異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

凄絶

それで。と、ヒカリは話を続けた。
「アタシのママは学園で治療を受けて、運良く一命をとりとめたわ。アタシは当然転入したわ。そんで、入学するときにあるお願いをしたの」
「お願い……?」
「ええ。アタシはママと一緒にここへ転入させてもらったの」
「でも、この学園は世間には知られていないんだろ?そんなことしてよかったのか?」
「問題ないわ。だって、ママは記憶を一切合切失っているもの」
「え……?」
「頭部の損傷が激しすぎて記憶が全て飛んでしまったらしいの。だから、ママの記憶は処理されなかったわ」
でも。と続ける。
「日常的に強い衝撃を頭部へ加え続けられたせいで、頭部の血管や骨がすごく脆くなっていたの。だから、アタシはママを学園の病院に入れてもらったわ」
話によれば父からの暴力を受けていた期間は、半年から一年ほど。その期間、執拗に頭部へ衝撃を加えられ続ければ、当然、毛細血管や脳組織へのダメージが蓄積されていく。
「学園は、アタシのママを地下の特殊病棟に入れた。アタシ以外の生徒との干渉や外出の禁止を条件にね。でも、できるのは延命だけ。完全に頭部を修復するには、安くても3000万円かかるらしいわ」
ため息を一つ吐き、ヒカリは遠い目をする。
「アタシのワガママのせいで……。いや。アタシのせいで、ママは太陽を知らずに死ぬことになったのよ」
少しの沈黙。
コウジがその沈黙を破る。
「そんなことがあったのか……」
コウジの想像を上回る壮絶な人生を、その口から告げられ、感嘆よりも衝撃が強かった。
そして再び、沈黙が訪れる。
次に沈黙を破ったのはヒカリだった。
「同情してほしくてこんな話をした訳じゃないから、“可哀想”とか、“お気の毒”とか、アタシにメリットのない言葉はかけないでね」
肩をすくめてヒカリが言う。
確かにヒカリの言うことも理解できる。
『可哀想』や『お気の毒』と言った言葉は、他者への同情をアピールするときに使う言葉であり、あくまでも他人事だ。
自分と全く同じ境遇の人間に『可哀想』なんて言う奴はいない。
自分より恵まれた人間に『お気の毒』なんて言う奴もいない。
それらの言葉は『同情』の皮を被った“安堵”の言葉だ。
それらの言葉を駆使することによって、「コイツよりも恵まれていてよかった」「コイツよりも幸福な人生を送れて幸せだ」といった、優越感に浸り、安堵に埋もれたいだけなのだ。
「そっか…………」
コウジはうまく言葉が見つからなかった。なんと言えば良いのか。その凄惨で悲しい人生を歩んだ少女に、かける言葉が見当たらなかった。
ただ一つだけ言えることがあるのなら────。
「よく今まで頑張って生きてきたな。お疲れ様」
「ハァ?なんのつもりよ」
「いや、俺が城嶺なら、すぐに自殺してるな…。と思って」
「自殺する勇気さえもなかっただけよ」
「それでも凄いよ。俺にはそんなに強く生きることできない。俺は怯えて逃げてきただけだからな…」
ヒカリは顔を赤くすると、少し俯いた。
「…………うるさい。バカ。どっか行きなさいよ…」
「あ、ああ」
そういって、コウジは部屋を後にした。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く