ユキの心霊レポート

チビユキ

落下物

新居二日目。

仕事を終えて帰宅すると、私の目に、驚きの光景が飛び込んできた。

居間の天井についているはずの電気のカサが落ちて粉々になっていたのだ。



………??



私は無言で携帯を取り出し、Googleで調べた。

うむ。

本日、地震は起きていない。



うーーーん。。。

ではなぜ落ちたのか…




このシーリングは元々部屋に付いていたもで、引っ越しの際に私が持ち込んだものではない。

触れていないからズレてたとかはあり得ないハズなのだが……



目の前に広がる無残なカサ…



普通怖いとか思うのかもしれないけど、初めてアパート借りたのに二日目で破損という現実の方が怖くて私は今それでころではない、、、



((((((-_-;)))))




ま、まぁ、

騒いだ所で壊れてしまったものは仕方がない(^_^;)

この出来事は、シーリング自体は電気付くからまーいいかとササッと片付けてサラリと忘れてしまいましたが

この出来事が、このアパートでの初めてのポルターガイスト現象であり、この後に続く壮大なフラグとなるのであった。。。



「ユキの心霊レポート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く