異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

自棄

「俺に………行かせてくれないか……」

コウジは、真剣な眼差しでサナエを見つめながらそう言った。
「コウジくん!?何言ってるんだよ!今回が初陣だろ!?君には危険すぎるよ!」
レンタが驚いた様子で抑止しようとする。
だが、コウジが頼み込んでいるのはあくまでもサナエだ。
彼女が許諾さえすれば、それでいい。
「其れは出来ぬ。これ以上長時間、人手を割く訳にはいかんのだ」
サナエがそう強く言う。しかし、ここで折れては意味がないのだ。コウジは一刻も早く、ヒカリの元へと向かわなければならない。
「そこをなんとか……」
コウジはそう言いながら深々と頭を下げ、心の底からサナエに頼み込んだ。
「……」
「頼む………」
コウジは完全に地面のみを見ていたが、サナエが難しい顔をしていることは容易に想像できた。
それだけ無茶な頼みをしているのだから当然だ。
しかし、サナエの反応はコウジの予想の範囲外だった。
サナエは、ふふっ。と優しく笑ったのだ。
「わかった、認めよう。ただし、城嶺も塚田も無傷で戻ってこい。其れが条件だ」
真剣な、しかし、それでいてどこか優しい口調でそう言うと、サナエはコウジの背を叩いた。
「……っ!ありがとう!!」
サナエから許諾の言葉を受け取り、コウジは全速でヒカリの元へと向かった。

─────────────────

同時、ヒカリは。
銃口を【排斥対象イントゥルージョン】の中枢に向けて、発砲。
背後から【排斥対象イントゥルージョン】が接近、その前脚で攻撃を仕掛けられる。
ヒカリは大きく跳躍。身をひるがえし、着地し、発砲。
まだだ。まだ足りない。もっと、もっと殺さなきゃ…。
そんな焦燥が、ヒカリの頭を満たしていた。
今まで、ヒカリは「母親の治療費を稼ぐ」という名分のもとで【排斥対象イントゥルージョン】を殺してきた。
しかし、その母親を亡くした今、彼女に生きる目的や理由は存在しない。
彼女は考えた。
自分はこれから、一体全体何をして生きればいいのか。
人は、その生涯に目的があるから生きられる。些細な目的は引っ切り無しに生まれ、巨大な目的はその達成のために生涯を費やせる。
結婚がしたい、車が欲しい、子供が欲しい、欲しい物が買いたい、好きな芸能人のイベントに行きたい、志望校に入学したい……。そんな大小様々な目的は、人間という生体機関を駆動するのに必要不可欠な燃料である。
だが、今のヒカリにはその燃料が無い。底を尽きてしまったのだ。
車が燃料無しでは走れぬように、人は目的無くして生き続けることはできない。
ヒカリは答えを察していた。

─────────死ぬしかない、と。

ヒカリにとって、自らの一生に幕を下ろし、覚めることのない眠りにつくのは、決して難しいことではない。
しかし、ただ死ぬことはヒカリのプライドが許さない。
故にヒカリは
“このまま死ぬくらいなら一体でも多く【排斥対象イントゥルージョン】を道連れにしてやる”
そう決めたのだ。
そして、ヒカリは作戦を無視し、その双銃を巧みに操って【排斥対象イントゥルージョン】の殄戮りくめつを開始したのだ。
「まだ……まだよ…。もっと殺さなきゃ、アタシは死ねない!」
そう叫びながら、頻りに引き金を引く。
弾丸は、いずれも狂い無く【排斥対象イントゥルージョン】の中枢を破壊する。
次いで、前方に一体の【排斥対象イントゥルージョン】を確認。
ヒカリは【排斥対象イントゥルージョン】に向かって直進する。
だが、奇妙な浮遊感がヒカリの体を襲った。
視界が回転していく。
足元を見ると、散らばった大量の瓦礫があった。
その瓦礫を踏み、バランスを崩し、足首をひねってしまったのだ。
転倒するヒカリ。全力で駆けていたため、転倒する際に肉体が大きく前方へと投げ出される。
眼と鼻の先に、【排斥対象イントゥルージョン】がいる。
「(あ。アタシ、ここで死ぬのね。)」
奇妙な確信。
排斥対象イントゥルージョン】の前脚がヒカリをめがけて振り下ろされる。
本来であれば一瞬であるはずが、何分にも引き伸ばされて感じられる。
引き伸ばされた時間は、ヒカリをより深い絶望と後悔へと叩き落とした。
もっと美味しいものを食べたかった。
もっとお弁当を作りたかった。
もっと歩きたかった。
もっとお喋りをしたかった。
もっと笑いたかった。
もっと怒りたかった。
もっと泣きたかった。
もっと叫びたかった。
もっと自分を現したかった。
もっと、もっと、もっともっと……。

もっと、生きたかった。

悔しさと悲しさが、互いに渦を巻きながら、ヒカリの肺腑を満たす。
しかし、その口から溢れたのは、絡んだ感情とは裏返しの言葉だった。
「………………バイバイ」
と、ヒカリは呟いた。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く