俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです

イミティ

第1章 主役級登場人物 



 夜栄 刀哉ヤサカ トウヤ
 17・男




 本作主人公の、とにかく色々有り得ないキャラ。


 普段は優しくしっかりしているように見えて、どこか抜けているところがあったりする性格。
 自身が傷つくよりも、身内が傷つくことの方が怖く感じ、激しい怒りを覚える。


 容姿は黒髪に焦げ茶色の目。前髪は目にかかる程度の長さで、天然パーマが入っているため、少しクルンとなっている(日によって曲がり具合が異なる)
 後ろ髪も同様、天然パーマのせいで、しっかり整えないと、正面から見えてしまうほどに横に飛び出る。
 目は一重で目付きが鋭いが、普段はにこやかに笑って目尻を下げているため、そんな印象を感じさせない。睨めば怖い。
 身長は178、体重は71キロ。着痩せするタイプで、見た目より筋肉ががっしりとついている。
 腕や脚に毛は生えておらず、髭どころかうぶ毛すらも無い。肌も平均より白く、綺麗なため、そこに関しては男らしさがないと嘆いている。
 総合的ルックスは上位。しかし、本人はそれを『平均程度』と思うことにしている。
 理由は単純、ナルシストと思われたくないから。


 コミュニケーション能力が高く、集団をまとめる能力は拓磨の方が高いが、個人との会話は刀哉の方が上手い。
 歳下には甘く、面倒みがいい。また、歳下の子や女子に対しては口調も穏やかになる。
 若干ロリコン気味。


 美少女である叶恵と幼馴染みで、なにかと一緒になることが多いため、他の男子生徒から怨嗟の視線を向けられたりする。
 同様に美咲とも仲が良いため、それに拍車をかけている。
 樹とは中学以来の付き合いで、唯一無二の親友である。良く一緒に遊ぶことが多い。
 拓磨と仲がいい為、割とクラス内では立ち位置がしっかりとしている。
 2歳年下の妹を2人持っている(双子ではない)。


 学校でのテスト結果は上の中。だいたい10位か9位辺り。得意分野に限り樹と同列1位を飾ることもある。
 頭の回転自体はとても早く、気になったことをトコトン考察しようとする。その結果思考にはまりこむこともしばしば。
 運動神経に加え、肉体のスペックや神経系等の反応が頭ひとつ抜きん出ている。


 剣の扱いが意外に上手く、2日目にしてグレイの所の騎士団の騎士と同等レベルに至る(グレイ談)
 同様に魔力操作のセンスがずば抜けており、さりげなく二種類の魔法を無詠唱で発動させ、いち早く特殊属性を含めた、全10属性を会得している。
 [完全記憶]により見聞きしたものを一切忘れることがないため、図書館で本を読み知識を蓄えることが楽しく感じている。




 デフォルト


 ユニークスキル
 [成長速度上昇]
 [因子適応]
 [完全記憶]
 [鑑定]
 [偽装]


 異能【吸収アブソープション


 「ルリの『……別に』、すごい萌える!」
 「いや、何言ってんだよ…」






 如月 樹キサラギ イツキ
 17・男


 本作副主人公で、BL作品だったら間違いなく受けの人物。


 参謀役で、頭が良いくせにボケ要員。作者の頭脳不足で頭良いキャラが書けないために、悩みの種の一つである。
 せめてもの頭いい要素として、テスト結果は常に学年一位という設定。
 いざと言う時には真面目モードになり、持ち前の頭脳と知恵を活すので、とても頼りになる。通常時との落差が激しい。


 容姿は黒髪黒目で、前髪は眉にかかる程度の長さ。後ろ髪は首ほど。
 目は二重で、穏やかな印象を与える。
 メガネはかけていない。目が悪くないから。
 身長は175程と、刀哉より少し小さい。体重は55と少し軽めで、体力は平均より少し下
 ルックスは良い方で、樹のことを好きな女子も意外と居る。


 意外と人見知りで、知らない人に話しかけるのは得意ではない。とはいえ、出来ない訳でもない。
 特に女子に耐性がなく、話しかけられると言葉に詰まったりすることが多々ある。また、女子と話す時は口調が多少変わる。


 前述した通りテスト時に常に1位に陣取っている秀才で、家では勉強が日課になるほど。高校一年の時点で高校三年分の勉強内容は終えていた。
 しかし、作者は高校三年分の勉強内容を知らないため、矛盾があることも……!


 刀哉にこれ以上ない信頼をおいている。


 近接戦闘より魔法の方が得意。




 デフォルト


 スキル
 [槍術]
 [風魔法]


 ユニークスキル
 [成長速度上昇]
 [風属性強化]




 「背中は任せたぜ、樹!」
 「あぁ行ってこい、刀哉!」


 これを言う機会シチュエーションが来るだろうか。没でもいいので作ってみたいものです。




 神崎 叶恵カンザキ カナエ
 17・女


 副主人公兼ヒロインで、刀哉の幼馴染み。


 腰までかかる長さの髪の毛で、側頭部辺りに、右と左一塊ずつチョコンと髪の毛が飛び出ている。黒髪黒目。
 パッチリとした目に、二重。ふんわりとした印象を与える。
 身長は165。体重は不明。バストは恐らくBとCの中間辺り。


