異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

逆境

殴打。殴打。殴打。発砲。発砲。
排斥対象イントゥルージョン】という暴力ちからを、より大きな“才華”という威力ちからでもってねじ伏せる。
コウジはナックルダスターを装着した左手で、ヒカリはその両手に持った拳銃でそれぞれ【排斥対象イントゥルージョン】の中枢を打ち砕く。
瞬間、ヒカリの目前まで【排斥対象】が迫る。
即座に引き金を引く。が、弾丸が射出されない。
弾切れだ。まだ弾倉はあるが、リロードするような暇はない。
まずい、やられる。
が、背後からコウジの声が聞こえる。
「城嶺ぇ!上だ!」
頭上を見る。そこには巨大な透明な球体があった。
重力に従い、自由落下の最中のその球体。
ヒカリは一瞬思考が停止した。だが、すぐに理解した。
そして、叫んだ。
「なるほどね……。開華!─────〈自在周波数FREEQUENCY〉!!」
ヒカリのアテスターの花の意匠が強く瞬くと同時、周囲を轟音が満たす。
すると、ヒカリの頭上の球体は地面へ落ちる前に粉砕され、周囲へと飛び散った。
飛び散ったその破片は、【排斥対象】の肉体を抉りながら着地した。
ヒカリに向かっていた【排斥対象】の前腕は呆気なく切断される。
ヒカリはその隙に拳銃のリロードを行った。
すると、コウジが得意げに笑いながらこう言った。
「俺特製のガラス球だ。どういたしまして」
実際にヒカリはコウジのおかげで助かった訳だが、その自慢げな様子に不思議な憤りを覚えたヒカリだった。
先程ヒカリの頭上にあった透明な球体は、二酸化ケイ素の非晶質アモルファス。すなわち私たちが普段目にするガラスだ。
コウジは自身の才華で以って、その巨大なガラス球を生み出し、投擲した。
そして、ヒカリは周囲の音の振動数をガラス球の固有振動数と同期させ、破壊し、あの逆境を乗り越えた。
だが、あの状況を切り抜けたからと言って、ヒカリとコウジが無事に生還できる保証はなかった。
加え、体力的にも限界が近づいていた。
いくら才華を持っていたとしても、肉体が強靭になったり、関節が柔軟になったり、持久力が増したりといった特典はない。
あくまでも付与されるのは能力だけで、それ以外は普通の人間と全く同じなのだ。
ヒカリもコウジも、額に汗を滲ませ、肩で息をしている。
このままでは2人が負けるのも時間の問題だった。
先程ガラス片で前脚を切断した【排斥対象】も、すでに態勢を立て直し、ヒカリに襲いかかろうとしている。
万事休すと思われた、その時だった。
【排斥対象】の中枢から刀の切先が生えたのだ。否、刀が生えたのではない。

──────【排斥対象】は、背後から日本刀で貫かれたのだ。

中枢を貫かれた【排斥対象】は、その場で虚空へ溶け消える。
そして、【排斥対象】の中枢を刀で貫いた人物の顔が見える。
長い黒髪を後頭部で一つに結わえた長身の少女。
つり目がちだが、その眼からは優しさのようなもの感じられる。少女の名は…………。
「…………鵞糜!?」
ヒカリは驚愕しながらその名を口にした。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く