異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

心華

しばらく歩き、植物室と書かれた扉を開くと、まるでジャングルにでも瞬間移動したかのように多種多様な植物が生い茂っていた。
「木下先生、いらっしゃいますか」
室内で浜曷はある人物を呼んだ。
「………はぁいぃ?」
今にも死にそうな声で返事をしたその女性は、吸血鬼のように生白く、精気のない紺碧の眼をしている。身体は異常に細く痩せこけており、背丈は170前後だろうか。綺麗な深碧の髪は腰あたりまで伸びきっている。
「彼の心華を決めて欲しいのですが、ただいま時間はありますか?」
「ぁあぁ〜、時間ならありますよぉ……どうせ私ぃ、お仕事ないのでぇ…」
浜曷が予定を聞くと、女性は卑屈っぽくそう答えた。
「彼女が植物室の責任者である、木下優璃鹿(きのしたゆりか)教諭です」
「よろしくおねがいしますぅ…」
「よ、よろしくお願いします」
一通り挨拶を終えると、木下に植物室の奥へと案内された。すると、一つの扉が見えて来た。
木下が扉を開けると、その部屋には巨大な神木のようなものが生えており、その前にはディスプレイとキーボードがいくつか並んでいた。
「それじゃあぁ…、心華を決めよっかぁ…」
木下がそういうと、一台のディスプレイの前に立ち、キーボードを叩き始めた。
「それじゃあぁ、そこの木に手を当ててくれるぅ…?」
木下が大木を指差しながらそう言った。
「こう……ですか?」
言われた通りにコウジは右手を大木に触れさせた。すると、突然大木が淡く緑色に光り始めた。否、光るというより、蓄光素材が光りを放つような、そんな弱々しい光。
「そのままぁ…もうちょっと待っててねぇ……」
コウジはそのまま手を当て続け、待機した。
すると徐々に光が弱まっていき、やがて元の大木へと戻った。
「はぁい、おしまいですぅ…。あとぉ、これが君の心華ですぅ…」
木下は持ってきた紙をコウジへ手渡した。
「竜胆(リンドウ)…ですか……」
「あの木ぃ、初代学園長が持って来たんですけどぉ、あの木がぁ、君にピッタリのお花はこれだと思ったみたいですぅ…」
コウジは今一度、自分の手元にある紙を見つめ直した。
「竜胆か……」
「あ、あとこれがぁ、君のアテスターですぅ…」
手渡されたアテスター見てみると、正面に竜胆の花がデザインされていた。
「ありがとうございます…」
コウジはアテスターを首に巻き、植物室を後にした。




「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く