ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

001オープンワールドの出会い

 俺はこの春から鍋山高校1年生となった、主治広重しゅじ・ひろしげ。のはずなんだけど……


「どこだ、ここは……」


 眠りから目覚めてみれば、そこは中世ヨーロッパ風の天蓋てんがい付きベッド。ふわっふわの白いシーツを払いのけ、身を起こす。途端に気がついた。


「え? 女装?」


 何と俺は、水色で滑らかな肌心地のワンピースを着せられていたのだ。あわてて身体中をまさぐる。女体化したわけではない。ホッと一息。


「あの『女神』のヤロー、転移先がどこかとは確かに言ってなかったが……。これはいきなり過ぎんだろ」


 そこでかしの扉が開かれた。メイド服姿のおばさんが3人、かしこまって入ってくる。俺が起きていることに気づき、手を組み合わせて喜んだ。


「あらよかった。気がついたんじゃね。キャシー、お嬢様へご報告を」


「承知いたしました」


 キャシーと呼ばれたメイドが、エプロンをひるがえして室外に走り去っていく。他の2人は不満を顔に出している俺に、おどおどと話しかけてきた。


「すまんのう、あの黒い服……ええと、あれ何て言うんかいのう?」


「学ランだよ」


「そう、その学ラン。川に浸かって汚れちゃってたから、今は洗って干してあるのじゃ。だからしばらくはその女の子の服で我慢しておくれ」


 それでこの格好か。保護してもらった手前、文句を言う筋合いもなく、俺はムスッと腕を組む。


 やがて、ため息と共に静かな怒りを吐き出した。


「俺、川の中にいたのか……」


 メイドが手をもみ合わせた。ご機嫌取りに必死そうだ。


「ええ、それをアクジョ様付きのわしが釣り上げて……。最初は死体だと勘違いしましたわい」


 年増たちはたまらぬとばかりに吹き出す。俺がにらむと、両手で口を押さえて声を押し殺した。


「で、あなた、名前は? 教えてくれるかの?」


「ヒロシゲ。ヒロでいいや」


「そう、ヒロさん。わしはメイド長のメシツ、こっちは次長のカイ。よろしく頼みます」


 メシツは50代、カイは40代といったところか。黒と白のコントラストが几帳面なしぐさとあいまって、これは優れた品格を感じさせる。


 俺はベッドから降りてスリッパを履いた。メシツとカイが素早く両脇を支える。いらんっちゅーに。


 まあともかく、俺は初めてこの世界――『ブレードパラダイス』という新作オープンワールドゲーム――の地面に、両足を踏みしめた。


◆◆◆


『ブレードパラダイス』。それはプレステ5で出たばかりのニュータイトルだった。開発会社はリニー。『何でもできる』との触れ込みの、自由度の高さが売りのRPGだ。


 俺はイオンの電器屋でソフトを購入すると、初夏の暑さに汗だくになりながら、チャリをこいで速攻自宅に戻った。妹のパリピ、主治広院しゅじ・ひろいんから軽蔑の眼差しを受けつつ、2階の我が部屋へ帰還する。


 中世ヨーロッパの世界が丸ごとゲームの内部に! しかも『勇者として魔王を倒す』という本筋を外れても、ギャンブルや釣り、登山や暗殺、薬品合成や建築など、オープンワールドゲームならではの多彩な遊びが詰め込まれている!


 俺は早速ソフトをゲーム機にインストール開始し、待ち時間の間に空調の冷房を効かせて汗が引くのを楽しんだ。


「中学3年は受験勉強で死ぬほどきつかったけど、これが待っていたから頑張れたなー……」


 中世ヨーロッパの世界が描かれたパッケージ写真をにやにや眺め、作品と一緒に買った攻略本をパラパラめくる。


 ん? 何々、女性プレイヤー向けに乙女ゲーの要素も入ってんのか……。製作者マジキチじゃね? どこまで作り込んでるんだよ。


 ふうん……。悪役令嬢の婚約者・カイザ王子を奪い去り、見事結婚すれば所帯が持てて優雅な暮らしを楽しめる、か。まあ俺は男だからここら辺は遊ばないだろうな。


 液晶テレビに表示されているメーターが100パーセントになった。インストール終了、ゲームの開始だ。俺は喜びいさんでコントローラーを握った。


 と、その時だった。


 画面から光が溢れて、俺の視界を意識ごと刈り取ったのは……


◆◆◆


「あらあら、起きたそうですわね」


 俺がメシツとカイの二人に男物の服を要求していると、ドアから黒いドレスの女とキャシーが入室してきた。メイドたちはこうべを垂れる。女は――18歳くらいだろうか――尊大に胸を張り、扇子で顔をあおいだ。偉そうにふんぞり返る。


「あなたは私が釣った獲物よ。手当てして命を助けてあげたことを恩に感じて、これからは私の言うことを聞きなさい。いいこと?」


 俺はその女に見覚えがあった。『ブレードパラダイス』の登場人物。見間違えようもないほどそのままだった。あの『女神』の言ったことは本当だったのだ。


「いや、言うことを聞くのはあんたのほうだ、アクジョさんよ」


 お嬢様――アクジョの顔がにわかにくもる。


「あら、あんたたち、私の名前をこいつに教えたの?」


「いいえ……」


「じゃあ何で知ってんのよ!」


 俺は大きく息を吸い、吐いた。大事なことを言う時の、俺の癖だった。


「アクジョ。あんたはカイザ王子と婚約してるな?」


「何でそのことを……!」


「よく聞け。あんたは近い将来、プレイヤーのヒロインに王子を略奪され、捨てられる」

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く