異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

自責

 「まま……?」
ヒカリが母親に心配そうな声をかける。
「このクソガキが!お前のせいで俺の人生めちゃくちゃじゃねえかよ!」
父はヒカリに罵声を浴びせると、裏拳で殴って立ち去る。
少しして、母がヒカリの元へと歩み寄る。そしてその手をヒカリの首に絡め、力を込めて息の根を止めようとする。
「ままぁ…………っ!ぐるじぃよぉ……!!」
掠れた悲鳴をあげる。対して、母。
「お前がいなきゃ…!お前が生まれてなければ……っ!こんなことにはならなかったんだよ……っ!!」
ヒカリは生まれる事を神に許された。だが、周囲の人間は生きる事を許さなかった。
その間にも、ヒカリの意識は遠のいていく。
「この…疫病神があ!!お前のせいだ…!全部お前のせいだ……ッ!!」
ヒカリは自らの死を感じた。すぐ目と鼻の先で死が自分に手招きをする。そんな感覚。
だが、ヒカリはそれを拒んだ。
ヒカリの本能が、全身のあらゆる細胞に『生きろ』と叫んだ。叫んでしまった。
ヒカリは手をバタつかせ、手元にあった空の酒瓶で、母の後頭部を殴り抜いた。
同時に母の手から力が抜ける。ヒカリは母からの怨嗟を背に受けながら、家から逃げ出した。
 逃げ出した時刻は25時。間違っても中学二年生の少女が一人で外出して良い時間では無い。
ヒカリは近所の公園のブランコに一人腰掛け、考えていた。
これから家に帰るか。そんな事をしようものならアタシはパパとママに殺される。
警察に通報するか。果たして警察は真面目に取り合ってくれるだろうか。警官が両親を呼んだらそれは死と同義だ。
そんな事を考えていると、背後から声をかけられる。
「そんなところで何してるの?」
齢はヒカリと同じくらいの少女。夜闇に紛れてその面は見えない。
「あなた……誰…?」
ヒカリは小首を傾げて少女に尋ねる。
「私は※※※。あなたは城嶺ヒカリさんね?」
「どうしてアタシの名前を……?」
「そんなことはどうでもいいの。今はあなたの命が先決よ」
少女は優しくヒカリの頰を撫でる。
「もう一度お家に帰ってみよ?」
「ダメよ!!そんなことしたら…………殺されちゃうよ……」
少女は帰宅を勧告したが、今更のこのこと帰っても何も変わらない。どころか普段より強く暴力を振るわれ、今度こそヒカリの命はない。
ヒカリは俯いていった。ヒカリに帰る場所はない。あるのは地獄のような場所だけだ。学校も、家も、どこにいても…………。
「いいから、帰りな。何かあったら、その能力で身を守ればいいじゃない」
「なんでこの能力のことを……!?」
ばっと顔を上げ少女を見ようとする。だが、その少女の姿はなかった。
孤独に乾いた夜風が、ヒカリの鼻先を掠める。
「………………帰ろう……」
少女に言われた通り、帰宅することを決意する。
もし暴力を振るわれたとしても、それは自分が招いた結果だ。
もし自分の命が潰えても、それは両親が望んでいることだ。
そう自分に言い聞かせるように。
ヒカリはブランコから立ち上がり、自宅へと足を向けた。

玄関扉の前で立ち止まり、一度深呼吸をしてから戸を開く。
「た、ただいま…………」
小さな声でそう言う。だが、帰ってくるのは木霊こだました自分の声のみ。
「…………まま…?……ぱぱ……………?」
真っ暗な家の中でそう言うが、やはり返事はない。
誰も家にはいないのだろうか。だとしたら、明日謝るべきだろうか。
そんなことを考えながらリビングへ向かう。
灯りもつけずに暗闇のリビングを歩く。だが、人の気配はない。
ヒカリは踵を返し、自室に戻ろうとする。
すると、ヒカリは何かにぶつかってしまう。
まずい。父とぶつかってしまっただろうか。また殴られる。謝らなきゃ。謝らなきゃ。謝らなきゃ。謝らなきゃ…。
「ご、ご、ごめんなさい!!」
震える声で必死に謝る。だが、呼応する声はない。勘違いだろうか。否。今まで暗闇に包まれていたダイニングの中で、そのシルエットが見え始める。
ヒカリば自分の周りの電磁波の周波数を下げ、一気に視界をクリアにする。
そして、見つけた。見つけてしまった。
自分が衝突したものの正体を。
最初に見えたそれは、足。ゆっくりと視線を上へと向ける。
「う、うそ…………まま…?」
それは首を吊ったヒカリの母親だった。
何故に母が首を吊っているのか。そんなことは考えるまでもない。
全てアタシのせいだ……。
アタシがこの能力を使わなければ。
アタシがもっと早く死んでいれば。
アタシが─────生まれて来なければ……。
「ぃいいやぁぁあああ!!」
ヒカリが叫ぶと同時。玄関扉が強く開け放たれ、五、六人の全身を武装した集団が入ってくる。
うち一人が、被っていたフルフェイスのヘルメットを脱ぎ、手を差し伸べる。
長く伸びた黒い髪と、真面目そうな双眸。
その人は言った。
「城嶺ヒカリさん。私は聖アニュッシュ学園の浜曷というものです。ご同行願います」
ヒカリは無言でその手を取った。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く