俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです

イミティ

第43話 魔法の威力がそろそろ恐ろしくなってきた



 「酷い目にあった……」
 「日頃の行いですよ」


 はぁ、とため息をつくギルドマスターに俺は辛辣な言葉を浴びせる。
 そもそもの話、初対面の印象が悪すぎるのと、当たったら死ぬような魔法を放ってくるのが悪い。
 しかも甘かったとはいえ、俺の魔法に対策してたし。俺のことを信用していたと言えば良い捉え方だが、悪くいえば容赦が無いのだ。
 容赦がない相手には、例え相手が美人であろうとこちらも容赦がなくなるのだ。


 「それで、何の用です? これ以上俺の可愛い後輩達を困惑させないでください」
 「本当に君がそう思っているかはともかくとして、単純に君の訓練とやらに興味があっただけさ」
 「見てたんじゃないんですか?」
 「いやね、見ようとしたけど……幻影で分からなかったよ」


 さり気なく覗きを認めるんじゃない。


 「まぁ別にいいですけど。とは言ってもそんな特別なことはしてないですよ?」
 「いや、君の価値観はこっち・・・とは違うだろうに。そもそも誰にでも教えられるような訓練なのかい?」
 「さぁ、どうでしょうね?」
 「あ、とぼけたね」


 まぁ普通の人にはできないよな。うん。
 普通の戦闘訓練はともかくとして、魔法の訓練を俺と同じようにするのは難しいかもだ。ギルドマスターの魔力操作じゃ難しいだろうな。多分。
 勇者という高い潜在能力、魔力を同調させることができ擬似的に対象者の魔力に干渉することができる魔力操作、そして『想像共有イメージシェア』の魔法が使えなければ、あの効率では不可能だ。


 「あの……結局俺達はどうすれば?」
 「あぁごめんごめん。取り敢えずは個別に指導していくから、順番決めといてくれない? ……ギルドマスターはくれぐれも邪魔しないでくださいね?」
 「1度君の中の私がどうなっているか、よく聞かせてもらう必要があるね」


 残念美人、いや駄美人だびじんだろ。そんな考えははおくびにも出さないが


 「……ねぇ、私と共同訓練とか」
 「却下ですよ。凄い面倒くさそうじゃないですかそんなの」
 「じゃた私は女の子……ヨルナちゃんだったかかな? あの娘を教えるからさ、それでいいよね? 正直暇なんだよ」


 よりにもよって唯一の女の子を取っていくとかなんて都合の悪い……
 しかしながら、夜菜ちゃんは魔法職であり、ここで俺が固執するのもおかしい。ここは素直に認めて、俺はむさくるしい男どもを指導するしかないのか。


 「………まぁ別に構いませんけど」
 「おや、トウヤ君もやはり教えるのは女の子の方がいいのかい? 今の葛藤を私は見逃さなかったよ」


 こんな時だけ洞察力鋭くなるな!
 とはいえ、ここは諦めましょう。俺は男女平等主義者なのだ。別に男相手だって……男相手だって!!


 「いえ、夜菜さんには前に訓練に付き合う約束をしていたので……」
 「それもあるけど、やっぱり教えるなら女の子がいいと」
 「………」


 この人嫌いだわホント。ニヤニヤとした悪い笑みが本当に嫌だ。ブチ切れてやろうかオラ。
 だがしかし、俺は何度も自分に言い聞かせているように大人! そう、ジェントルメンなのだ!
 ここはぐっと我慢してみせよう。


 「本人がいいなら構わないですよ。ギルドマスターなら経験は俺より上でしょうし、俺に教えられないことも、ギルドマスターなら教えられるかも知れません」
 「そうそう。素直に私に……ねぇ、今『経験は』って言った? 言ったよねぇ? それだとそれ以外は君の方が上って意味にならないかい!?」
 「深読みしすぎですよ。単純にそういっただけです」


