異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

獲得

「………………バイバイ」
ヒカリはそう呟いた。
両目を閉ざし、訪れる苦痛への覚悟を決めた。

が、その脳に痛覚の信号が送られることはなかった。
代わりに、鼓膜を震わす声が聞こえた。
ヒカリが嫌いな、それでいて、どこか期待していた声。
その声は、叫んだ。
「───〈等重変換Equal Dead-Weight〉!!!」
その声に驚き、ヒカリは目を見開いた。
その背中、その声、アイツは…………来た!
「コウジ……?」
「何してんだよ。独断専行しといて情けねえな」
コウジは馬鹿にするように笑いながら、ヒカリへ言う。
「アンタに関係ないでしょ!!!」
ヒカリは叫んだ。
「じゃあ、あのままここで死ぬのか?」
「うるさい……。なんだっていいじゃない…」
泣きそうな声でヒカリは続けた。
「アタシが必要な時なんてない。アタシを求めてる人もいない。アタシに生きる理由なんてないの!!」 
「だから死ぬと?」
「そうよ!!理由もなく生きるなんておかしいわ!!」
ヒカリはコウジへ鋭い視線を向けて、その悲痛な心の内を明かした。
「なら理由があれば良いんだなぁ?」
下卑た笑みを浮かべるコウジ。
「………は?」
「理由があれば良いんだな?だったら、“俺の下僕”になれよ。そしたら、学園は人材を損わないし、俺も手足が貰えて、万々歳じゃねえか」
ヒカリは一瞬、コウジが何を口走っているのか理解が出来なかった。
しかし、コウジはヒカリの理解を待たずに言葉を続けた。
「俺の下僕になれ。それが嫌なら、ココで【排斥対象イントゥルージョン】がお前を殺すのを待つんだな」
その冷酷な眼差しは、言葉に嘘がないことを告げていた。
数秒の沈黙は、2人の中の時を止めた。
だが、それはあくまで肉体的なもので、思考は止まるどころか加速していく。
先に沈黙を殺したのはコウジだった。
「どうだ?なるか、俺の下僕に」
「い、嫌よ…っ!アンタみたいな気色の悪いストーカー野郎の下僕なんて絶対に嫌よ!!!」
ヒカリの叫びが、瓦礫の街に木霊する。
「そうか。なら、そこで死ね」
コウジの口から放たれたその冷たい言葉は、まるで今までヒカリを見捨ててきた人々のようで─────。
「ここで死ぬのは………………もっと嫌よっ!!」
ヒカリは叫ぶ。同時に、ホルスターから拳銃を引き抜き、銃口をコウジへ向け、引き金を引いた。
銃声が鳴り渡り、弾丸が銃口から射出される。
だが、弾丸はコウジの眉間を貫通することはなかった。
代わりに、コウジの頬を掠めた弾丸は、その後方で今にも襲い掛かりそうな【排斥対象イントゥルージョン】の中枢を狂い無く撃ち抜いた。
「もう、誰かに尽くすのは嫌なの!アタシはアタシ自身の命をアタシの為だけに使い切る!したいことをして!思うがままに生き抜く!!」
ヒカリの人生において、両親に虐げられてきた影響は小さくない。
ヒカリは、自身の存在意義を、他人からの暴行でしか見出せなかった。
が、今は違う。
母親が亡き今、これまで彼女を縛っていた「過去」という枷は壊されたのだ。
もう彼女は自身の命を、他者のために費やさない。
その命を、与えられた時間を、自身の得心のいくように行使する。
彼女は今───────初めて自由を手に入れた!
「……決まったみたいだな」
コウジは不敵に笑った。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く