異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

片鱗

「では。決闘…………………開始ッ!!!!!」


浜曷の言葉と同時に、ヒカリは目にも留まらぬ速さでガンホルダーから銃を引き抜き、その引き金を引いた。その銃口から射出された弾丸は、一直線に俺の喉仏にアルアテスターめがけて飛んでくる。だが、俺もヒカリ同様に開始合図と同時に両手に白と黒の炎を灯し、飛んできたその弾丸を右手で受け止め、着弾と同時に窒素へと変換する。
「おおおおおお!!!!!」
「バカな!弾丸が見えるわけない!!」
観客は歓声を、ヒカリは悲鳴じみた感嘆の声を上げた。無論、俺だって音速を超える弾丸を目視して、尚且つその弾丸に対して右手で防御を行うという一連の動作を、ヒカリが引き金を引いてから着弾するまでのごく僅かな時間で出来るはずがない。
では、何故こんなことができたのか。それは先刻のお前という呼び方と関係している。
あの呼び方をした後、ヒカリは最短で倒すと言った。即ち、一瞬で決着をつけるつもりだったのだろう。だが、彼女は力み過ぎていた。
一瞬で倒すことに集中し過ぎた結果、彼女の視線は常に俺のアテスターにあった。この時点で第一撃がアテスターを狙うということは確実と言えた。
さらに、より正確な射撃を行うのなら、両手で一つの銃を握った方が精密性が上がり合理的であるため、彼女は片方の銃しか使わないことは推測できた。
あとは彼女が発砲の反動に備えて、左足を一歩引くのを確認すると同時に、右手を喉の前に持ってくるだけだ。もっとも、銃を使わずに能力でアテスターを破壊しようとされたなら、なす術なく負けていたのだが、彼女は能力より銃を行使する傾向がある。それは俺が保護されるときに特殊部隊を銃のみで壊滅させたことから想像できた。勿論、この決闘に負けないために能力を隠していた可能性もあったのだが。
「コレでわかったろ?お前に俺は倒せない」
無事に第一撃を防いだ俺は、語気を強めてヒカリに言った。だが。
「たった一撃防いだくらいで………調子に乗るなぁ!!!」
ヒカリはそのまま、五発、六発と続けて発砲する。
俺は直線的に接近せず、右へ左へと体を反復させながらヒカリへと近づいていく。
中には右手で薙ぎ払うように消し飛ばした弾丸もあった。そして、着実に距離を詰めていく。
俺も無闇に彼女に接近しているわけではない。ある程度、彼女の能力を絞ることができたのだ。
まず、彼女の能力は遠距離まで届くものではない。遠距離能力であれば、第一撃から能力を行使する可能性もあったし、最初の弾丸が防がれた時点で能力を行使するのが普通だろう。
つまり彼女は、遠距離では能力を『使えない』『使う意味がない』『使ってはならない』のいずれかの理由がある。
やがて距離は詰まり、ヒカリまであと5メートルというところまで接近した。
銃は戦闘において、必ずしも万能ではない。銃を構える際は反動を上手く逃がすために肘関節は伸びきった状態になる。つまり、両手を伸ばした範囲内に入られてしまえば、銃は無意味になってしまう。また、リロードや姿勢の立て直しにかかる時間も含めると、有効射程距離は更に伸びていく。
「くっ……このっ!!」
悔しそうに歯噛みしたヒカリは、弾切れになった銃をリロードして再度構えるよりも、能力を行使した方が効率がいいと考えたのだろうか。銃をガンホルダーへしまうと、こちらへと一歩踏み込んできた。
「………………喰らいなさい」
ヒカリがそう呟くと同時に、周囲の音が完全に消えた。かと思うと、今度は轟音が鳴り響いた。
俺は両耳を塞ごうとした。だが、バキャン!という音と共に左手の甲に痛みが走る。見てみると、刃物で切りつけられた様な切り傷が出来ていた。
「なんだ……これ?」
「アンタはついに入ったのよ。アタシの射程内に」

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く