神様のやり直し~転生して鍛え直す~

サバかん

七話

俺たちは転移したら騒がれた。

やばかったかな?

「父様母様早くいきましょう?」

「そ、そうだな」

「ええ」

数十分後俺らは講堂のような場所で校長の話を聞いていた。

「……君たちには剣術や魔術の才能がある!なのでこれからそれを鍛えていこう以上だ。」

やっと終わったかな?そう思ったときだった。
司会の人が変なこと言った。

「それでは新入生代表挨拶として首席のイラリオ=モーズレイ君、お願いします。」

「は?!」

しまった。取り敢えず時間を止めなきゃ!

時間停止タイムストップ

「破壊魔法神魔法複合魔法記憶破壊メモリーブレイク

「よしじゃあ時間巻き戻しタイムリープ

「イラリオ=モーズレイ君お願いします」

「はい。」

俺は壇上へと上がる。

「今期の入試で首席となり入学させていただきましたイラリオ=モーズレイでございます。僕はこの学園を卒業し大切な人やこの世界を守れたらなと思っています。不束ものですが今後とも新入生一同よろしくお願いいたします。新入生代表イラリオ=モーズレイ。」

俺が礼をするとすごい拍手が飛び交った。

「素晴らしい挨拶ありがとう。これで入学式を終了する。」

このあとクラスごとに移動するのだが俺は、いや俺だけSクラス、デラとリナはAクラスだった。

「SクラスとAクラスは一緒でーす」

そんな声がしてAのところに並んだ。

「では担任が来るまで待っていてください。」

数分後屈強そうな男がやって来た。

「俺はこのクラスの担任のアイヴァンだ。よろしくな。」

適当な返事がちらほら聞こえる。

「では自己紹介からいこう。じゃあ最初に首席であり初のSクラスイラリオから」

最初かよ

「こんにちは。僕はイラリオ=モーズレイといいます。一応辺境伯家の次男です。これからよろしくお願いします。」

「よし次」

という風に自己紹介していった。

「よし。じゃあ今日はこの辺で終わりだ。明日から授業が始まるから忘れ物はするなよ以上解散!」

「リオ!」

リナに何故か話しかけられた。

「何?このあと一緒に冒険者ギルドに行かない?」

ギルド…そういえば十歳からだな。

「いいよー」

「じゃあ決まりね」

「じゃあ帰りにリナの家まで行っていい?」

これ大事

「な、なんで?」

「いや転移魔法つかいたいから」

「そういうことね。?!いま転移魔法って言った?」

「そうだけど?」

当たり前だろ

「伝説上の存在じゃ?」

「…ノーコメントで。取り敢えずリナの家まで行こう。」

「神様のやり直し~転生して鍛え直す~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く