異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

戦略

「EDW(イコールデッドウェイト)!!」

叫ぶと同時に触れていたタイルが一枚消え、左手から半透明の盾が出来上がる。
「盾なんか作っても!波は回折して伝播するのよ!!あんたの行動は無意味になるわ!!」
ヒカリは声高にそう叫ぶ。これがただの盾ではないとも知らずに。
そして、そのままヒカリの射程圏内へと突入する。
「あんまり手間取るのもイヤだし、片付けさせてもらうわ!!」
ヒカリは嘲笑しながら俺の眼前の盾に弾丸を三発打ち込む。盾の破片が身体中に付着する。
そして防具を失った俺はそのままヒカリの射程圏内に突入する。
「私の勝ちよ!!!!」
「それはどうかな」
ヒカリは自慢げにそう叫ぶ。だが、それも計算のうちだ。
俺は再び屈んで、足元のタイルをもう一枚消し飛ばす。そして生み出した透明の液体を頭からおっ被る。
「なんでッ!?マイクロ波を当ててるのに!!」
ヒカリは感嘆した。それも当然だ。普通であれば強いマイクロ波を浴びれば短時間で人は脳まで茹で上がって死んでしまう。だが、俺も無策で突入するほど阿呆ではない。
「お前が熱するなら、俺は冷ますだけだ」
そう言い放った俺の手は小刻みに震えていた。恐怖はない。単純に凍えていたのだ。
俺がマイクロ波を浴びても死なない理由は、『作った盾』と『被った液体』にある。
まず、俺が作った盾は特殊な素材でできている。
その物質の名前は“硝酸アンモニウム”だ。
そして頭から被った液体は“ただの純水”だ。
最初に作った硝酸アンモニウムの盾はヒカリの弾丸によって砕かれてしまった。しかし、これこそが良かったのだ。俺はその破片を身に浴びたまま、頭から純水を被った。
そして、硝酸アンモニウムと水が触れ合うと“吸熱反応”を起こす。つまり、硝酸アンモニウムと水が反応した周囲の空気や物体の温度は一気に下がるのだ。
そうすれば、マイクロ波で温まった俺の身体の熱を硝酸アンモニウムと水の吸熱反応に転換することで、俺の脳は茹で上がらずに済んだのだ。
「チッ!なら、共振でアンタの頭蓋骨を破壊するまでよ!!」
ヒカリはそう叫び、大きく息を吸い込んだ。恐らく周囲の音に加えて自分の声を上乗せすることで、圧倒的な音量を生むつもりだろう。だが、それもすでに読んでいた。
「――――!なんでっ!?振動数は頭蓋骨と同じはずなのに!!」
彼女はそう叫ぶと同時に、自分自身の声が早送りの音声のようにとても高くなっていることに気が付いた。
「お前の射程圏内の空気を、ヘリウムガスに作り変えた。音は異常に高くなるんだぜ」
音の高さを左右するものの一つに、媒質がある。軽い気体であれば音は高く、重い気体であれば音は低くなる。ヘリウムガスを吸って高い声が出るのは、ヘリウムが空気中の窒素や酸素よりもずっと軽い気体だからだ。
また、空気にも重さがある。
重さがあるということは、俺の能力が適用されるということである。俺はさっきまで、右手で触れた空気と同じ重さのヘリウムガスを生み出し続けていた。
そして、城嶺は空気中での音の周波数操作に慣れ過ぎていたため、突然気体が軽くなったことに対応しきれずに俺の頭蓋骨を破壊。否、周囲の音を俺の頭蓋骨と同じ振動数の音に変換できなかった。
そしてヒカリが戸惑っている隙に一気に肉薄し、俺はナックルダスターの着いた左手でヒカリの鳩尾に思い切り掌底を叩き込んだ。
それもただの掌底ではない。纏っていた水と硝酸アンモニウムを右手で消し、左手から同じ質量の水素を生成したのだ。
密着していた左手と鳩尾の挟間に一瞬で莫大な体積の期待が発生するため、ヒカリへのダメージは決して小さくない。感覚で臓器までダメージが届いたと感じた。
ヒカリの肉体は勢いよく後方へと吹き飛び、電線の埋め込まれている壁へと体がぶつかった。
女性を殴るということには抵抗があったが、こうでもしなくては俺の方が死んでいた。こればかりは命に関わる戦いなのだから致し方がない。
壁に埋め込まれた電線からは稲妻が走っており、ヒカリは壁にもたれて俯いたまま動かなくなった。
「悪いが、勝たせてもらうぜ……」
一人呟き、ヒカリの方へと足を運ぶ。
そして、ヒカリのアテスターを破壊しようとしたその時だった。
気絶していたはずのヒカリに右腕を掴まれ、強く引かれた。
「まだ!勝負は!!着いちゃいないわ!!!」
そう叫びながら引っ張られた先には…。
「電源だとッ!?」
そこにあったのは、壁に埋め込まれていたコード。その切り口からしきりに稲妻が走っている。恐らくこれで俺を感電させるつもりだろう。
人間を感電死させるのに必要な電流量は約50mAだが、一般的な家庭用電源からの電流量は15Aである。つまり、あのコードが一般家庭用の電源だとしても、触れれば一溜りもないということだ。
そして、電気にも周波数が存在する。それは、交流電流におけるプラスとマイナスの入れ替わりの速度である。一秒間に一度電源が入れ替わる速度を1Hzと定義されており、その周波数は低ければ低い(0を除く)ほど感電しやすい。
恐らくあのコードはヒカリが周波数を本来の50Hzよりも下げているため、この電流は元来よりもかなり危険な状態である。
「先に戦闘不能になった方が負けなら、アンタがアタシよりも少しでも先に電流を浴びてぶっ倒れれば私の勝ちよ!」
ヒカリは俺を睨め付けながらそう叫び、より一層引き込む力を強めた。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く