神様のやり直し~転生して鍛え直す~

サバかん

八話

俺達はリナの家まで向かっていった。

「ここが私の家だよ!」

そこには…ドラ●もんのすス●夫くんもビックリな大豪邸があった。公爵すげー。

「入って入って」

「さすがに悪いよ」

なんというかなぞのプレッシャーもあるし…

「いいから!お父様やお母様にも紹介したいし!」

「そうかじゃあ遠慮なく」

「ただいま~」

「お邪魔しますー」

俺はこそこそしとく

「お帰りなさいあら?だれ?その子。」

結構美人だな。

「申し遅れました。イラリオ=モーズレイと申します。エベリナの婚約者でもあります。」

「あなたがリナの婚約者だったのね!優しそうでいい人じゃない。上がって!」

「失礼します。」

いい人そうだな。

「お昼御飯食べていくわよね?」

ここは食べとこうかな。

「ではお言葉に甘えて。」

「リオ!今日は私も作るから楽しみにしててね!」

何故かリナが張り切っている。とても楽しみだ

食事中。こんな話が出てきた。

「そういえばリオ」

「ん?何?」

「試験の時に神魔法?とか言ってたけどリオの適性ってなんなの?」

「あれはノリで言っただけで本当はただの雷魔法に大量の魔力注いだだけだよ?」

ここでリナママ登場。

「あら?私は真眼というスキルを持っているわちゃんと答えなさい。」

わーおヤバイ

「……どうしてもですか?」

「婚約者に隠し事してどうするの?」

冷た~い笑顔が怖いよリナさん。

「わかりましたからここで言ったことは誰にも言わないでください。」

「もちろんよ」

「僕の属性は
炎 水 風 土 光 闇 空間 時間 破壊 創造 無 災害
環境 法則、神、聖です。」

「じ、じゃあ加護の方も教えてくださらない?」

震え気味で聞いてきた。

「これも絶っっっっ対言わないでください。」

「加護は
魔法武神の加護Lvkxj64975こまほまらxj5さなjxv,、
創造神の加護Lv10
能力神の加護Lv10
命神の加護Lv10
破壊神の加護Lv10
商業神の加護Lv10
理神の加護Lv10
って言うところです」

「リオって本当に人間なの?」

これは言って良いのだろうか

「秘密です。結婚したら教えてあげましょう王様にも」

「わかった!」

「私にも教えてね」

リナママなら問題ないだろう。

「ええ、きっといつか」


「ちょっと待って神魔法って聖女であるデラよりすごいんじゃない?」

「え?デラって聖女なの?」

ここはビックリ。運命神やってくれるな。

「そうだよ」

おれはいい人に恵まれたな。

「そろそろギルドに行くか!」

「そうしましょう!」

「行ってきます!」

「お邪魔しました!」

「気をつけてねー」

「神様のやり直し~転生して鍛え直す~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く