異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

崩落

登校中、頭の中は昨日の出来事でいっぱいだった。
 なぜ男子生徒は消えたのか、なぜ大量の水が出てきたのか、ひたすらに考えたが答えは出なかった。当然か。
 やがて校舎が見えてきた。視界の校舎が大きくなっていく度に、胸がズキズキと痛んだ。病的ではなく精神的に。
 昇降口で靴を履き替え、階段を上っていく。二年五組がある階で廊下へと出た。廊下は一部分だけ妙に光を反射していた。昨日の水の影響だろうか。
 それを一瞥して、俺は教室の扉の前で立ち止まる。
「昨日のはきっと夢だ」
俺は自分に言い聞かせるようにそう言い、扉をあけ放った。
そこで俺は現実を知った。
さっきまで賑やかだった教室に、一瞬にして静寂が訪れる。突き刺さるのはクラス中の氷柱のような冷たい視線。その視線に耐えながら自分の席に着く。周囲からひそひそと話声が聞こえる。本来なら聞こえないような声量なのだが、この静かな教室内ではその会話は筒抜けだった。
「ねぇ、昨日いなくなった東雲(しののめ)くんってさ…」
「塚田君が喧嘩して、いきなり消えたらしいよ」
「え~、なにそれ。どういうこと?」
「なんか、触った瞬間に消えちゃったんだって!間近で見てた佐伯さんが言ってたよ」
「うそ、じゃあアタシらも消されるの?」
「関わらない方が良いよ…」
どうやら、昨日の出来事は少なくともクラス中には広まっているようだった。噂は信じられないような速さで広まっていく。
 そして、それを広められるのは、昨日の男子二人と佐伯だろう。
 佐伯の方を見ると、俺は佐伯と目が合った。と同時に佐伯は怯えるように目を背けた。
 一方の佐藤の方を見てみると、佐藤は申し訳なさそうに視線を逸らしていく。
 そこで初めて実感した。人と人との繋がりはこうも簡単に崩れてしまうものだと。
 昨日まで楽しく談笑をしていたような人間も、翌朝には自分を無視するようになってしまうのだ。
 すると、教室の扉が開け放たれた。担任だ。
 「塚田。いるか?」
 発散し始めていた視線は、再び自分へと収束した。
 「…………はい。」
 「ちょっと来なさい」
 ゆっくりと席を立ち、教師のいる扉へと向かう。教室の通路は俺が通ろうとしただけで、生徒たちが退いていった。
 「ほかの皆は、自習していなさい」
 そう言って、教師は俺に職員室まで来るように指示した。

「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く