異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??

頤親仁

塚田コウジの朝



ジリリリリリという不愉快極まりない音が、寝起きという不愉快極まりないタイミングで耳をつんざく。
「あぁ~、分かったから…」
そんなことをぼやきながら、少年は今もうるさく鳴り続けている目覚まし時計を止める。
優しげな双眸と癖っ毛な頭が特徴的なこの少年の名は、塚田コウジ。今はまだ、普通の高校生である
時計の文字盤を見てみると、時刻は七時半。家を出るまで、あと三十分といったところだろうか。
身支度を整えるため、ゆっくりと体を起こし――――――猛スピードで再び布団に潜る。
寒い、非常に寒いのである。
「さっぶ…よく凍らないな、俺…」
思わずそんなことに感心してしまったが、今は未だ一月中旬。当然と言えば当然か。
すると、
「お兄ちゃーん!遅刻するよー!」
なんて声が一階から聞こえてくる。三十分あれば余裕で間に合うのだが…。しかし、そんなことを言おうものなら、今夜の俺の晩飯が無くなってしまう。
狸寝入りをあきらめて、今まで自分が眠っていた布団を畳む。そして、畳み終わった布団を押し入れへと収納する。
机上に置かれたスクールバックを取り、眠い目を擦りながらゆっくりと階段を下りていく。
下りていくと、香ばしい匂いが鼻腔をくすぐる。
「遅いよぉ、お兄ちゃん。おはよ~う」
 そんな声と共に一人の少女が顔を出す。ビー玉のような紺碧の瞳と、小柄な体躯。腰に届きそうな長い橙色の髪は後頭部で一つに結えられている。
彼女は俺の妹である塚田スミレ。十一歳の小学五年生であり、我が家の料理番である。
妹の顔を確認し、顔を洗いに洗面所へ向かおうとする。が、
「オォイイイィ!」
という声と共に鳩尾に強い衝撃が加えられる。
「ぐはぁッ……!」
呼吸ができなくなり、激痛に思わずうずくまる。
今しがた声を発した方向を見てみる。そこには鬼のような形相をしたスミレがこちらを睨んでいた。
どうやらスミレの蹴りが見事に俺の腹に命中したようだ。すごく痛い。
「お・は・よ・う」
ものすごく威圧しながら、もう一度挨拶をされる。
「お、おはようございます。スミレさん…」
その形相に、反撃できずに挨拶を返す。どうやら、挨拶を返さなかったことが癪らしい。
「ったく、挨拶は人間の基本だよ。それを返せない人間は塚田家(ウチ)には要らないよ!」
そう言い放たれ、素直に謝る。スミレの発言に対し反駁することはできなかった。するとリビングから、
「朝から騒がしいな」
新聞を読んでいる男がコーヒーを啜りながら、そう言う。
この男は俺の親父である塚田孝則である。昔は近所の中学校で教鞭を振るっていたのだが、そこが廃校になった今は隣町の小学校に勤めている。
「はい、朝ご飯できたよ~」
痛みに腹をさする俺を尻目に、背後からスミレが料理を手にリビングへと向かい、テーブルの上に料理を並べていく。
 朝から鮭のムニエルと、我が妹ながら気合が入っている。
 親父が新聞を閉じ、塚田家の全員が着席するのを待つ。俺と親父に遅れてスミレが席に着き、
『いただきます』
と、一家全員で声をそろえて言う。
朝食を取り始めるなり、親父がテレビを点ける。チャンネルを変える度にボタンを押していたが、やがてボタンを押す指を止める。
そのチャンネルでは画面いっぱいに、倒壊した建物が映し出されていた。そのうち何件かからは炎が上がっている。
「なんだか最近多くない?」
スミレがふとそう言う。
「ああ、多いな…」
それに応じるように親父が頷いた。
画面に映っていた家々は、地震や土砂崩れなどの災害に見舞われたわけではない。
排斥対象イントゥルージョン】、七年前に突如現れ次々に人間を襲った生命体。        
その殆どが謎に包まれている。そして、画面に映し出されている家屋は【排斥対象イントゥルージョン】に襲われたのだ。アレに関して分かっていることは、以下の通りだ。
Ⅰ,アレらは神出鬼没で、人間のみを攻撃すること。
Ⅱ,アレらには「障壁」があり、通常の兵器などを用いた攻撃が殆ど効かないこと。
Ⅲ,アレらには「中枢」があり、それを破壊できれば倒すことができるということ。
Ⅳ,アレらは七年前に最初に現れてから、回を増すたびに現れる数が増加していること。
そして、
Ⅴ,アレらを殲滅することができる組織があるらしいということ。
最後に関しては都市伝説のようなものではあるが、一部では根強く浸透している。
目撃証言はかなり多いが、写真や動画といった証拠は未だに無い。もっとも、【排斥対象イントゥルージョン】が襲ってきているときに呑気にカメラなんて回そうものなら、真っ先に命を狙われてしまうわけだが。
そんなことを考えながら、ふとテレビ画面の右上に表示されている時刻を見る。
「やべっ!もうかんな時間じゃん!」
少しニュースに夢中になりすぎてしまっていたらしい。時刻は八時を指している。
「だから早く起きろって言ったのよ…」
悔しいが、スミレの言う通りである。このままでは遅刻してしまうかもしれない。
残った朝食を猛スピードで喉の奥へと掻き込み、食器を流し台へ運ぶ。
急いで歯を磨き、制服に着替えて和室へ向かう。
和室には一つの仏壇があった。母のものである。
母は十二年前に交通事故で亡くなったと聞いている。「聞いている」というのは、当時四歳の俺はそのことを覚えていないからだ。
「行ってきます、母さん。」
お鈴を鳴らし母に挨拶を済ませ、スクールバックを拾って家を出ようとする。
「んじゃ、行ってきまーす」
「あ!お兄ちゃん!」
家を出ようとしたところで、スミレに呼び止められる。
「コレ、今日から必要でしょ?」
そう言って、布に包まれた弁当を手渡される。
確かに弁当は今日から必要だったが、よくそこまで把握しているものである。ちょっと感心。
「ああ、さんきゅ」
スミレに短く礼を言う。
「気を付けてね」
「あいよ」
短いやり取りを終え、玄関の扉を閉めた。


「異能があれば幸せとか言ったヤツ誰ですか??」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く