話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

皇子様にスルーされたら、ヤンデレ騎士?に愛されました

ブラックベリィ

010★私達が召喚された理由

 突然、異世界に召喚という名前の誘拐をされて、むかついていた私は、その思いを言葉にのせてランドール様にぶつけました。
 いや、あっちの世界で、私を待っている人達なんて、ほんのちびっとしかいませんけどね。
 とりわけ、私を優しくしてくれていた祖父母達は、既に鬼籍に入っちゃってますからね(哀)。

 たぶんこの時、私は、親切なランドール様に甘えていたんだと思います。
 じゃなきゃ、召喚先の異世界の人間を怒らせるような発言をしなかったと思います。

 パニックを起こして泣き喚きたいのを我慢して、2人の美少女の後を付いて歩くという行為に、私はかなり神経を削られていたみたいです。
 6人の皇子様達(仮)とその側近達にガン無視スルーされたのも、私自身が思っていたよりも、大きなストレスになっていたようです………が、この時は気付きませんでした。
 だって、ただただ必死に、自分の現状とこれからを模索していましたから………。

 たぶん、泣きながらランドール様に、質問していたようです………後からわかりましたけどね。
 しかしもうこの時は、精神的にいっぱいいっぱいで、そんなコトにかまっていられませんでしたので、思ったコトを口にしていました。

 その後、優しい?ランドール様に、涙が引っ込むようなことをされましたけど………これって、通常運転なんですか?ランドール様?
 いや、花嫁召喚だからですか?………怖くて聞けません(涙)。
 容姿は二の次なんでしょうか?………こちらも、怖くて確認なんて出来ませんでした(怖)。

 内心で思考の暴走が起こっている私に、ランドール様はとても穏やかで優しい口調のまま言います。
 
 「姫が、不安になるのは当然ですよ

  でも、私達も生き残る為に
  必死なんです

  召喚される姫達の国は
  安定していて平和で

  女子でも教育を受けられる
  高度な社会を維持していることが
  条件のひとつなんです」

 口調は柔らかいのに淡々とした感じで説明するランドール様は、私の目元にソッと口付け、涙を吸い取るというコトを、当然のような仕草でやってくれました(爆)。
 うわぁ~ん………ランドール様ってば、どこの乙女ゲームのスチルだってコトをやってくれましたよぉぉぉぉ~(爆)。

 身内の男(父、祖父、伯父達)以外に…抱き上げられたり触れられたりしたコトの無い私には、衝撃的というか?刺激的?過ぎて、一瞬、フリーズしてしまいました。
 だって親兄弟や親戚でも無い、異世界の騎士様に………と思った瞬間、ボンッ(爆)。

 たぶん、真っ赤になっているのは、頬の熱さでわかります。
 それなのに、ランドール様は、私の頬や瞼や目元や目尻にと、優しく何度も口付けてくれます。
 全力でスルーされた、デブス……げふんげふん…もとい、モブのぽっちゃり子に対して、スキンシップが過剰じゃありませんか?

 ああ、私を萌え殺す気ですか?
 それとも、羞恥心で焼き殺すつもりですか?
 年齢=彼氏いない歴の清らかな私には、辛過ぎて意識が遠のいていきます。

 ただいま現在、私は激しくコンフェ?状態ですよ(困)。
 このままじゃ、あの世まで行きそうだと思ったんですが………。

 私がおとなしくなったのを良いコトに、デブス…じゃなくて、ぽっちゃりロリコン疑惑を持つほど、甘くランドール様は顔中と首筋や耳に口付けてくれます。
 大人の色気?を滲ませて…蕩けるような?表情で……。

 ランドール様は、子供体型?…幼児体型?…に萌えるタイプなのでしょうか?
 あの3分間のキュー○ーちゃんのような………あるかもしれない(疑)。
 いや、あそこまで幼子体型してない………はず、たぶんきっと(泣)。

 ごめんね乙女ゲームのヒロイン達。
 貴女達が何かと真っ赤になって、どもったり失敗する理由が、今ならがっつりと、この体験でわかりましたよ………えぇ~え、どれだけ羞恥心にまみれるか……実体験中ですからね(爆)。

 こんな、生き恥状態の心理なんて、わかりたくなかったんですけどねぇ………マジで、恥ずかしいですよ、本気で(恥)。
 うぅぅぅぅ~…こんな大人の誤魔化しで、ランドール様への追及を緩めたりしないと決心して、私は必死で言葉をつむぎます。 

 「ランドール様、それって
  どういうコトなんですか?

  高度な知識を持つ者が欲しいなら
  もっと年齢が上の女性を召喚した方が
  良いと思うんですけど?」

 必死で質問している私に、ランドール様は相変わらず蕩けるような表情に、大人の物凄い色気をのせて答えてくれました。

 「それはですね、異世界の知識が
  かならずしもこの国の役立つとは
  限らないんですよ

  この世界は、科学を元にした
  文明では無いんです

  貴女達の言葉で表現するならば
  剣と魔法の世界なんですよ

  先程、私は言いましたよね
  花嫁募集中と………」

 その答えで、私はなんとなく召喚された意味を理解しました。
 同時に、疑問にも思います。
 だって、たった3人の女の子が、どの程度、この国の役に立つのかな?って………。







「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く