異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

そして月日が流れ、コウジがホワイトルームに入室してから三週間が経ったその日、コウジはいつものようにトレーニングに励んでいた。
すると突然、天井から陽気な音楽とファンファーレの音が響いた。
「え?なになに?急に」
コウジが突然の音楽に戸惑っていると、部屋の扉が開いた。扉の向こうには、浜曷とヒカリが立っていた。
「本日でホワイトルームでの生活が終了しました。三週間間お疲れ様でした」
コウジは一瞬何を言っているか理解できていなかった。
「………………あ、もう三週間経ったの!?」
コウジはホワイトルームでの生活に慣れてしまい、三週間後にここを出ることを忘れてしまっていた。また、トレーニングと勉学に勤しみすぎて、日付の感覚が完全に失われてしまっていた。
「ここでの生活は完全に自由になるので、殆どの生徒が堕落してしまうのですが、あなたのように規則正しい生活を送る生徒は非常に稀です。ましてや、毎日勉強とトレーニングに励むの非常に良いことです」
浜曷に褒められ、コウジは少し照れた。
「まあ、アンタにしてはよく頑張ったんじゃない?生活が真面目すぎてちょっと引いたけど」
城嶺が自分を褒めたと思ったら、また貶された。一体どうしたら褒めてくれるのだろうか。謎である。
「それでは、これからクラス分けのためにあることを行うのですが、まだいくつかやることが残っているので、塚田さんにはその準備をしていただく必要があります」
「やること?」
どうやらすんなり教室には入れないようだ。
「まず、これから塚田さんの『心華(しんか)』を決めます」
「しんか……?」
「城嶺さんの首にチョーカーのようなものが付いていますよね?」
浜曷は城嶺の首を指差しながら言った。
「このチョーカーは『アテスター』と呼ばれる、能力の暴走を抑えるものですが、この正面部分には、『心華』という花がデザインされています」
「イメージカラーならぬイメージフラワーだと思ってもらって大丈夫よ」
ヒカリがそう付け加える。
「そして、この花を決めるためにこれから植物室へ行きます」
そんな部屋もあったのか。と、コウジは驚いた。
コウジは学園の制服を渡され、それに着替えると、植物室へ案内された。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く