忍び込めないものか。だがしょせん村人Aという身分に過ぎない俺では、馬車に乗る金さえない。ここのメイドもそこら辺はご主人様アクジョの言いつけを守り、俺に何の協力もしてくれなかった。

 すっかり慣れてしまった女装姿で、俺は打開策をひねり出そうとする。しかしこれといったアイデアは全く浮かんでこなかった。自分に与えられた部屋で刻一刻こくいっこくと時間が過ぎていく……

 その時だった。うざい奴の大声が響いてきたのは。

「アクジョ! 結婚しようぜ!」

 ウーザイがまたまたやって来たのだ。またぞろ性懲しょうこりもなく求愛か、と俺は辟易へきえきしたが……

 待てよ。

 俺は部屋を出ると、屋敷の玄関に走った。メシツたちメイド3名と、やはりウーザイが押し問答している。

「お嬢様は宮殿の舞踏会に出かけております! お引き取りを!」

 俺はすぐ近くまで行くと、息を切らして中腰になった。デカブツがおびえたように凍りつく。

「またお前か。一体お前、アクジョの何なんだ?」

「んなことはどうでもいい」

 俺は直立して三軒隣の貴族に請願せいがんした。

「なあウーザイ、2人でアクジョのいる舞踏会に乗り込まないか? 今すぐに」

 ウーザイはただの脳筋でないところを見せる。

「馬鹿な。招待状もないのに入れるわけないだろ」

「アクジョを!」

 俺は大男の鼻目指して指を突きつけた。叫ぶように言い放つ。

「アクジョを妻にめとるんじゃなかったのか、この臆病者! 招待状が何だ。そんなもの行ってから考えればいい。大事なのはアクジョを自分に振り向かせることだろうが!」

 ウーザイはかつを入れられたようにまばたきした。

「た、確かに……!」

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く