神様のやり直し~転生して鍛え直す~

サバかん

五話

そしてお披露目会の日。そういえば久しぶりに詠唱魔法使おうかな。

「父様、母様準備が整いました。」

「よし。じゃあ頼む。」

「はい。城の前で?」

「ああ」

「我命ずる。我が魔力を糧とし、我らを目的地へと運べ。範囲転移」

そして俺たちは城の前にきた。

──────────────────

中にはいってしばらく待っていると、王様の挨拶があった。

「みなの衆今日はわざわざ遠いところご足労いただき感謝する。この会では、縁談をするもよし。交流をするもよし。自由に楽しんでほしい。では乾杯」

そしてそういえばエベリナ嬢とアデライダ第二王女に挨拶しなきゃな。

そしておれはとりあえずエベリナの方へ行く。

「こんにちはエベリナ嬢。イラリオです。覚えていらっしゃいますか?」

「ええ、もちろんよ。それとリナでいいわ。それと敬語もいいわよ。私は今度から学園に通うんだけどイラリオ君も入るなら入試頑張ろうね!」

「こっちもリオでいいよ。お互い頑張ろうね」

「うん、じゃあまた。」

そして俺は今度は王女に挨拶に行く。
すると、どっかのデブみたいなガキが挨拶していた。

「初めましてアデライダ王女。私はバークス男爵家の長男。アルバール=バークスでございます。今後とも、よろしくお願いいたします。」

「ええよろしく」

そして俺の番になる。

「お久しぶりですアデライダ王女。イラリオです。覚えていらっしゃいますか?」

「もちろん、命の恩人を忘れるわけがないです。私はデラと呼んでください。言葉も普段通りで。それと後で応接間にきてください」

「わかった。よろしくね」

おれはさっきのデブに絡まれた。

「おいそこのお前」

俺はとりあえず無視しとく。

「お前だよ!きいてんのかこら!」

こういうやつは嫌いだ

「なんかようですか?」

「お前、なんで男爵家嫡男の僕より王女様に馴れ馴れしく接しているんだ!」

「それは僕がデラ王女の命の恩人だからです。」

「そんな適当なことを言ってもおれは騙されないぞ!あの王女は俺が…」

最後は何て言ったかわかんないけどまあいいや

「では僕はこれにて」

全く聞いてないな。

そしてパーティーは終わり俺は今なぜかリナも一緒に応接間にきている。

ガチャリ

「もうきていたのかすまぬ。なぜかデラがお主と話したいことがあるとか言っておっての。デラ!入っておいで!」

「失礼します」

「では、私は席をはずさせていただくよ」

応接間は俺とデラとリナだけになった。そこでデラが口を開く。

「あのとき。魔物から助けてもらったときからリオの事は気になっていたんです。少し一緒にいて。それで離れたとき。なんかどうしても頭からリオのことが離れなくて。それでそれでどうすればいいかわからなくてでも、やっと決意できた。リオ!私と結婚してください!」

なぬ?!俺としてはうれしいんだがなそんなにおもってくれたのは

「いいy…」

「私からも言わせて!」

リナが口をはさんできた。

「何?」

「私もずっとリオのことが好きだったの!だから私とも!結婚してください!」

「この国って重婚ありだよね?」

「うん」

「じゃあいいよ。実は僕も二人ともキレイダケド自分には似合わないとか思っていた。けれどそっちから言ってくれたなら俺もうれしい。ありがとう」

そこで国王が入ってきた。

「デラよ。本当にこの男でいいのか?」

「はい。この人なら私は後悔しません。」


「神様のやり直し~転生して鍛え直す~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く