俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです

イミティ

第37話 色々と拗れてる





 雫ちゃんとの訓練を終えたのはいいけど、最後が少し問題だよねぇ……


 「トウヤ君、その、宜しくお願いします」
 「うん、よろしく」


 御門ちゃんのはにかむような笑みに対し、表面上は平静を保って、しかし内心では少々緊張気味。
 飛鳥ちゃんが余計なことを言うから、どう接したらいいか分かりにくくなってるんだよ。もうね、どうしろと?
 しかもそれに加えて、現在進行形で飛鳥ちゃんがこちらをチラチラと見てるんだよ。明らかに何か期待してますと言った感じでさ?
 そのせいで余計意識するというか、御門ちゃんの一つ一つの仕草に意味があるように思えてならない。


 (ふぅ、大丈夫だ、落ち着け俺。俺は紳士、アイアムジェントルメン。オーケーだ)


 まぁ、俺は紳士ですから? 大丈夫なはずなんですね。はい。
 だから頼むから動悸よ落ち着け。御門ちゃんが俺のことを好きな可能性はあっても、それが続く可能性は低い。
 なら今やるべき事は、如何にしてこの場をやり過ごすかだけだ。それに専念しろ!


 「さて、何やる? と言っても、やることは限られてるけど……」
 「剣と魔法両方共です。私で最後ですし、どうせなら時間いっぱいまで練習しませんか?」


 下から俺の目を覗き込むようにする御門ちゃんに、少し考える素振りを見せる。


 現在の時刻は、まぁ大体であるが、地球で言う10時台のはず。昼まで残り約2時間は残っている。
 魔法の訓練は雫ちゃんにやったのと似たような感じにするにしても、まぁさっきよりもスムーズにできると仮定して約1時間半。
 これに御門ちゃんの魔法の才能でプラマイされる感じだ。正直、雫ちゃんがたった二時間ちょいであそこまで成長するとは思わなかったのだ。
 スキルで言うと、レベルが2から3は底上げされていると見ていいのだ。流石は勇者というか、驚くべき成長力だ。
 とは言え、今はあれが限界とも見えるが。あれ以上行くには経験とか知識とか技術とか、それら全部が必要だから、一朝一夕に身につけられるものじゃない。
 ……って、俺が言えたことじゃないか。経験に関しては少ないはずだけど、それを技術でカバーしてるのが俺です。
 なんで技術がそんなに高いのかは一向にわからないのだが。


 っと、だから、剣に割く時間は30分程度になるのか……少しアンバランスになりそうだが、ギリ行けると見る。


 「じゃあ、魔法をやって、時間が余ったら剣術の練習をしようか」
 「分かりました。じゃあ早速、何したらいいですか?」


 ワクワク、と言った様子で、少し興奮気味に急かしてくるので、落ち着きなさいという意味を含めた苦笑いを向けてから、俺は御門ちゃんの隣に移動する。
 既に思考は訓練モードだ。邪念は振り払うだけである。


 ……やっぱり少しぐらい残ってるかもしんないけど、男のさがだ。許せ。






 ここからはようやく魔法の訓練。同時発動数も増やしたいが、やはり強い魔法を無詠唱で扱えるようになるのが優先だ。
 前衛だと詠唱破棄程度でも意識が持っていかれれば危険だからな。無詠唱でも結局イメージに意識を持っていかれることに変わりはないが、口を動かす手間が省ける分、多少は変わるし、相手に魔法を悟らせないことに繋がる。


 とはいえ、内容自体はあまり変わらない。雫ちゃんは発動数を増やすことに重点を置いたけど、御門ちゃんの方はイメージを確固にすることに力を入れるとかの変化ぐらいだな。
 ただ、雫ちゃんと違う点を言うなれば、御門ちゃんの反応だろうか。




 それは例えば、魔法のイメージを明確にしようと、『想像共有イメージシェア』の魔法を使おうとした時。


 「じゃあ御門ちゃん、手を貸してくれるかな?」
 「は、はい……」
 「いや、別にそんな緊張しなくていいから」
 「うぅ……その、恥ずかしくて……男の人に触るのなんて、初めてですから……」


 初心な反応を楽しめたりする。てか、そんなに? あの時は腰に跨っても問題なかったのにか? 状況に流された時ってのはそんなに強いのか。
 たしかに触るのは初めてかもしれないが、前のやつはどうカウントされているのか気になる。




