異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

着信

スマートフォンをいじりながら、コウジは商店街を歩いていた。空は暗黒に塗れており、月の姿も見当たらない。
先刻、父である孝則に家を突き出され、行く宛もなく一人歩いていた。
「まずは泊まる場所が欲しいな…」
今はまず、雨風をしのげる場所が欲しい。最悪、橋の下だが。祖父母の家はここからは遠すぎるし、友人の家は論外。今のコウジを泊めてくれるような人はいない。
「はぁ…死んだほうがマシかな」
友人、幼馴染、家族。みんなを傷つけ、みんなに見放された。もう自分に生きている価値は見いだせない。
過去を思い出し、淅瀝と追悔に溺れていると、左手側から香ばしい風が流れてくる。視線をやると、精肉店の女性が出来立てのメンチカツを店前のショーケースに並べていた。
「これだけ買ってくか」
コウジは財布を取りだし、メンチカツを一つ購入して商店街をあとにした。
しばらく歩き、近所の川沿いに出た。コウジは夜の河川敷で、一人腰を落ち着けて一つのメンチカツに舌鼓をしていた。
「マジでどうしよう…」
突然父親から告げられた、別れと独立に未だに何をすべきか分からずにいた。ふと右手に視線を落とす。
「“コレ”のせいだよな…」
コウジの身に発現した謎の能力。それは、触れたものを別のものに作り変えてしまうというものだった。コウジはこの能力で人を一人殺し、学校での居場所がなくなり、家を追い出されたのである。
「なんなんだよこれ…。いや、待てよ、コレって……」
そう言うとコウジはすぐ傍に生えていた草を一掴み、右手でむしり取った。そして、イメージする。ボールペンを変換したように、この草が大量の水になることを。目を瞑り、集中し、意識を研ぎ澄ませ、右手から草の感覚が無くなる。
そしてゆっくりと目を開ける。すると、左手には望み通り水があった。だが、
「これだけかよ…」
そう。少ない。渇きを潤すには少なすぎる量だった。今のコウジにはもう少し量がいる。
コウジは、河川敷から大きめの石を右手で拾い上げ、草と同様にイメージする。すると、今度は大量の水が左手から溢れかえる。
「うわっ!」
その量に驚き、素っ頓狂な声が出てしまう。おおよそ二リットルくらいだろうか。
「なんでだ…?」
コウジは疑問を抱いていた。草を水にかえた時と、石を水にかえた時。この二つで出来た水の量が違っていた。即ち、右手で消したものと左手で生み出したものとの間に、何かしらの条件があるのだと考えられる。そして、考察する。むしった草と、拾った石との差異を考える。だが多すぎる。生物と無機物。小さいものと大きいもの。柔らかいものと硬いもの。実験において、結果を左右する条件が何かを特定するなら、その他の条件を全て揃えなければならない。今回はほぼ全ての条件において差が生じている。このままでは、またあの悪夢を繰り返してしまうかもしれない。
そんなことに思案を巡らせていると、軽快な音楽とともに左ポケットが振動しているのを感じた。ケータイのバイブレーションだ。
画面には「佐伯サトミ」と表示されている。一体なんの用だろうか。無視することも考えたが、ここは佐伯を説得できるチャンスかもしれない。そう思ったコウジは「応答」ボタンをタップし、着信に応える。
「なんだ佐伯」
「あ、あのね、塚田くん……。話したいことがあるの。今からうちの前に来て欲しいんだけど、来られるかな?」
心なしか、その声は震えているようにも聞こえた。やはりまだ俺のことを恐れているのだろうか。しかし、この呼び出しに応ずれば和解することは可能かもしれない。
「わかった。今行く」
そう短く答え、コウジは佐伯の家へと向かった。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く