 容姿端麗で、清楚系美少女であるが、天然である。萌え要素である。
 裏表のない性格で、誰にでも明るく接する、学校のマドンナ。


 学力は割と高く、テストは30~20人以内には入る。
 屈託のない笑顔が魅力的で、既に結構な数の男子をノックアウトさせている。
 小学校、中学校の初期はラブレターを貰うことが多かったが、それ以降は一通も貰ったことは無い。
 なお、告白した男子は全員玉砕している。


 刀哉とは昔からずっと一緒におり、過剰なスキンシップがあったりする。
 美咲とは中学の頃に知り合い、以後親友。


 陰で刀哉と付き合っているのではと囁かれているが、実際には付き合っていない。
 しかし、付き合っているかのような行動はするため、あながち間違いでもなかったりする。


 運動神経は皆無で、体力も全くない。魔法の方は意外と得意そう。




 デフォルト


 スキル
 [回復魔法]


 ユニークスキル
 [成長速度上昇]
 [回復力上昇]


 「刀哉君のこと、どう思ってるの?」
 「? 好きだよ?」


 最終的には決まってるけど、今の状態ではどうなんでしょう?




 柳井 美咲ヤナイ ミサキ
 17・女


 ヒロイン兼副主人公を兼ねている、叶恵の親友。


 茶髪に茶色の目で、右側の髪を長めのサイドテールにしている。
 サイドテールにするため、右側と左側で髪の長さが異なっている。
 目は切れ長で、鋭い印象を与える。
 身長は170と女子にしては長身で、体重は秘密。バストはC辺り。


 お姉様と呼ばれるタイプで、叶恵とは違う種類の美少女。
 その容姿から、告白されたことは何度かあるが、全てキッパリと断られている。
 女子から告白されたこともあるらしいが、それらも断られている。


 礼儀正しく、所属していた部活は剣道。運動神経も女子の中では頭一つ抜けており、剣の扱いに長ける。
 学力も上位20位以内に入る程良い。


 叶恵と中学の頃に知り合い、親友になる。その繋がりから刀哉とも仲良くなった。
 叶恵がたくさんのラブレターを貰っており、それに困っていることを知ってからは、見つけ次第書いた主の元に返還している。
 書いた主は刀哉が見つけ出している。


 拓磨とは幼馴染みで仲は良いが、恋愛感情は持っていない。


 近接戦闘が得意となりそう。


 
 デフォルト


 スキル
 [剣術]
 [身体能力強化]


 ユニークスキル
 [成長速度上昇]


 「あれ? 美咲ちゃんちょっと太った?」
 「えぇ!? 嘘でしょ!?」


 そんなに太ってません。そんなには、ね。




 城処 拓磨キドコロ タクマ
 17・男


 副主人公で、刀哉の親友。


 サラサラとした茶髪に黒目。髪の長さは短め。
 目は二重だが、目つきは鋭い。睨めば怖い。
 身長は刀哉とほとんど同じで178程。体重は65。
 総合ルックスは上の上。イケメンで、女子から告白されたことは何度もあるが、こちらも全て断わっている。


 『だが』や『しかし』と言った言動を用い、真面目なキャラだが、樹と共にボケることもある。
 集団をまとめる力が高く、学校では現役生徒会役員であると同時に、次期生徒会長で推されていた。
 クラスでも学級代表を務め、積極的に場をまとめるため、話し合いは意外とすぐに決まることが多い。


 美咲と幼馴染みだが、刀哉のように怨嗟の視線を向けられることが無いのは、人柄故か。
 交友関係は広いが、プライベートでは刀哉達と一緒にいることが多く、何か班を作る時も、刀哉と樹は常に一緒。


 学力はテスト学年2位という結果が常で、樹の次に勉強ができる。
 運動神経も男子の中ではずば抜けており、特定の部活には入っていないが、よく助っ人として呼ばれる。


 武器も魔法もそつなくこなせる、刀哉と似たような所がある。




 デフォルト


 スキル
 [剣術]
 [身体能力強化]
 [光魔法]


 ユニークスキル
 [成長速度上昇]
 [聖剣術]
 [鑑定]


 能力【勇者】


 「くくく、勇者よ、王女を返して欲しくば我が元まで来て見せよ」
 「いや、俺は乗らないぞ? 刀哉」


 刀哉が魔王……そのシチュもありか。




 第1章終了時点の刀哉のステータス


───────────────────


 夜栄刀哉 17 男
 レベル2


【生命力】320
 【魔力】350
 【筋力】145
 【体力】140
 【知力】155
 【敏捷】150
 【器用】150
  【運】300


 スキル


 武器術
 [剣術Lv.3]


 戦闘補助
 [照準Lv.1]


 魔法
 [魔力纏いLv.1][魔力感知Lv.4][魔力操作Lv.5][魔力隠蔽Lv.3]
 [火魔法Lv.2][水魔法Lv.2][風魔法Lv.2]
 [土魔法Lv.2][光魔法Lv.2][闇魔法Lv.2]
 [無魔法Lv.3][回復魔法Lv.2][重力魔法Lv.2]
 [時空魔法Lv.2]


 その他
 [速読Lv.2][気配遮断Lv.1]
 [歩行Lv.1][梱包Lv.1]


 ユニークスキル
 [成長速度上昇Lv.-][因子適応Lv.1][完全記憶Lv.-]
 [鑑定Lv.4][偽装Lv.-]


 異能
 【吸収Lv.-】


────────────────────



「俺の学年が勇者として召喚されたが、俺は早速腹黒王族にマークされたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く