異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

決着

「先に戦闘不能になった方が負けなら、アンタがアタシよりも少しでも先に電流を浴びてぶっ倒れれば私の勝ちよ!」
ヒカリは俺を睨め付けながらそう叫ぶと、より強く俺をコードへと引き込んだ。

だが、俺は自分の羽織っていたブレザーに右手で触れ、再び両手に純白と漆黒の炎を灯してこう叫んだ。
「グラフェン!!!」
グラフェン。炭素原子のみで構成されている物質であり、この世で最も強靭で、この世で最もよく熱を伝え───────。
この世で最もよく電気を流す物質である。

俺は掴まれた右腕を振りほどき、目には見えないシート状のその物質をヒカリに巻きつけ、その端が電源に触れるように物質を生成した。
「ぐわああああ!!!」
より危険になった電流が彼女の体を駆け巡る。
やがて彼女はピクリとも動かなくなった。
すると、けたたましくブザー音が鳴り響いた。
見上げると、頭上のモニターには『WINNER 塚田コウジ』と表示されていた。
どうやら、本当にこの勝負に勝てたらしい。
観客席の生徒たちも一斉に立ち上がり、拍手を送っている。
振り返ると、向こうから浜曷が歩いてきた。
「おめでとうございます。戦闘時間2分52秒で、あなたのSSランクの入学が確定しました」
「そんなことより、城嶺は大丈夫なんですか。あれだけ強い電流を浴びれば命に関わりますけど…」
俺は自分の評価よりも、ヒカリの生死の方が気になってしまった。俺はこの能力で人を救うためにこの学園に来たというのに、その能力でまた人を傷つけていれば全く意味がないのだ。
「安心してください。この学園の医療技術は非常に優れているので、あの程度の負傷であれば2、3日で回復します」
「そうですか……。なら良いんですけど…」
あのコードの電流量であれば、死に至っている可能性がある。コウジはヒカリを心配せずにはいられなかった。
「では寮室の案内をします。私に着いてきてください」
「あ、あのっ!!城嶺に一声かけちゃダメですか?」
コウジは思わずそう叫んだ。決闘とはいえ同い年の少女を殴ったのは事実であるし、それに対して謝罪もしないのはコウジ自身の道徳心に反していた。
「ではこちらからも尋ねますが、あなたが城嶺さんに声を掛けることは、城嶺さんを治療することより優先すべきことなんですか?あなたの謝罪はいつでも出来ることです。本当に彼女を心配しているのなら、彼女の治療を最優先に考えてあげてください」
「…………はい。わかりました……」
コウジは渋々決闘場を後にすることしかできなかった。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く