神様のやり直し~転生して鍛え直す~

サバかん

9話

ギルドで登録しよう

「すみません登録ってここでいいですか?」

「あってますよ」

すると

「坊っちゃんここは遊びの場じゃないんだぜ?」

とかよくいるチンピラAがいた。

「ほっといてください!リオはすっごい強いんだから!」

「ほう?そんなにつよいなら俺と勝負しろ。勿論負けたら、その女貰ってくぜ。」

「あの…あの方はCランクなんですが」

受付嬢が止めに入る、


「大丈夫です。負けませんから。」

そして俺たちは場所を闘技場にうつした。

そして審判の受付嬢が宣言する。

「それではこれからイラリオ=モーズレイと冒険者レスターの試合を始めます!ルールは魔法道具マジックアイテムはなし、魔法はありとなります。」

「わかった。」

「こっちもいいぞ」

互いに頷く。

「では、決闘始め!」

瞬間男、もといレスターが突っ込んできた。
おっそ

「先手必勝!おりゃぁぁぁ!」

「甘いな」

俺は半身になってよける。そしてすれ違い様に魔法を撃つ。

電気衝撃スタンショック

この魔法は敵に雷魔法で電撃を与え敵を痺れさせる魔法。だから相手の武器を落とさせ魔力を大量に注ぐことで敵を気絶させた。

そこで審判

「し、勝者!イラリオ=モーズレイ!」

観客も皆ポカンとしてる。当たり前だろうなベテランのおっさんに十歳が勝つんだから。

そしてリナが聞きにきた。

「ねえリオ今のって無詠唱 魔法?」

なにを見てたんだろう。俺は当たり前のように答える。

「みりゃわかるでしょ」

受付まで行って仕切り直し

「それでは改めて登録の手続きをさせていただきます。ランクを決めるために魔力を測定するのでこの水晶に触れてください。」

俺は水晶に触れる。
するとバリン!といって割れた

「測りきれないのかも知れません。じ、じゃあステータスを見せてください。」

俺は一応隠蔽(魔力のところ)を解くすると受付嬢がすごい声をあげた

「ひゃえ?!∞?」

あなたの眼は節穴かと言いたいところを抑える。

「ええそうです」

何かあるのかな。

「こ、こここれは王城に報告します。それとランクは王様に判定してもらいます。謁見の日程が決まったらお知らせします。」

震えてる何故だろう。なんか謁見することになってるし。

「はい。じゃあリナの方もお願いします。」

忘れないうちにリナもね。

「畏まりました」

リナのランクはEだった。

ランクは下から


D
C
B
A
s
ss
sss
となっている
リナは最初の方だ。まあ仕方ない

リナが話しかけてきた

「これでリオも出世だね。」

「うんそうだね」

まあ明日ごろに謁見はあるだろうな。早めに寝るか。

「じゃあ俺はそろそろ帰るよ。家まで送ろう。」

リナは嬉しそうに言う。

「本当に?じゃあお願い!」

「了解!」

そして俺はリナを家に送り、そのあとは転移で帰った。

──────────────────

アルファポリスでも投稿してるのでよければみてください

「神様のやり直し~転生して鍛え直す~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く