 間違ってないだけに、無言スルーもできない。
 何でもないふうに告げると、ギルドマスターは『むぅ』と唸ると、それもそうかと思ったのか追求はしてこなかった。


 「トウヤさん、順番は決めましたけど……夜菜は別ですか?」
 「今聞いてた通りね。夜菜さんはギルドマスターに頼むから。悪いけど、訓練に付き合うのはまた今度でいいかな」
 「え? あ、はい! 大丈夫です全然!」


 俺の問いに夜菜ちゃんは慌てて答える。まぁ、相手もこの世界でも有数の魔法使いだ。教えてもらう相手となれば不足はないだろう。


 夜菜ちゃんをギルドマスターの下へ行かせるのは正直不安ではあるが、まぁ悪いようにはしないはずだ。
 今俺がやるべきなのは、こちらである。


 「さぁ俺と戦いやつは前に出てきな。俺が相手をしてあげるよ?」
 「何故に疑問形なんですか……それに、訓練なんですよね?」
 「もちろん、いつも通りの実戦式訓練さ。あと、楽な訓練法思いついたからやっぱり全員でやろうか」


 おかしなようなものを見る目で俺を見てくる門真君に、俺はそういった後、


 「『セイクリッドヒーリング』」


 この辺り一帯に最上級・・・回復魔法をかけ、ニヤッと悪い笑みを浮かべた。






 ◆◇◆






 人間、やろうと思えばなんでもできるものだ。……いや、無理なものは無理かもしれないが。
 例えば、人は空を飛びたいと思ったから飛行機を作り、遠くの人と話したいと思ったから電話を作り、沢山ヤリたいと思ったから媚薬や風俗……最後のは最低な例なので言わないでおこう。


 まぁそんな例が地球ではあったわけで、それはこの世界でも変わらない。一部の人間しか出来ないことも、この世界なら多少は可能性が出るというものだ。
 さて、俺が言いたいのは別にそんなに世紀の大発明をしろとかというのではなく、この世界では、本気でやろうと思えば割と何でもできると言いたいのだ。


 例えばそう、こんなふうに。


 「ほらほらほらぁ!! 避けないと当たるぞぉ!」
 「くっそ何だこの魔法の数!?」
 「どこかの弾幕ゲーを思いっ!? 危なっ!?」
 「こっちの魔法じゃ効かない! 取り敢えず今は避けるしかない!」
 「あわわっ! 剣で防げないこともないけど、これじゃ先に剣が壊れるかも!!」


 まさに必死の形相。普段あまり大袈裟には驚かない京極君や門真君、おおらかな天貝君、そんなもん知らねぇという黒澤君も、全員が一心不乱に回避のみに専念していた。
 各々は持てる力で対抗を試みたが、手も足も出ず。それもそのはずで……


 現在この場所には幾数の魔法という魔法が飛び交っており、その数は発動者の俺にもわからないほど。ざっと数えるだけで50・・は下らない。
 使用している魔法は至って単純な『〇〇ボール』という、各属性の初級の魔法ではあるが、今回は色々とギミックに凝ってみることにした。


 まず俺達の居る場所を六角形で囲み、そこに魔法による結界を施す。まぁ、ここが訓練フィールドである。
 もちろん地面や空も例外ではなく、俺達は現在六角形の立体の中にいる。
 そして、現在使っているボール系統の魔法には、俺が少しアレンジを加え、『同一魔力同士で反発し合う』という構成を加えてみた。
 そうするとどうなるのか……答えは単純だ。結界に当たれば魔法は反発し、当たった場所から90度直角に反射し、魔法同士が触れても反発し、予測不可能な動きをするようになる。


 その結果が、今目の前で4人が逃げ惑うという光景である───というのは些か早計だ。
 そんなものでは、ただ避けるだけなのだ。だからこそ、俺は今回割と真面目に・・・・魔法に魔力を込めた。
 それはもう、門真君達が使用している魔法とは桁違いな強さだ。現に、門真君や京極君が魔法で対抗しようとしたが、それらは俺の魔法の前に尽く破壊されていった。
 特別何かがあった訳ではなく、単純に力負けしたのだ。中級や上級魔法が、たかが初級魔法に。


