取り扱い説明書

増田朋美

自殺したい方へ

仕事をしていないので死にたい。私も何かあるたびにそう思ってきました。そして何回も自殺未遂をし、そのたびに泣きました。
でも、日本では、世の中に役に立つ仕事をし、それでえたお金で家族を安心させることが一番美しい、という風潮が支配しています。自分らしい生き方ができる人など、ほんの少数しかいません。
ですから、やっぱり仕事をしていないというのは、非国民的な扱いをされるのは、間違いありません。
ですから、仕事をしていないので死にたい、という訴えは、間違いではないと思います。其れは、こういう論理にのっとれば、それをしていないわけですから、何もしないでご飯だけ食べている悪い人という事になるからです。だから、悪人は死んで当然という考えも間違いではないと思います。
確かに、命は大切だとか、生きていればいいことがあるといってくれる人もいますが、仕事をしていないと、そのいいことを自分の事として認識してはいけないという暗黙の了解が回ってくるので、あまりうれしくはありません。
私は、自殺は否定しません。そうしなければ助からない人はたくさんいます。伝記などを読むと、この人はこうするしかなかったのではないか、と感じる人もたくさん見受けられます。そういう人には、命がどうのと言っても、かえって楽になる邪魔をしている、としか感じられないでしょうし。私も、そういわれたことはたくさんありますが、かえって迷惑に過ぎなかったことはいくらでもありました。
そういう時は、何が必要なのでしょうか。
多分それは、同じ考えの人、共感できる人と会う事だと思います。死にたい、そうだね、私も死にたい。そういう事を言い合って、なんとか今日を生きている、そんな気がします。私は、少なくとも、そう思ったときはそうすることで生きてました。死にたい、でも私だけじゃない。あの人もそう思っている。それだけでも大きな出来事になるのです。おかしな説教よりも、この言葉のほうがずっと心に響くのです。ああ、自分だけではないんだな、と考えることが、生き続けようとする励みになるのです。
きっと、死にたいと考えるのですから、些細なことでそう考えたりしません。きっと大きな出来事があったのだと思います。それがなければ人間はそういう気持ちになったりはしません。そして、そのために、今何を打つ手立てがない。にっちもさっちもいかない。そういう状況に陥っているのでしょう。環境を変えることもできないし、自分を変えることもできないのかもしれない。そして、それを何よりも理解しているから、死にたいという感情が湧き出てくるのです。
私は、死なないでとは言いません。それをしたら、いい迷惑だったことも知っているからです。
でも、そう思うなら、一度でいいですから、同じ気持ちを持っている方を探してみてください。
今は、自己を表現できる場所はいろいろあります。こういう小説投稿サイトでもいいですし、何だってかまわないですから、自分を思いっきり表現して、共感してくれる人を見つけてください。そして、何回も自分が納得するまで、自分の気持ちを表現してください。それをすることで、何とか持ちこたえられた、という事もあるからです。
人間が、運命に出来る事は実はほんのわずかなことです。ほとんどの人が、自分で努力をするという自負は持たないでしょう。変わるときを待っているしかできないことも、あるかもしれない。待っている間は、世間の評価は冷たく、まさしく四面楚歌の状態になるのです。そんなときは、素直にそれを表現してみてください。どんな形でもいいですから。そして、それを共感してくれる人を見つけてください。一人では耐えていられないけれど、二人なら耐えていけたという事例はいくらでもあるのです。そして、一緒に変われるときが来るのを待つ。人生にはそういう一面があってもいいのです。



「取り扱い説明書」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く