異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

対面

「君も大変な人生を送ってきたんだね」
気を失った母親の横で、女はへたり込むヒカリにそう言った。
「黙れ!!アンタは何もわかってない!!!!」
ヒカリは激怒した。今まで自分が歩んできた壮絶な人生を『大変』の一言で片付けられたことが気に食わなかったのだ。
ヒカリの今の精神は、見たくもない最悪の過去を見せられたことにより疲弊していた。
「でも、まだまだこれからよ。良くも、悪くもね。それじゃ」
女がそう言った瞬間、今まで見ていた悪夢の光景が遠のいていった。
「待ちなさいよっ!」
その声も虚しく、女の影は消えていった。
そして、意識が覚醒する。
「………………ッ!」
目を覚ましたヒカリの視界いっぱいにあったのは石膏ボードだった。理由は単純。ここは医務室であり、ヒカリはベッドで横になっているのだ。
「……………………最悪」
身につけているワイシャツは不快な寝汗で濡れている。
ヒカリは右手側の棚からフルーツバスケットのリンゴを1つとペティナイフを手に取ると、慣れた手つきでリンゴの皮を剥き、一口かじると遠い目をしてこう呟いた。
「アタシ、負けちゃったのかぁ…」




聖アニュッシュ学園、廊下にて。
コウジは決闘終了後に浜曷にSSランクの教室へと案内されていた。
「どうですか。決闘に勝った感想は」
と、浜曷がコウジへ。
「なんて言うか………複雑ですね。甘えを承知で言いますが、相手を傷つけて『勝った』と誇れるのかどうか……」
「それで良いんです。誰かが勝つということは、誰かが負けるということなんです。自信を持ってください」
「わかりました…。でも、今言えることは俺が勝てたのは浜曷先生の指導のおかげです。本当にありがとうございました」
コウジは一度立ち止まり、浜曷に深く礼をする。
「いえ、感謝をするのはこちらの方です。本当に、勝ってくれてありがとうございます」
「は、はあ……」
コウジは自分がなぜ感謝されているのか理解できないまま、とりあえず返事をした。
そのまま数分歩くと、『SS』と書かれたプレートが目に入った。
「ココが、今日からあなたの教室です」
「ココ……ですか…………」
むやみに入ることは許されないような、剣呑な雰囲気が漂っていた。
浜曷が教室の扉を開ける。
教室中の視線が一気にコウジへと向く。
だが、教室の中には十人程しか人がいなかった。数少ないSSクラスであるから当然か。
教室の人間は、或いは鏡を見て自分の髪を整えており、或いは参考書を広げて勉強している。
「みなさん、新たにSSクラスに加わる、塚田コウジ君です」
浜曷がクラスの全員にそう言い放つ。
「よろしくお願いします」
コウジが礼をすると、幾人かが呼応するように応えた。
「よろしくねー、塚田くん」
「うん、よろしく」
「よろしくね」
どんなイカれた奴がいるのかと思っていたが、そんな心配は杞憂で、優しそうな人もいた。
「塚田君は、あちらの席に座ってください」
そういうと、浜曷は廊下側から二番目、一番奥の席を指差した。
コウジが指定された席に荷物を置き、腰を下ろすと、前方から一人の人影が近づいてきた。
「やあ、塚田くん!決闘見たよ!凄かったね!」
声をかけられ、見上げると、燃えるような赤色の髪を後頭部で一つに結わえた少女がそこには立っていた。
「ありがとう。で、君は?」
「僕は平佐名レンタ。よろしくね」
その目は若葉のような緑色をしており、表情や言葉遣いから優しさが感じられた。
「よろしく。それにしても、どうしてズボンなんて履いているんだ?」
その少女は男子生徒用であるズボンを着用していた。
無論、男だからズボンを履かなければいけないとか、女だからスカートを履かなければならないといったことは肉体的な性別による区分に過ぎない。
心の性別がどちらであるかを重要視する学校は最近では少なくない。彼女も、心は男性なのだろうか。
「いや…………僕………男なんだけど………………」
「ゑ…?」
衝撃のあまり、『え』の発音方法がぶっ飛んでしまった。
「僕は男の子だよ!生物学的に!!」
「すまん!男の娘だったか!!」
「漢字ぃいい!!!!!」
女性だと思ったら男性だった。なんということだ。
「いや、ホントごめん。申し訳ない」
「うん。いや、大丈夫だよ。僕ももう慣れてるし……」
遠い目をしたレンタのことを、コウジは見て見ぬ振りをした。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く