ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

016カレ

 俺は跳ね起きた。発光するその姿は、まぎれもなく『女神』シンセその人だった。空色の長髪に純白のコートが懐かしい。20歳くらいの美人さん。

「シンセ! ホントに出てきた!」

 俺は他人に聞かれぬよう小声で驚きを表す。シンセは何だかぼやけた輪郭りんかくで、今にも消えてしまいそうだ。その口が開閉した。

「ヘルプしろよ、とのことで来ましたが……。ヒロ、勇者探しは――魔王討伐は一向はかどっていないようですね」

 俺はあぐらをかいてすねてみせた。

「これでも懸命にやってるつもりだよ。……てか、神力とやらを使い果たしてて、このゲーム世界には入ってこれないんじゃなかったのかよ」

 シンセはこもって聞き取りづらい声でしゃべる。不安定なラジオみたいだ。

「ええ、入ってこれません。これは神力でゲーム世界に穴をこじ開け、無理矢理イメージと音声を届けているに過ぎません」

 彼女の姿が徐々に暗くなり、消滅寸前の気配をただよわせる。俺はあせって、とにかく必要な情報を得ようと早口でまくし立てた。

「勇者になれそうな奴はいないか? 攻略本には何て書いてあった? 何で広院はこの世界に入って来れた?」

「プレイヤーはこのゲームを主人公として始められます。ですがそこは最新ゲーム、たとえばヒロのように村人Aなどになって、一市民として好き勝手に遊び暮らすこともできます。広院ちゃんは数ある職種の主人公の中でも、『サブクエスト:カイザ王子との結婚』に最適な、貧乏貴族の娘として開始しました。ヒロの部屋に入り、ゲームを起動することで」

 広院の奴、俺の『ブレードパラダイス』を勝手に遊ぼうとしたのか。攻略本も読んだようだな。

 それにしても……

「何で俺は村人Aで、広院はプレイヤーキャラクターなんだ? あつかいが違い過ぎるだろう」

「正直ヒロの時は、ゲーム世界への侵入を魔神に勘づかれる可能性がありました。それゆえ慎重に端役はやくとしたのです。広院ちゃんはハナから世界を救う気がないことと、ヒロの出現から注意をそらすために、あえて神力を大量に使ってプレイヤーキャラクターとしたのです」

 はあ。何でも理屈はあるもんだ。

「私は攻略本を読める環境にありませんが、いきなり白い高原に現れた広院ちゃんに色々教えてもらいました。その中でも重要なのが、主人公以外でプレイ開始した時における、勇者の名前です。それは……」

 俺は前傾姿勢で聴力を酷使した。

「それは?」

 だがシンセの五体は波打ち、光もますますとぼしくなって、眼前から消滅しようとしている。俺は思わず叫んだ。

「それは、何だ! シンセ!」

「カレ……」

 言いかけて、続く言葉は失われた。女神の存在は跡形もなく消失し、部屋は再び俺1人となったのだ。

「おい! ちょっと!」

 俺は取り残された。疲労と倦怠けんたいが重く肩にのしかかる。彼女は勇者候補の名前の先頭が『カレ』であると告げただけで、そのまま神力を使い果たしてしまったらしい。次の交信がいつになるかさえ分からぬまま、俺は再び孤独となった。

『カレ』……か。名前の先頭のようだ。すでに冒険者ギルドに登録した者か、それとも在野の人間か。この街の市民か、それとも別の地方の存在か。これだけじゃさっぱり分からない。

 だが探し出すしかない。勇者と共に、魔神を――この世界における魔王を倒さぬ限り、俺は現実世界へは戻れないのだから。



「ダメダメ、そうあなたの身勝手に付き合ってられないわ」

 翌朝、食事の席でアクジョは俺のお願いを却下きゃっかした。俺はただ、「『カレ』が最初につく名前の人物を探したいんだけど……」と頼んだだけなのに。

「今日はカイザ王子様との会食なんだから! ゼイタク王国シャシ三世様と王妃様――つまり王子様のご両親も一緒なのよ? 私はその準備で忙しいの。あなたはこの屋敷にいなさい、私の拾い物である以上はね」

 取りつく島もなく、アクジョは食欲旺盛しょくよくおうせいに肉を切り分け、口へと運んだ。俺は白パンをかじる。

「めずらしく俺は連れていかないんだな」

 彼女はあきれたように口元を白布でぬぐった。

「あのね、国王陛下の晩餐会ばんさんかいに、あなたみたいなどこの馬の骨とも分からない人間を、ほいほい持ち込むわけないでしょう。それに……」

 突然眼光が鋭さを増し、俺の顔面を串刺しにする。

「あなたを拾ってからよ。あのいまいましい、腹立たしいメス猫が現れたのは。あなた、実は疫病神やくびょうがみなんじゃないの?」

 ひどい言われようだ。しかし心からの本音ではなかったらしく、アクジョの瞳はすぐ冷静さを取り戻した。

「まあ、3ヶ月後のカイザ王子様との結婚さえ迎えれば、もう何も心配することはないんだし。今日はさすがにメス猫も来ないだろうから、ゆっくり楽しまなくちゃ。……ドレスは何がいいかしらね……」



 夕方、アクジョは王城より派遣された警護隊に守られて、いざ愛する男の待つ建物へと向かった。俺は留守番の間、メイドたちと共に雑用をこなす。今日は良く晴れて、地平線の日没が美しかった。

 そんな時だった。あの男が屋敷に現れたのは。

「アクジョ! いるか?」

 悪役令嬢の三軒隣の幼馴染、デカブツのウーザイだ。ブルドッグのようなみにくい顔で、露出した胸筋が張り詰めている。

「いないぞ」

 俺は両腕を組んで仁王におう立ちした。ウーザイは、この前の一件で気絶させられた相手を前に、恐怖の色を浮かべる。

「お、お前、まだいたのか。アクジョは不在か?」

「ああ。また守衛を失神させて来たのか?」

「いや、今回は用件を告げて普通に門を通って来た。贈り物を届けに来ただけなんだ」

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く