俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです

イミティ

第9話 気絶


 今回短いです。単純に執筆が遅れているのが理由です……。






 俺が学校へ行くのを明明後日にした理由は、ルナ達の訓練があるから……では無い。
 
 「かくかくしかじかな訳で、もしかしたら倒れるかもしれないんだよね」
 「いや、意味わかんないし」

 そりゃそうだ。かくかくしかじかとしか言ってないし。
 何言ってんのと言う顔をするルナと、困惑するミレディ。

 「俺がずっとしてるこの指輪、あるでしょ? これ、簡単に言うとステータスを制限する指輪なんだけどね」

 俺は、右手に付けている[過負荷の指輪]を見せる。

 「へぇ……恋人でもいるのかと思ったわ」
 「だったら左手薬指に……いや、それは結婚だし、恋人の段階で指輪はなかなか付けないだろ」

 結婚指輪、婚約指輪、なんにせよわざわざ右手につけているのは、誤解されないようにするためなのだが。
 「ふぅん」と興味なさげにしているルナだが、謎が解けてスッキリしたのだろうか、2人共どこかホッとしている感じがした。

 「まぁいいけど。それで?」
 「この指輪付けてると、レベルが上がらないんだよね。だから外そうと思ってるんだ」
 「外したら一気にレベル上がるとか?」
 「そう信じてるけど……もし一気にレベル上がったら、反動とか来そうかなと思って。だから、ルナとミレディには、俺が倒れたりしたらベッドに寝かせて欲しいんだ」
 「は、はぃ、大丈夫、です……」
 「そうですか……まぁいいけどさ」

 2人からしたら、いきなりすぎて話についていけない感じだろう。いや、ルナは理解はできているかな。
 
 まぁ、というわけで、俺が明明後日に指定したのは、『過負荷の指輪』を外したら、一気にレベルの上がる反動で寝込む可能性があるからだ。
 根拠も何も無い予想でしかない。何となく、力が一気につくというのは反動がありそうだ、というものだけだ。

 ようは、筋肉痛の強力バージョンとでも言うべきか。そんなものがあるのではないかと思うと、念には念を入れたくなる。
 もしレベルが上がるようなら、恐らく相当経験値を溜め込んでいるはずで、それはそれは今とは比にならない強さになるだろう。

 ……現時点でも、ステータスを完全解放したことがないため、今の本気がどの程度なのかはわからないが。

 「じゃあ、とりあえず取ってみるかな」
 「はいはい、どうぞ~」

 強烈な激痛が襲ってきたらという恐怖は、無い。門真君達と会う前の少しの期間で、痛みは克服済みだ。
 いや、まぁ痛いものは痛いのだが、それで思考が停止したり、のたうち回ったりなんてことは既に無くなった。少なくとも、物理的な痛みはほぼ問題ないはず。

 スキルの成果ではなく、俺の自己暗示によるものだ。痛みに強いだけで、怪我をすれば動きは肉体的に鈍るし、血が足りなくなれば頭も回らなくなるが、それだけだ。

 痛みと言うより、恐怖を克服したと言ってもいいかもしれない。

 だから、指輪を外すのも、俺は臆することなどない。

 指から指輪を外そうとすると、まるで弾くように電撃が走った。だが、それほど強い抵抗ではなく、俺はそれを無視して指輪を手に取る。
 意思の一つでステータスの制限を緩めることは出来るが、完全に解除するためには指輪を直接外さなければならない。電撃が走った理由はわからないが、外すと決めた以上、指が弾けることになろうがとりあえずは外してみる。

 まるで指に吸着しているように引っ付いている指輪を、俺は力を入れて少しずつずらしていく。
 第二関節から第一関節までどうにかずらした途端、まるで急に摩擦が無くなったように、ポンと指輪が指から外れた。

 「……あの、大丈夫ですか?」
 「うん、特には問題なさそうだけど……」
 「はぁ〜なんかこっちが緊張したわ」

 見守っていたミレディが恐る恐る聞いてきたが、数秒経っても特に体に変化はない。
 結局反動なんてものは無かったようだと、ミレディを安心させるために手を伸ばす────。

 「───あれ?」

 ミレディの頭に向けたはずなのに、何故か見当違いの場所に伸ばされていた手は空を切り、視界がグラリと傾いた。

 突然のことに出た困惑の声。脚の感覚がなくなり、力が抜け、前のめりに倒れる。

 「きゃあっ!?」
 「わっ、ご、ご主人様!? ミレディっ!?」
 
 ミレディの悲鳴と、焦ったようなルナの声が聞こえてくるが、口が上手く動かない。
 魔法で無理やり体を動かそうとするが、魔力の操作が思うようにできず、そのせいか段々と意識が薄れていく。

 俺の体の下で、下敷きになってしまったミレディがバタバタと動く。だが、俺は自力で退くことが出来ない。

 「ご主人様っ!! ねぇってば!!」
 「大丈夫ですかっ!?」

 2人の声が、近くのはずなのに、遠くに聞こえる。大きい声量なのに、小さい。

 ───いやホント、せめて倒れるなら一瞬で意識を失ってくれよ。

 心の中で、俺はせめてもの平静を保つためにそう愚痴ると同時に、視界はブラックアウトした。
 

    




 明日は卒業式で、その後18:30から、打ち上げ的なものがあるのです。
 執筆の時間が取れなさそうなので、大変申し訳ないのですが、明日は投稿をお休み致します。
 この前体調不良で休んだばかりで本当な申し訳ないのですが……すいません、ホントすいません。

 なので、次回投稿は恐らく明後日となります。

「俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • イミティ

    ネコネコ( ΦωΦ )さん
    ありがとうございますっ!

    1
  • ネコネコ(ФωФ)

    頑張ってください!

    4
コメントを書く