異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

学園長

しばらく校内を歩くと、一際大きな扉が目を引いた。その扉には大理石調のドアプレートに『学園長室』と彫られている。
浜曷は扉の前で、もう一度自分の着ているスーツを整えると、背筋を正してからコンコンコンとノックを三度し、
「学園長。塚田コウジを連れて参りました」
と、威容な声で言った。
すると扉の向こうから「入りなさい」とややしゃがれた声が帰ってきた。
「はっ!」
浜曷はその声に見事な敬礼をし、ドアノブを回した。
扉の向こうには大きな机があり、その奥の椅子に無精髭を蓄えた初老の男が腰掛けていた。おそらくあの人が学園長だろう。それ以上に目を引いたのは、暗い顔で机の上に腰掛けていた少女だった。綺麗な白髪を左側頭部で結わえており、城嶺と同じ制服に身を包んでいる。少女は浜曷の姿を確認するとそのサファイアのような真赤な両目を輝かせ、浜曷に抱きついた。
「美伽お姉ちゃん!!おかえり!!」
浜曷はやれやれとため息をついた。
「学園長、こちらが塚田コウジです」
浜曷は身体を学園長へ向けると、緩んだ表情を再び硬くし、背中に鉄パイプでも突っ込まれているかのようなまっすぐな姿勢で、そう説明した。
「ふむ…歓迎するよ。塚田コウジくん」
学園長は立ち上がり、コウジの前に来ると手を差し伸べ、コウジと固い握手を交わした。
「私は聖アニュッシュ学園二代目学園長、篠崎孝明(しのざきたかあき)だ」
「俺は塚田コウジです。よろしくおねがいします」
学園長は笑顔で頷いた。
「さて、学園への入学手続きの前に一つやらなくてはならないことがあるんだ」
「やらなくてはならないこと?」
コウジは首を傾げた。
「ああ。HUMMING、こっちへ来なさい」
篠崎がそういうと、さっきの少女が浜曷に隠れるようにこちらを見てきた。
「…………アレ、やるの?」
「うん、やらなきゃダメなんだよ」
篠崎は優しく、宥めるような声でそう言った。
「……………わかった」
少女はゆっくりとコウジの元へやってきた。少女は、その瞳でコウジをじっと見た。
「彼女は『HUMMING(ハミング)』。君と同じで、特別な力を持った者だよ。人見知りだけど、仲良くしてやってくれ」
「なるほど…。よろしくね」
仲良くしろと言われ、挨拶代わりに握手をしようと手を差し伸べたが、今度は篠崎の後ろに隠れられてしまった。
「ははは、まだ少し警戒しているのかもしれないね」
人見知りとは言え、こうも警戒されると少し傷つくものだ。
「では学園長、我々は退出した方が良いでしょうか?」
浜曷が篠崎に問うた。
「そうだね。悪いけど二人とも少し席を外してくれ」
篠崎が答えると浜曷は「はっ」と敬礼をし、城嶺を連れて部屋を出た。
「それで、やなくてはならないことってなんですか?」
コウジは焦らされていた先刻の言葉の答えを求めた。
「ああ、そうだそうだ。まず、彼女の能力の説明をしよう。彼女の能力は『記憶操作』だ。自他を問わず記憶を消去、復元、書き換えることができる」
「『記憶操作』……ですか。凄いですね」
そう、強い。この能力を使い、例えば「自分が総理大臣である」と全ての日本人の記憶を書き換えれば、国のトップに立てるのだ。今すぐにでもテロを起こせそうな能力だ。
「ただ、彼女の能力には一つ条件があるんだ」
「条件?」
条件という言葉が引っかかり、思わず聞き返す。確かにコウジの能力にも、今確認できているだけで、右手で触れたものを消し、左手で新しいものを作るという条件はある。HUMMINGにもそういった能力の条件があるのだろうか。
「その条件は『両手をつなぐ』ことなんだ。「触れる」じゃなくて「握る」こと。だから彼女はそう易々と他人の記憶を書き換えられなかったんだ」
学園長の言葉にコウジは納得した。この条件はかなり厳しいものだ。日本国民全てと両手を繋ぐのはかなり時間と体力が必要になってくるし、初対面の人間に「両手を繋ぎましょう」と言われて素直につなごうとする人は決して多くはない。何より彼女自身が人見知りであれば難易度はさらに上がるだろう。





「そして、これから彼女の能力を使って『君の記憶を消す』のだよ」





「……………………へ?」
突然言われたその言葉にコウジは感嘆のあまり変な声が出てしまった。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く