異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

出会い

数十分程度歩き、佐伯サトミの玄関前が見え始める。人が立っているが、佐伯だろうか。
コウジはそのままゆっくり歩き玄関から十五メートルほど手前で立ち止まる。
「急になんだ。佐伯」
簡潔に用件を聞く。
「その、この前塚田くんに酷いこと言っちゃったから、そのこと謝りたくてさ……」
そう言いながら、佐伯は少しずつこちらへ歩み寄って来た。
「それ以上は近寄らないでくれ!」
コウジは叫んだ。これ以上人を殺したくなかったからだ。この前の校舎内での一件のように、佐伯を消し飛ばすわけにはいかない。また、俺の能力は物質限定ではないかもしれない。もしかしたら目に見えないものも、別の何かに変換することができるかもしれない。エネルギーや、磁力や、命でさえも………。あくまで可能性だが、警戒するに越したことはない。
とにかく、現時点では能力について分からないことが多すぎるため、不用意に近づくのは得策ではない。
「わ、分かった…」
佐伯は少し困ったように返事をした。
夜風が二人の間をすり抜け、二人の距離の儚さを囁くように告げる。
「ごめん、佐伯。俺はもうすぐこの街を出るから」
そう、コウジは知っていた、そして既に決断を済ませていた。この街に自分の居場所はなく、孤独に生きていくしかないのだと。
「じゃあ、さよなら」
佐伯に背を向け歩き出す。その心では欲望が渦を巻いていた。
呼び止めて欲しい。抱きしめて欲しい。「私がいる」と言って欲しい。「一人じゃない」と言って欲しい。
気を抜いたら栓が外れてしまいそうな涙腺を引き締めて歩みを進めていく。
だが。瞬間、背後から。
「今です!」
と佐伯の叫び声が聞こえる。すると、それを合図に大量の人影があるいは民家の影から、あるいは屋根の上から降りてくる。そしてコウジの元へ近寄ってくる。やがてそれが全身を武装し、銃火器を所持したた特殊部隊であると理解する。
「お、おい。なんだよ!来るな!」
コウジは必死に声を上げる、だが彼らは聞く耳を持たず接近を続ける。
「……やんのか」
コウジは両手に白と黒の炎を灯し、強い声でそう言い放つ。今のコウジは能力をある程度の範囲ではあるが操れるのだ。一度右手で触れることさえ出来れば、コイツらは敵ではない。無論、触れるのは携えている銃であり、隊員達は誰一人として殺さないつもりだ。
そして正面から向かってくる隊員と対峙する。だが。
「がは……っ!」
思考を巡らせていたその一瞬、バヂバヂバヂという音とともに背中に強い衝撃か加わる。体の動きが鈍くなり、視界が歪んでいく。視線を背後にやると、スタン警棒を所持した隊員と思しき人が立っていた。どうやら最初から完全に包囲されており、背後から不意を突かれたらしい。抵抗する力を失い、簡単に地面に組み伏せられてしまう。
「どういうことだよ佐伯!騙したのかよ!」
今一度、この状況について佐伯に問う。
「うるさい!他にアンタを呼ぶ理由なんてないでしょ…!!もう二度と私の前に現れないで!!この人殺し!!!」
冷酷かつ軽蔑的な視線をこちらへ向けてくる。最初から話し合うつもりなんてなかったのだろうか。自分の単純さに呆れ、佐伯の裏切りを憎んだ。きっと自分はこれから連行され、解剖や能力に関する尋問でも受けるのだろう。
こんなことなら、いっそ生まれなければよかった…………。
これから起こるであろうことと、自分の歩んできた人生の不甲斐なさに悔恨の念を抱いていたその時だった。
「待てぇぇえええい!」
上方から少女の声が聞こえてきた。声のした方向を見ると、民家の屋根の上にら黒い人影が一つ佇んでいた。隊員かと思ったが、違う。彼らは携えた銃をその人影に向けていた。
「貴様何者だ!」
隊員の一人が警戒しながらその人影へと叫ぶ。その人影は仁王立ちしたままこう言った。
「なぁに、ただのコンビニ帰りの超能力者よ」
彼女が一体何者で、どんな能力を持っていて、学園とどんな関係なのか。そんなことは何一つ分からない。
ただ一つ言えることは、きっとまともなヤツではないという事だけだった。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く