俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです

イミティ

第3話 如何に状況を誤解させるか



 「───はぁ、んっ……あぁっ!」
 
 薄暗い室内に、甘く、艶のある声が響いた。
 少女はハッとして口元に手を当てるも、自然と出てしまうその声は、それだけでは抑えることが出来ない。
 
 「ちょ、は、はげしぃっ」
 「ゴメン、辛かったか?」
 「っ、う、ううん、だいじょうぶ、んっ、だから……つづけて、いいよ……」

 俺は心配になって尋ねるが、少女は首を横に振る。迷惑はかけられないと思っているのか、必死に奥から出てくるのを抑えながら、途切れ途切れの答えが返ってくる。
 それでも、身体に走る快感〃〃には抗いがたいのだろう。少女は時折、腰をよじらせたり、首を竦めたり、はたまたビクンと痙攣したりと、何度も身体が反応していた。

 「はぁ、はぁ……んぅっ………ご、ごしゅじん、さまぁ……」
 「もう少しゆっくりにするよ」

 上目遣いに、潤んだ瞳を向けてくる少女───ルナは、なにかを訴えるように声を出す。
 少し荒い呼吸、酸素を求めるように大きく口が開けられ、糸を引いた口内が顔を覗かせる。

 その口から吐かれる湿り気のある吐息は、とてもルナの見た目からは想像出来ない色気を含んでいた。肉体年齢を考えれば、どこか犯罪的な側面があってもおかしくはないだろう。

 快感に身をよじるルナに、俺は少し動きをゆっくりにした。

 だが、既にある程度の快感が走っているため、ルナの呼吸はますます荒くなる一方で、起伏の乏しい胸が何度も動く。

 そして、その時は訪れる。

 「あっ、ダメッ、はぁんっ! ご、ごしゅじんさまぁ、このまま、じゃ、もう、わたし、いっちゃ────」

 来たる快楽に身を任せ、ルナが背中を大きく仰け反らせようとした瞬間だ。

 「はい終了っと」

 俺はスッと額に当てていた手を離し、魔力の供給〃〃〃〃〃を終わりにした。

 押し寄せる波が来なかったために、ルナは呆然として、俺に顔を向ける。
 対する俺は、『ん?』と首を傾げる始末だ。

 ルナは酷く顔を赤くし、キュっと唇を噛み締め、まるで何かに耐えているように見えた。
 
 恥ずかしげに顔を俯かせるルナ。そのお腹に当てられた手をこれみよがしに見て、俺はようやく事態を把握したとばかりに「あぁなるほど」と白々しく頷き。

 「消化不良なら、俺外に出とこうか?」
 「っ、ご、ご主人様のバカっ!」

 飛んできた平手打ちを、俺は身を翻して避ける。
 
 その間、ずっと同じ部屋にいたミレディは、顔を赤くしながらも、ひたすら無言でいた。


 ◆◇◆
 
 

 とまぁ、俺がやっていたのはもちろんいかがわしいことではなく、単なる魔力補給である。
 いや、目的はそれであっても、ルナの方に焦点を当てるなら、襲っていた感覚は"快楽"そのもののため、いかがわしいと言えなくもないが。

 現在もルナの顔は赤いが、それは恥ずかしさからであるはずだ。既に先程の感覚は、俺が不意打ち気味に魔力を流したことで解消〃〃済みなのだから。
 その際あられもない姿をルナが晒していたとしても、俺は全く気にしない。本人がどう思おうが、俺の足を踏もうが、特に気にしない。
 魔法の訓練中に悶々としたままでは、効率が落ちるだけなので、それを解消するのは合理的であろう。

 本当に嫌がっているようなら、俺だってやらないしな。


 現在位置はアールレイン王国王都、そこにある宿屋の一室だ。
 ハルマンさんとは別れており、部屋には俺、ルナ、ミレディの3人。そこで、魔法の訓練を早速してみようということになったのだ。

