異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

特定


体のリフレッシュを終えたコウジは、実験へと取り掛かった。初日に発注した機材を使って実験を行うのだが、その目的は『能力の条件を特定する』ことである。現在確認できているだけでも、右手で触れたものを消し、左手から新しいものを作る。といった条件があることは確かである。
だが、先日の河川敷で、他にも何かしらの条件があることは確信していた。なぜなら、右手で触れたものが「石」であったか「むしった雑草」であったかによって、左手か作れる水の量が異なっていたのだ。今日はその条件を見つけ出す。
「まずは体積と表面積かな」
コウジはそう呟くと、杉の木のブロックを掴み上げた。
発注した物品の体積は全て1000立方センチメートルで統一されているため、計算を行う必要もない。
そして、右手で杉の木に触れ意識を集中させる。すると、右手に黒の、左手に白の炎が灯る。同時に杉のブロックが一瞬にして消えると共に、左手か水が現れる。
生み出した水をメスシリンダーに入れて、体積を測定する。
「杉ブロックは、約380mlか…」
メスシリンダーの目盛を読み取り、ノートにボールペンで記録を書き込んでいく。
次は鉄を水へ変換する。もし、右手で触れたものと左手から生み出すものとの間にある条件が体積であるのなら、今回も出てくる水は380mlのはずだ。杉ブロック同様に水へと変換する。
「うわっ…なんだよこの量!」
左手から出る水は大量だった。
一度バケツに入れ、小分けにして体積を計る。
念のためにバケツを発注して正解だった。
「えぇーっと、トータルで約7870mlか…」
この二つの実験から、条件は体積ではないことが判明した。そして考察する。何がこの差を生んだのか。鉄と杉の相違点は多かったが、体積と表面積は同じであった。となると、密度や、生物であるか無機物であるか、純粋な物質か混合物か。と、様々な相違点が浮かんでくる。
「次はどっちも無機物にしよう」
そう呟くと、コウジはステンレスと銅を手に取った。今回調べるのは、体積ではなく質量。変換する前のステンレスの質量は7.93kg、銅は8.93kgだった。
まずはステンレスから変換する。そして、左手から水を作る。鉄のように大量の水が出るかもしれない為、あらかじめ下にバケツを置いておく。
やがて左手から大量の水が吹き出し、水がバケツに溜まる。
コウジはバケツごとデジタルばかりの上に乗せ、表示された値からバケツの重量を差し引いた。
「えぇーっと、バケツの重さを引くと…7.93kgだ!変換前のステンレスの重さと同じだ!!!!!」
コウジは歓喜した。この条件を特定することでこの能力を恐れるのではなく、逆に利用して人の役に立てることができるかもしれないのだ。しかし、喜ぶのはまだ早かった。この値は単なる偶然にすぎないかもしれない。確信を持つにはサンプルが少なすぎる。
次に銅を水へと変換する。そして重さを計り、出た値は、
「8.93kg!!!条件は重さだったんだ!!」
おおよそコウジは確信した、この能力による消失物と生成物との間の関係は「互いに質量が等しいこと」であると。
他にも、ジュラルミンと白樺を変換したが、生成した水との質量は等しかった。その後も実験を重ねていくと、次のようなことがわかった。

その1,質量さえ同じであればどんな物でも望んだ物に作り変えられる。
その2,生み出せる物は、コウジが構造式を理解していなければ作れない。
その3,複雑な機械や生き物は生み出せない。
その4,生成物の形状は自在に変えられる。
 
確認できるだけで、このような条件があると思われる。
実験では、水から鉄は作れたが、水から自分自身やノートパソコンを作ることは出来なかった。
また、ペットボトルの原料であるポリエチレンテレフタラートや、衣服の原料であるポリエステルなど、コウジが構造式を知らない物質は作ることができなかった。
そして、コウジはこの能力の特性上、より多くの構造式を覚える必要があった。また、どれだけ多くの物質を作れたとしても、コウジ自身の武力が劣っていれば学園生活を生き抜くことは出来ない。
そして、コウジはホワイトルームでの三週間、ひたすら筋トレとストレッチ、薬品や化学物質の勉強、物理現象についての勉強も行なった。同時に、右利きであるコウジは左手でも日常の動作が行えるように練習を重ねた。コウジの能力は消しとばす右手も重要だが、生み出す左手もかなり重要になってくる。そのため、左手だけでもある程度の動作を行えるようにしておくべきなのだ。
この学園にどれだけの能力者がいるのかは未知数である以上、知識を蓄えていて損をすることはない。
同時にコウジは、強くなるためにはもっと知力と体力が必要であると確信した。


「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く