ユキの心霊レポート

チビユキ

初夜2

今まで過去にあちこちの心霊スポットに行ったりもしたことのある私でしたが、本気の金縛りに遭うのはこれが初めてだった。

この時になって、やっとヒロからの忠告を思い出し、自分を呪った。


うっかり八兵衛が頭をよぎる…


コイツァ(ノ∀`)ウッカリダァ☆






その時…!


足元に圧力。

感じる…

ナニかが乗っている…

でも怖すぎて見れない!!

見れるわけない!!w

私は足元を見ないようにするため自動的に視線を遠くに伸ばすしかなかった。

その先には弟が居る。



弟~~~~~~(´;ω;`)

た~す~け~てぇ~~~((((つд;*)))))



と、脳内で叫ぶも、テレパシー能力を備えていない弟には届くはずもなく、私の叫びは届かない。

念の修行不足を1人嘆いていると、今度は横になっている私の背後から何かの気配が…。

背後なので見えはしないが、確実に声が聞こえる


…お経…?

悲鳴…?

ハッキリとは聞こえないが、何か入り混じったような声の塊が背後から聞こえて来る。

しかも

コチラの方は段々近付いて来てる!!!!!


(((lll○Д○)))ァワワワワワワ…


超コェェェェ!!!!!



「ユキの心霊レポート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く