異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

謎多き力

植物室へと向かう道中。
「では、あなたたちの能力が発現するメカニズムについて、簡単に説明します」
浜曷がそう切り出した。
「あなた方の能力は、世界的な発見をした科学者達から来ているものです。そして、我々は能力の基となる学者のことを『根核者』と呼称しています」
「根核者……?」
コウジはその言葉に引っかかりを感じた。
「はい、塚田君の能力は『アントワーヌ・ラヴォアジエ』による能力です。」
アントワーヌ・ラヴォアジエ。近代化学の父と称される人物で、質量保存の法則を発見した人物である。となると、コウジの能力は質量保存の法則が由来だとわかる。だが。
「でも、アントワーヌ・ラヴォアジエは大昔の学者ですよね?なんで今、俺にその能力が?」
そこだ。大昔の人間の発見した法則がなぜ今になって、コウジの体に能力として発現したのか。そこが不可解なのだ。
「あなた方の能力を我々は『才華』と呼称しています。そして、今の質問ですが、根核者の遺体です」
「遺体……?」
突然放たれたその言葉を思わず口に出す。
「はい、根核者となった学者の亡骸には、必ず、胸元に一輪の花が咲いていたんです」
そんなロマンチックなことが起こるのか。と、コウジは感嘆してしまった。
「そして、それらの花には、ある特徴がありました。それは、遺伝情報の中に根核者のDNAが含まれていたのです」
植物の遺伝情報の中に人間のDNAが存在している。これは絶対にありえないことである。仮にありえたとすると、その植物は永遠にその人間の形質を引き継ぐことになる。植物は世代間での形質の変化がない為だ。
「また、それらの植物は花粉や綿毛を飛ばすように、根核者の遺伝情報を飛ばしていたのです。そして、それと適合し反応した人間は特殊な能力が身につくのです」
浜曷は一通りの説明を終えた。
「そんなのありえませんよ!!質量がない単なる情報が、人間の体に作用を起こすことなんてありえません!!」
コウジは叫んだ。いくらなんでもそんなことは絶対に起こるはずがない。だが。
「では、あなたのその能力は何と説明するんですか?」
浜曷にそう言われ、言葉に詰まる。
「世の中にはありえないことや不可能なことがいくつも存在しているんです。現状で能力について我々が解明できているのはここまでです」
浜曷は静かに、そして冷たくそう言った。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く