異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

特別な力を持った人間

「なぁに、ただのコンビニ帰りの超能力者よ」

超能力者という言葉を聞き、隊員達に緊張が走る。やはり能力者は警戒されているのだろう。
そんな人影の姿を隊員が手持ちのライトで照らした。人影は小柄な少女。ライトで照らされることで容姿について色々なことが分かる。彼女の髪は淡いブラウンのツインテールで、肩のあたりまで伸びている。そして、その身を包んでいたのはジャージだ。左腕に校章のようなものも見える。コウジは覚えていた。あの校章は、アニュッシュ学園のものだ。
「そこから動くな!動けば撃つ!」
隊員は先刻より声を大きくし、警戒と威嚇を続ける。少女もまた、その場から微動だにしない。微動だにしない。微動だにしない………。おかしい。身じろぎ一つしない。
次第に隊員達がざわつき始めた。
「おい、何しに来たんだあいつ」
「知ったことかよ、呼び止めておいて動かねぇじゃねえか」
「おいお前!そんなところで何している!降りてこい!」
彼女はもう完全に敵として認識されなくなってしまった。小さな子供を注意するように隊員達が言い始めた。
「う、うるさいわね!私だって降りたいわよ!」
少女は強く叫んだ。とても格好悪かった。
「ってことはアイツ……降りられないのか?」
「うるさい!降りられるわよ!降りて見せようじゃないの!降りられればアンタらなんて敵じゃないんだからね!」
隊員の言葉に少女は躍起になって怒鳴った。少女はゆっくりその場に屈むと、おもむろに地面へロープを垂らし、それを伝って慎重に降りてきた。そして振り返り、一声。
「ほら見たでしょ!私だって降りようと思えばいつでも降りられたのよ!」
なんとも言えないぽんこつ感溢れるセリフを堂々と言い放った。アホもここまで来ると哀れに思えてしまう。
だが、彼女はあくまでも自称超能力者である。隊員達は彼女が地面へ降りてきたため、警戒の色をより一層強くした。
「さっきも言ったはずだ。動けば撃つぞ。今なら見逃してやる」
低く強い声で、再度警告をする。
しかし、少女は不敵な笑みを浮かべると、両手を背後へ回した。同時に隊員が叫ぶ。
「撃てええええええええ!」
その合図と同時に隊員達が携えていた銃の銃口から閃光が放たれ、銃声があたりに響き渡る。
「ぐわああああ!」
しかし、悶えたのは少女ではなく、隊員達の方だった。彼らは各々の肩を苦しそうに抑え、苦悶の表情を浮かべている。コウジには何が起きたのか全く理解できなかった。
少女の方に視線をやると、少女は無傷でその両手に拳銃を握っていた。そして、その銃を腰のホルスターへ収めながら、ゆっくりと隊員の元へ歩み寄り、彼らを見下ろしながらこう言った。
「だから言ったじゃない、『アンタらなんて敵じゃない』って」
まさか彼ら全員の肩を撃ち抜いたのか?この一瞬で?
コウジには何も見えなかった。いや、殆どの人間には今何が起こったかなんてわからないだろう。
「銃に明確な強さはないのよ。撃つ人の狙撃技術によって銃の強弱が決まるの。ライフルを使ってても、足首を掠めただけじゃダメージにならないわ。でも、例えゴム弾が入ったモデルガンでも、精密に眉間を撃ち抜く事ができれば、相手を殺すこともできるの。あなた達にはその技術がなかったのよ」
少女は冷ややかな視線を送りながら彼らにそう言った。そして振り返り、コウジに銃口を向けてきた。
「アンタが塚田コウジね?」
「は、はい…そうです……」
向けられた銃に怯えながらそう返事をした。
近くで見て改めて分かるが、その瞳は燃え盛る炎のような赤色をしていた。そして、首にはチョーカーのようなものを巻いており、喉仏の辺りに五百円玉くらいの大きさの装飾が付いている。
「アナタの存在は危険であると判断されたの、来てもらえるわね?」
彼女は横目で悶える隊員を一瞥した。彼らのようになりたくなければ来いということだろう。
「は、はい……」
コウジは頷くことしかできなかった。今の彼女に刃向かおうものなら眉間を撃ち抜かれて終わりということは火を見るより明らかだった。
「良かった。私は城嶺ヒカリ。アンタと同じ、特別な力を持った人間よ」
彼女はそういうと、自分の右手を差し出した。その手は大理石のように白く、とても滑らかだった。
「そんなところでボケっとしてないで早く行くわよ」
コウジは彼女の右手を掴んで立ち上がり、そのまま学園へと案内された。


「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く