 んでまぁ、二回目以降は、緊張と恥ずかしさで手汗をかいたら嫌だからという理由で額を合わせることになったのだが……


 「うぅ……」
 「御門さん、絶対こっちの方が恥ずかしいと思うんだけど」
 「い、言わないでくださいっ。今必死に耐えてるんですからっ!」


 鼻と鼻が触れるような距離。息がかかってこそばゆいし、とにかく顔が近い。そんな状態で御門ちゃんが平常でいられるわけもなく、オーバーヒート状態だった。
 だがしかし、可愛いことに変わりはなく、俺も結構役得感はあった。ここまで初心だと色々イタズラしたくなるが、控えておく。
 さり気なく魔法で温度を下げたのは、そんな理由からだ。




 そして、それは例えば、魔力の操作の感覚を教えるために、体が密着する時。


 「ここの魔力を、少しこっち側に移動するんだけど……って、大丈夫? 凄い乱れてるけど」
 「え? ……あ、すみません!」
 「いや別にいいけど、どうしたの?」
 「いえ、その………あの時・・・の事を思い出してしまって、少し……」
 「そ、そう……」


 後ろから体を魔力を纏った手で触っているだけなのだが、そんなことを言われてしまっては、俺も意識しないというのは無理で……
 何より、本人が嫌そうな顔をしているのではなく、顔を赤くしながらも少し笑顔なのが俺には怖かった。それ以上の追求をしなかったのも、その為だ。
 御門ちゃんが集中するために目を瞑っているのも災いしているのだろう。背徳感にプラスされているのだ。


 腰が無意識に離れてしまうのは、意識しすぎなのだろうか。




 でも、接触はともかく、会話だけなら全然卑猥というかエロい単語を言うのも、割と可能なようで……


 「やっぱりイメージ難しい?」
 「はい、まだ少し漠然としてますから……無詠唱でできる魔法は、まだ初級レベルです」
 「うぅむ、なんかいい方法はないかな……毎回俺のイメージを讓渡するわけにもいかないしね……」
 「……と、トウヤ君、そういえば何ですけど、何かを記憶したい時は、確か、せ、性的な刺激とか、え、エッチな事の方がイイって聞いたことが……」
 「はいはい欲求不満か君は」


 少し間を開けてから、意を決したように口を開いた御門ちゃんは、何ともその可愛らしい口から出てくるとは到底思えない発言を、たどたどしく、か細いながらも言いやがった。
 性的な刺激って、それあれだろ。難しい英語やら科学の周期表やら、そういうの覚える時にエッチ系の単語に置き換えるやつじゃん。
 それとも何か? 性行為(敢えて医学的な言い方)しながらの方がイメージしやすいってか? 絶対的に性行為の印象が強すぎて記憶が吹っ飛ぶイメージしかないからね!


 そんなツッコミを内心で入れていたからこそ、俺は声を大きくすることもなく、普通に聞き流すことが出来た。
 なんで急にそんなにエロい気分になったんだか。学校の放課後とか妙にそういう気分になりやすいけど、それなの? まだ昼間だよ。昼間から盛まくりかよ。開き直ったんですかね?


 これだとこの先御門ちゃんの貞操とかホントに心配だ。初心だから、今までこういう経験もあんまし無かっただろうし、心配することじゃないと思うが。




 兎にも角にも、御門ちゃんと喋っていると、どうにも話の方向性がそっち方面に行きがちというか。
 陽乃ちゃんのように子供のような無邪気さがあるわけでもなく、雫ちゃんや夜菜ちゃんのように気にしない性格でもなく、飛鳥ちゃんのようにお淑やかという訳でもなく。
 活発で、変に知識はあるくせに初心で、更に一度そういうハプニングに遭遇していて、なおかつまともに触れた男が俺が初めてっていうややっこしいことになっているからだろうなぁ。


 その結果、訓練中は気が気でなかった。結局ムフフな展開になったわけでもないのだが、女子との猥談に、こうも感動している俺がいるのを酷く否定したい。
 確かに一種の目標というか、夢ではあったけどもさ!


 それでも全部聞き流せたのは、俺の紳士力故か、耐性故か。
 どちらにせよ、御門ちゃんは今どきの女子高生だなって思うな。そっち方面でね。


 

「俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く