妖怪たちがやってきた

雨音

第1話

    「じゃあ今日からよろしく頼むよ。」

 「は、はい!」

 ここはどこにでもある定時制の高校で名前は会妖(かいよう)高校。今日からここで僕の高校教師生活が始まるんだ。今までこの日のために頑張って来たんだし、初日はしっかりこなしたい。でも僕には一つ疑問があった。

 「あのー校長先生、この授業開始時間、午後九時半て…いくら定時制でも少し遅くないですか?」

 「あーそれね…それ……まぁ行けば分かるよ…」

 「?」

 歯切れの悪い校長の返事に若干の不安を感じたが、その時は深くは聞かずに校長室をあとにした。でも僕は後々後悔することになる。この時ちゃんと聞いとけばよかったなって。




 時は経ち、時間は午後九時半五分前。僕は教室前にいた。

 【よし、行くぞ!】

 心の中で気合を入れると、勢いよくドアを開けた。すると同時に頭に違和感。若干の痛みとともにパラパラと白い粉が落ちてきた。

 「ぺぺっ、な、なんだなんだ?!」

 「アハハハハハ!ひっかかったひっかかった!」

 突然愉快な笑い声が聞こえてきた。すると教室の奥から小さな女の子が走ってやって来た。

 「お前、新しい先生だろ?」

 「そ、そうだけど…それより君、ここは高校だよ。しかもこんな時間に。早くお家に帰りなさい。」

 「なにをー!こう見えても私はかれこれ百年は生きているぞ!人間のお前に子供扱いされとーないわ!」

 「…は?」

 「こらこら花ちゃん、駄目ですよぉ。」

 そう言って近づいて来た女性は緑色の長い髪に青い瞳をしたとてもキレイな人だった。

 「すみません先生。花ちゃん、新しい先生をとても楽しみにしていたもんですから。」

 「わ、私は別に…」

 そう言うあの子の顔は少し赤くなっていた。

 「あのー…ここは定時制の高校、ですよね?」

 「…もしかして何も聞かれていないんですか?」

 「?」

 「…では改めまして、私の名前はかぐや。ようこそ先生。私達の『妖怪学校』へ。」

 こうして僕のちょっと『変わった』教師生活が始まったのだ。
 

「妖怪たちがやってきた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く