WORLD RACK(ワールドラック)

はうたゆしか

70 光


「っち、分散しやがってぇ!」

「走れ!!」

ミヅキのあとを追うようにブランシェットを駆け抜ける。

「結構巻いたな。シオン、路地から反対に行け」

「うん」

シオンが路地に入ったとき、イェーガの1人の男がタイミング良く来てしまった。

「っち…」

アレンは敵の姿を確認した瞬間から手に電気を帯びさせていた。

「シオン、俺が足止めする。行け」

「っほー、随分余裕そうだね」

イェーガは全員目にナタストーンが埋め込められている。

「俺は簡単に負けるわけにいかないんでね」

アレンはそう言い男に突っ込んでいく。

「俺だって、イェーガの名にかけて負けられねえーよっ」

男は指先から強く眩しい光をだした。

目が、透明に黄色く輝く。

「っ……」

あまりの眩しさにアレンは立ち止まる。

強いひかりを浴びた目の視力はすぐには戻らない。

気配だけで、敵の位置を把握すると必要がある。

相手の光の力のナタストーンは物理的な攻撃能力のある石でもかなり強いものだ。

光の速さについていけるものはない。

「光より強えもんはねぇーよっ?」

男は指先から銃弾のような光線を出す。

アレンは視界ゼロのなか、右目の布の磁力を弱めてはずす。

ぴゅん光の銃弾がアレンの左脇腹を仕留める。

「っ……」

結界を作るスピードより、光の方が速い。

アレンは脇腹を抑えながら、敵を結界で取り巻こうとした。

「無駄無駄ぁっ」

男の体が光、作りかけの結界から姿を消す。

「!!」

分散した光が再び集まり、アレンの後ろに男が現れる。

「もしかして、ムクロをやったのお前か」

「ムクロ?」

アレンが洞窟で結界に閉じ込めたイェーガのメンバーの1人。

「イェーガじゃねぇのに、石を目に埋め込んでやがるやつがいるって情報」

「そうか、ならもっと警戒するべきだな」

アレンは自分を結界で囲っていた。

「もう1人には逃げられたなっ…」

男はそう呟き、アレンを睨む。

「俺の光弾をモロに受けたのか、痛かろぉにっ」

男のもう片方の目が光る。

筋肉強化のナタストーン。

男は拳を握り、結界を殴りつけた。

ビシっ……。

結界にヒビがはいった。


「WORLD RACK(ワールドラック)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く