ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

006ウーザイ

 まるでブルドッグのような獣めいた男、ウーザイ。着ている毛皮はあえて面積が少なくされており、その胸の筋肉の隆起が一望できる。腰から下は茶色のパンツだが、さほど不潔でなさそうなのは、こいつが綺麗好きというより手下がそうであるからだろう。


「アクジョ、知り合いか?」


 彼女は緑のドレスを伸ばして立ち上がった。今日は髪を背中に垂らしていて、黄金があざやかに波打つ。


「私の幼馴染よ。三つ隣の屋敷に住んでるおぼっちゃん。去年あたりから結婚しようぜってしつこいのよね」


 ウーザイはほめられたわけでもないのに喜んだ。どう猛な歯がむき出しになる。


「へへへ、今日も可愛いなあアクジョ。カイザ王子なんか断って、俺と人生を共にしようぜ」


「あんたとなんかヘドが出るわ。だいたい今日も門番を倒してきちゃったわけ?」


「うぇへへ、俺の手にかかりゃひとひねりよ。今頃仲良くおねんねの最中さ」


 その辺でメイド三人が追いついてきた。メシツ、カイ、キャシーの面々だ。


「ウーザイ様、何度も注意差し上げたはずです! みだりにアクジョ様お屋敷へ侵入してはなりませぬ、と! どうしてお聞き入れなさらぬのですか?」


 筋肉ダルマは太い眉を吊り上げた。こめかみに血管が浮いていて、内心の嵐が知れる。


「やかましい! お前らに用はないわ!」


 周囲の者をすくませる大音じょうだった。実際召使いたちは震え上がって声もない。アクジョはうるさそうに耳を押さえて不機嫌ヅラだ。


 音、か。俺はここで自分のチート技を思い出した。まだ生物相手に試したことはないが、いい機会かもしれない。


「おい、デカブツ!」


 そこで初めてウーザイの脳に俺が認識されたらしい。奴はこちらをしげしげと眺めて、アクジョに確認した。


「おいアクジョ、こいつはどこの馬の骨だ? 姉妹にしては似てないしな……」


 俺はまた女扱いされたことに頭にきた。絶対にのしてやる。


「うるさい、俺と勝負しろ! んで、俺が勝ったら二度とこの屋敷に入ってくんな!」


 アクジョが俺を二度見して、馬鹿を言うなとばかりにしかりつけてきた。


「あんたみたいなひ弱が勝てるわけないでしょ、ウーザイに!」


 ウーザイはずかずか入り込んでくると、俺の胸ぐらをつかんで引っ張り上げた。おいおい、何て怪力だよ。


「勝負だと? そんなもんやる前に、今すぐぐっすり眠らせてやる。お前は女だからな、手加減してやるぞ。ありがたく思え」


 こりゃチート技が通じなかったら半殺しにされそうだ。ウーザイが空いている拳を固め、大きく振りかぶった。


 アクジョが金切り声を上げる。


「ちょっと! ウーザイ!」


「じゃあな、可愛子ちゃん!」


 ウーザイの岩のようなゲンコツが、俺の顔に猛烈な勢いで迫る。俺は冷や汗と脂汗を同時にかきながら、どうにでもなれと言葉を発した。


「わっ!」


 何のことはない、ただの声である。だが『女神』の慈悲で包まれたそれは、そのまま消え去ることはなかった。


 空中に銀色の波形が浮かび上がる。それはすさまじい速度でウーザイのみにくい顔面に衝突し、粉々に砕け散った。俺の声が、物質化して命中したのだ。


 これで威力がなかったらどうしよう。そんなことも考えて一瞬目をつぶりかけたが、奴は鼻血をまき散らして大きくのけぞった。


「ぐはぁ……っ!」


 銀のかけらは八方へ舞い散りながら消滅する。俺は脱力して仰向けに倒れたウーザイから、離れて地面に着地した。メイドたちは下敷きにならなかったらしい。


 アクジョが驚嘆に口元をおおったまま動かない。


「何……今の……」


◆◆◆


 液晶画面が発光し、意識が遠ざかる。だがそれはせつなの時間で、俺が気を取り直すと、目の前には真っ白な大地が広がっていた。


「へ……?」


 確か俺、『ブレードパラダイス』を初プレイしようとしてたんだよな。それが何で、こんな空間に……?


「ここは現実世界とゲーム世界の狭間にある広場……」


 とつじょ背後から女の声が聞こえて、俺はびっくりして飛び上がった。振り向けば、空色の長髪に純白のコートを着込んだ、見目うるわしい20歳ぐらいの女が立っている。手に黄金に輝く杖を握りしめていた。


「シュジ・ヒロシゲ。あなたは『ブレードパラダイス』の村人Aに選ばれました」


 は? 何真面目な顔して言っちゃってんの、この美人さん。俺はこの意味不明かつ不可解な状況に、しかし一つの結論を得て安堵あんどした。


「ああ、夢か」


 そうそう、これは夢。なあんだ、分かってみれば簡単なことじゃないか。俺はむしろ微笑んで美人さんに語りかけた。


「あんた、名前は?」


「『女神』シンセです」


 りんとした声音だ。ふうん、女神様、ねえ。こりゃ夢確定だな。


「じゃあシンセさん、何であんたは俺の前に出てきたんだ? 俺はゲームをやろうとしてただけなんだけど」


『女神』は咳払いをしてからまくし立てた。


「『ブレードパラダイス』のゲームソフト、出荷分100万本の中のこの一本に、魔神『ワルイ』が侵入したのです。私たち女神から受けた傷をいやし、再び力をたくわえるその日まで、ゲーム世界にこのまま居座るつもりでしょう」


 シンセは悔しげに顔をゆがませ、杖にぶら下がる付属物を鳴らした。金属音が生じて消える。


「一方、私たち女神も相当に神力を消費してしまいました。この上ゲーム世界に乗り込むことは出来ません。協議の上、私たちはある一つの決断を下しました。ソフトの内在空間に、人間の刺客を送り込んで、魔神を倒させようと。それなら数人は可能です」


 えーと、つまり……


「俺に魔神を倒せ、と?」

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く