 だから当たれば怪我はするし、骨折程度は軽く行くかもしれん。流石に死ぬことはないと思うが、軽傷程度では済まないと思う。


 だが、と、俺はまだ区切る。
 ここで勇者をいたずらに傷つけてしまえばアウトだ。それに、一つ喰らっただけなら継続できても、複数一気に喰らえば部位欠損も有り得る。
 そんなことをすれば痛みにトラウマを負う可能性もあるのだ。痛みに慣れることは重要だが、急ぎすぎて逆にトラウマにしてしまうのはいけない。


 だからこそ、俺は訓練前に最上級回復魔法、『セリクリッドヒーリング』をかけたのだ。
 この魔法は、言わば再生リジェネ効果のついた広範囲回復魔法だ。発動者の魔力が尽きるまで、範囲内にいる対象全ての傷を傍から回復しまくる。
 その回復能力は、某ドラゴンのクエストのゲームで例えるならば、常にベホマズンがかかっているようなものだ。オーバーヒールであろう。
 回復速度はミリ秒単位。0.1秒毎に傷が癒え、傷が完治するまでの速度も0.5秒ほど。


 これなら、一撃で殺されない限りは、傷一つ付くことのない、安全な訓練ができるというわけだ。


 「ま、当たったら痛いけどね」


 俺の言葉が聞こえたのか、勇者4人の顔が引き攣る。自分たちの魔法が尽く破壊されたのだ。その威力がどの程度なのかは想像に難くない。
 傷は回復するから、真の意味では安全だ。しかし、当たれば痛いし、傷が回復しても痛みが消えるわけではない。
 だからこそ、有意義な訓練ができるのだ。


 「人間、本気になれば何でもできる。うんうん、これを見てるとそうとしか言えないね」
 「絶対このあとぶっ殺してやるからなぁテメェ!!」
 「後で覚えてて下さいよね!?」
 「んん? 『マルチエレメンタル・ボール』! おっとー、口が滑って魔法を使ってしまったー、いやしまったしまった」
 「絶対許さない!!」
 「無理無理無理無理無理無理!!!」


 黒澤君と京極君の脅迫のような言葉に対しての答えを示すと、門真君がとうとう抑えきれなくなったのかそんなことを言い、天貝君が涙目で回避している。
 大丈夫、この魔法を避けるのに慣れれば、恐らく大体の攻撃に反応できるようになるから。


 とはいえ、上下左右前後、そして斜めも含め全ての方向からくる攻撃を避け続けるのは至難の技だ。


 「いってぇな!!」
 「大丈夫か学!?」


 最初に食らったのは背の高い黒澤君だった。ちなみに魔法は当たった瞬間に跳ね返るようになっているので、依然として数は減らない。
 まぁ減ったら減ったで追加するだけだが。
 あとは気分次第でも増減する。


 「折れたかと思ったがもう治ったっつーの! クソがっ! 本当に性格ワリィやつだな!」
 「俺のことをそう言ってるなら、俺はれっきとした善人のはずだよ」


 善人は自分のことを善人とは呼ばない。そう言われるのを期待してたのだが、誰からも反応はない。
 みんなそんなことに答えている暇はないようだ。


 だが門真君なんかは何だかんだ言って器用に避けるし、京極君は影に隠れるというほぼ反則技も使ったりしているようだ。ただあまり長持ちはしないのか入っても5秒ほどで出てくるが。
 天貝君は剣で魔法の軌道を逸らしたりしているようだが、一撃一撃が重いこの魔法を逸らすのは至難の技で、当たる度に剣が壊れそうなほどの悲鳴を上げる


 「ま、これで多少は戦闘の改善になるかな?」


 ただ回避に慣れるだけの訓練だが、死ぬ気で行った訓練なら体に染み付くだろう。
 所詮素人が思いついた方法でしかないが、デメリットがある訳では無いはず。なら効率云々の話は置いておこう。


 「グッ!!」
 「幹!?」


 ただ、目の前で魔法に当たり弾き飛ばされる門真君を見て、本当にこのやり方で大丈夫なのか不安にはなった。
 ……まぁ、最上級回復魔法の効果が見れたということで満足しよう。うん。



「俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く