 とりあえずルナの方からやって見て、結果は上々と言えるだろうか。魔力操作から始め、ある程度の属性の発現(火、水、風)までは、俺の指導もあってつつがなく進んだ。
 とはいえ、『想像共有イメージシェア』なんかは使っていない。つまり、一定の才能は示したということだ。
 これならば、可能性は十分にある。
 まぁ、その結果、ただでさえ少ない魔力を切らして、さっきのようになった訳だが。
 
 やはりレベルアップか、もしくはそれ以外の方法でどうにか最大魔力量を増やすしかない。さもなくば、あと何回魔力補給をやらなければいけないことやら。

 そんなことになれば、ルナが恥ずか死ぬぞ。もしくは悶え死にか? とにかく、俺に対する評価がどんどん下がっていくからな。

 「さて、とりあえず、基礎はどうにかなったみたいだし、あとは日頃の鍛錬かなぁ」
 「もういやぁ、お嫁に行けない………」
 「人聞きの悪い。言っとくけど、単なる対処に過ぎないからね」
 「立場を利用したセクハラよ!」

 そう言われてしまうと、むっと詰まる。だが、別に興奮していた訳では無いのだし、構わないだろう。
 背徳を感じたのはノーカンで。それが興奮に結びつかなければいいのです。
 
 「そもそも、もっと他の方法で出来ないわけ!?」
 「魔力の補充? うーん、そうだね……」

 俺は、少し考えてみる。まぁ、確かに他にあればそれに越したことはないのだが。

 「……試したことは無いけど、有り得るとしたら、体液の摂取とか?」
 「退役の摂取って……っ!? まさか……」
 「まぁ、ディープキスか、ぶっちゃけると"セックス"かな」
 「せっ、せせせせっ!?」
 「~~~っ!?」

 変な空気にしたくなかったから俺はスラスハと答えたが、あいにくルナは女子だ。反応せざるを得まい。

 ミレディが視界の隅でオーバーヒートしているが、初心な反応でなにより。
 これはあの子の特権だよな。見ていてとても可愛い。嗜虐心は、自制できる範囲なのを確認して、真面目顔で続ける。

 「効率はわからないけど、まぁ体液に魔力が含まれてるのは確認済みだし、摂取すれば身体の中で自分の魔力に置換されるんじゃないかな……やったことないからわかんないけどね」
 「そ、そんなの出来るわけないでしょ!! というかやったことあったら異常よ! この変態! スケベ! ロリコン!」
 「おいおい、俺は真面目な───いやロリコンは関係ないだろ!」

 小柄な少女を2人も奴隷にしてるロリコンとか、性犯罪臭しかしないんだが。それに、心当たりが全く無いと言いきれないのも一つだ。つまり、図星だ。
 柄にもなく声を張り上げると、ルナがビックリして、ミレディは肩を大袈裟に震わせた。

 「えっと、そ、そんなに嫌だったの?」
 「……いや、気にしないで。過剰に反応した時点で俺は負けだから」

 珍しく感情を露わにしたからか、ルナはさっきまでの攻撃的な反応を潜めて、訝しげに聞いてきた。
 図星をつかれたから、とは言えないだろう。なにより、俺だって認めたくはない。というより、俺の年齢なら、中学生はまだロリコンに入らないのでは? とむしろ正当化してみたり。

 "シスコン"ならば甘んじて受け入れられるのだが。いやもちろん認めはしないが、残念なことに、シスコンと言われるだけのことをしている自覚はあるのだ。
 まぁ、妹もまたブラコンであるのは、自分で言うのもなんだが疑う余地もないため、そこがまだ救いだろう。気になるのは、どちらが先だったかという事だが……考えたところで関係あるまい。

  
 



 冒頭で誤解させるやつ、やってみたかったんですよね。いや、誤解なのかどうか疑わしいところですが。
 まぁ、上手くできたかは不安なのですがね……

 次回は明日、いつもの時間です。


 

「俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー341378

    すごく誤解しましたよww急に来るから、え?あれ?ってなっちゃいましたw

    1
コメントを書く