ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

015法術師

 施術院は患者の処置がだいぶ終わったこともあり、受診料を支払おうとする人々がカウンターに並ぶさまが目についた。俺も緑の紙片を手に、その列に加わっている。自分の番を待ちながら、院内で働く別の法術師たちの仕事ぶりをながめた。

「神よ、その御技みわざを今ここにあらわしたまえ」

 ブツブツつぶやきながら、それぞれが輝く手の平を骨折者や流血者の患部に当てている。痛みに苦悶くもんしていた市民の顔が、なごやかにゆるんでいった。効き目は抜群のようだ。

「アクジョは法術使えないのか? それでも財閥の令嬢なんだろう?」

 俺が尋ねると、彼女は決まり悪そうに口ごもる。左右の人差し指を突き合わせた。

「ちょっと訓練をサボっただけよ。修行し直せば、きっとすぐ使えるようになるわ」

 俺は妹の広院を想起した。あいつはプレイヤーキャラクターだが、法術については取得しているのだろうか? 舞踏会でカイザ王子と衝突して足をくじいたが、その後別室で王子と語らいながら、医者の治療を受けていた。その時は包帯を巻いて、まだ痛そうにしていたっけ。

 数日後の食事会では「施術院の名医の法術で完治しました」とか話していた。

 自分自身で治せなかった――とすると、あいつは法術スキルがないと思われる。妹を勇者候補に入れていた俺だが、一つ当ては外れたわけだ。

 残念無念に思いながら、俺は周囲を見渡した。重傷を負った者や新たにやってくる患者らに対して、まだ治療は続けられている。感心なことに、回復の対価支払いをまぬがれようとする者はいなかった。

「2000ゼニとなります」

 俺の番が来る。受け付けのやせた老人は、緑の紙を受け取って値段を告げてきた。アクジョはメシツに持たせていた豪華な財布から、数枚の硬貨を取り出し、カウンターに並べる。老人は悪びれず受け取った。

「お大事に」

 俺たちは施術院を後にした。残念ながら、戦士イナーズを超える体格の人間は、法術師の中には1人もいなかった。勇者どころか冒険者にさえ向いていない、そんなやせ気味の人ばかりだったのだ。

 アクジョは自分の服に着いた俺の血痕けっこんを気にしている。

「安い着物で良かったわ。とは言えこれじゃ恥ずかしいわね。すぐ帰りましょう」

 俺が女装を恥ずかしがっているのは無視かよ……。まあいいや。

「悪かったな、アクジョ。今日は色々ありがとうな」

 彼女は理解できないとばかりに目をしばたたく。

「あなたは私の『物』よ。物にありがたがられても不自然だわ」

 ぐっ。この女……。俺は自分の情けない立場を脇に置き、気になっていたことを質問した。

「それはともかく。ヒロイが舞踏会で足首をくじいたことがあっただろ?」

 アクジョの目がギラリと光る。『メス猫』への嫌悪があらわになった。俺はひるまず続けた。

「何であの時、ヒロイは法術師にてもらえなかったんだ? 王子が出席するような格式ある式典で、もしもの時のための法術師がいないって、変じゃないか?」

「ああ、誰かが怪我した時のために、法術師を用意しておくのが当然じゃないか、って言いたいわけね」

 飲み込みが早くて助かる。彼女は簡潔に答えた。

「夜だったからよ」

 俺の困惑に、アクジョが懇切丁寧こんせつていねいに話した。

「法術師があつかう『神の奇跡』は、1日に使用できる時間が決まってるの。具体的には日の出から日没までの間だけ。夜になったら使えなくなるわ」

 ああ、なるほど。舞踏会は夜だった。法術師がいたとしても、神の奇跡はほどこせなかったわけだ。分かれば簡単なことである。

 神、か。この『ブレードパラダイス』の世界において、それは便利な存在だった。ゲーム誌の先行紹介では、日本発の大規模オープンワールドゲームとして、そこかしこで都合よく使われていた気がする。

 無神論者が大勢を占める日本では、ゲームの神は造物主などではなく、ライフの回復やデータセーブなどで登場する万能な役者の1人なのだ。それはこのゲームでも如実にょじつに表れていた。法術師の神の奇跡なんかもろにそれだろう。

 俺は『女神』シンセを思い出した。そういやあいつ、白の平原から俺のことを眺めてるって言ってたな。

 このゲーム世界での神とは違う、本物の神。何とか通信できないものか。俺が買った『ブレードパラダイス』の攻略本の中身を教えてくれれば、結構役立つんだけどな。



 その夜、俺はアクジョ邸の自分の部屋で、今後のことを考えていた。ちなみにさっきまで、井戸からくんできた水で体を洗っていた。服も新しいものに取り替え、若干じゃっかん貧血気味であるものの、俺は常体じょうたいに戻っている。女装のままだったが……

――やっぱり職業『僧侶』の冒険者で、勇者の試験をパス出来そうな体格の持ち主を探すのが得策とくさくか。

 先ほど帰りの馬車内でアクジョから聞いたのは、『冒険者の方が施術院の法術師なんかより全然もうかる』との情報だった。それでも街中で働く医者などは、冒険者を目指さない。理由は簡単、危険をともなうからだ。

 なら覚悟決めてる『僧侶』の冒険者から、見込みありそうな奴をその気にさせて『勇者』の試験を受けさせる。それが一番の近道に思えた。

 俺はふかふかのベッドであお向けに横たわり、額に腕を載せた。傷口は完全に治っている。

「女神シンセ、お前のせいで俺はこんな目にあってるんだ。何とかヘルプしろよ……」

 何となく恨みを込めた独り言を繰り出す。まあ、聞こえてるわけないか。

 その直後のことだ。まばゆい光を放ちながら、シンセがベッドのすぐそばに現れたのは。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く