異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

弁当

早朝。コウジは家庭的な物音によって目を覚ました。
目覚まし時計は朝7時にセットしているが、それより2時間早い朝5時。眠い目をこすりながら、物音のする方であるキッチンへと向かう。
キッチンでは芳ばしい香りと、肉の焼ける音、そしてエプロンに身を包んだヒカリの姿があった。
ワークトップの上には少し小さめの弁当箱があった。だが、そこは問題ではない。
問題なのはその数。2つだった。2つの弁当箱に同じ具材が詰められていた。
「何してるんだ?」
「見てわかんないの?お弁当作ってるのよ」
「いや、それくらいは分かるわ」
「じゃあ何?」
急かすようにヒカリが言う。
「何で弁当箱が2つあるんだよ」
並んだ弁当箱を指差しながらコウジが問う。
「そんなの、2人分必要だからに決まってるでしょ。アホなの?」
「だからそういうことじゃねえって!!」
「何よ。朝っぱらからギャーギャーうるさいわね」
「2人って誰だよ!」
そう。弁当箱が二つあること自体は問題ではない。その消費者が不明なのだ。一つはヒカリの分であるとして、もう一つは一体全体誰なのだろうか。彼氏?友人?もしかして……俺?
「もしかして、アンタの分と思ったの?」
睨みつけるようにこちらを見て、ヒカリが答えた。
「残念だけど、これはアンタの分じゃないわ。用が済んだらどっか行って」
猛犬を追い払うように手を振られ、コウジは背を丸めて立ち去った。
と、見せかけてはいたが、実際はベットで横になったままヒカリが家を出るのを待っていた。
少しして、ガチャッという音ともに玄関から人が出て行く音を聞く。ヒカリだ。コウジはその音を聞くと、ヒカリの後を尾けた。
つまるところ、これはいわゆる尾行である。本人は勿論、他の学園の生徒にも目撃されることはあってはならない。
「あの弁当…………誰のだ?」
たかだか弁当如きにストーカー紛いの行為をしていると考えると、なかなかに滑稽だった。だが、それでも一度芽生えた疑問はそのまま放置していてはならない。勉強もそうだ。つまりストーキングは勉強だ。何言ってんだ俺は。
尾行を続けていると、ヒカリは学園の校舎に入っていった。ということは、ここの学園の生徒だろうか。
だが、ヒカリは職員室で教師から鍵を受け取ると、そのまま歩き続け、やがて重厚な扉の前に立った。
「校舎にこんなとこあったのか…?」
ヒカリはその扉を先刻受け取った鍵で開けると、そのまま奥へと入っていった。
当然コウジもその後に続く。
扉の向こうは長く薄暗い下り階段で、下りていくにつれて気温が少しずつ下がっていくのを皮膚で感じる。
やがて、白い光が見え始める。
その光の正体はLED灯で、灯の元へと行くとその照明が照らしているものが見える。
純白の大きなベッド、そこに座る痩せた女性、仕切りのカーテン、ベッドの側に立つ白衣の男。
「ココは……………病院?」

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く