異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

降下

数分歩くと、すぐにヘリポートのある屋上へ着いた。
だが、扉を開けると、そこにはヘリはなかった。代わりに、巨大な深緑色の物体があった。
それは─────。
「………オスプレイ…?」
そう。そこに佇んでいたのは、何枚もの回転翼を備えた巨大なオスプレイであった。
すると、その中でコウジに手招きをする人影が見える。レンタだ。
「コウジくーん!早く乗ってー!」
可愛らしい笑みを浮かべながら、ひらひらと手を翻すレンタ。
コイツはもう女でいいだろう。
オスプレイに乗り込むと、会議室にいたSSランク生徒の他に、S+ランクの生徒が50名ほど座っていた。
コウジも皆に倣い、備え付けのシートに座り、シートベルトを締める。
それと同時、一人の少女が厳かな口調で言う。
「これよりこの機は離陸し、十分ほどで足立区へと着くだろう。各々で戦への心構えをしろ。呉々も抜かりなどないように」
そういった少女は、目を瞑っていた。
美しい黒髪は一つに結わえて背中まで伸ばしており、刃渡り1メートル程の日本刀を携えている。
SSランク序列第6位、鵞糜サナエだ。
大きな刀を持っていながら、特に違和感はなかった。それは、大きな武器を携えているのは彼女だけではなかったからだ。
各々が各々の固有武器を既に準備している。
或いは双刀を、或いは戦輪を、或いは大鎌をそれぞれ持っている。
サナエは最後に「では、三笠。頼んだ」と、正面に座っている少女を見ながら言った。
少女は「はい」と感情の抜けた声で返した。
浅葱色の髪が肩甲骨辺りまで伸びていて、その黒い瞳は眠たげだ。
少女はおもむろに目を瞑ると、息を一つ吐いた。
すると、アテスターの花の意匠が強く輝く。
コレは才華を行使するサインだ。
そして、彼女はこう呟いた。
「─────〈万回折Full Diffraction〉」
しかし、アテスターの光が消えても特筆するような変化は起こらず、その直後、プロペラの回転音とともに機体は浮上した。

移動中、コウジは隣席のレンタに尋ねた。
「なあ。離陸の直前に何かやってたけど、あれなんだ?」
「あー。あれはステルスだよ。あの子は『三笠リン』って言うんだけどね。根核者が“グリマルディ”って人で、才華が『触れた物体に当たった波を完全に回折させる』ってモノなんだよ」
回折。それは電磁波や音波において発生する現象だ。
通常の場合、観測者Aと観測者Bが互いに向かい合っているとき、その中間地点に巨大な板を一枚挟めば、AはBを、BはAを互いに視覚的な観測ができなくなる。
しかし、Aが「私はここにいます」と声に出せば、その声はBの鼓膜を震わせ、聴覚的に観測することが出来る。このとき生じているのが、“波の回折現象”である。
波は障害物へぶつかると、その障害物の背面へと回り込む性質を有しており、波長が長ければより回り込める。音や水は特にこの現象が顕著に現れる。しかし、電磁波の場合、その波長は音の約100万分の一であり、人間が体感できるほどの回折は生じない。
だから、とレンタは続けた。
「三笠さんの能力を使えば、レーダーはもちろん、肉眼や望遠鏡でも見えないし、ソナーでも絶対にわからない。完全無欠なステルスだよ」
興味深げにレンタが笑う。
「なるほどな……」
様々な才華や根核者が存在しているのだと改めて実感したコウジだった。
すると。
「目的地上空へ到着した!SSランクの生徒は全員降下を開始しろ!」
と、サナエが叫ぶ。
それと同時に、機体内の気圧が少しずつ下がり、乗り込み口の扉が開く。
「えっ?降下??」
コウジが指示の内容を理解できず右往左往していると、レンタがコウジの肩にリュックの様なものを背負わせる。
「なあ。これから何するんだ?」
「さっき言ってたじゃん。降下するんだよ」
脳裏に嫌な予感がよぎる。
「ま、まさかそれって…」
「うん。“飛び降りスカイ・ダイビング”だよ」
「嘘やんけぇ!!!」
悲鳴じみた声でそう言うが、その声を無視してレンタはコウジの手を引く。
「よし!!降りるよーっ!」
だっ。と、レンタが機体の床を蹴る。
コウジとレンタの肉体は機体を離れて宙へ放り出される。
「ぃいいやぁああああ!!」
猛烈な浮遊感がコウジの体を襲った。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く