おっさん〜異世界を歩く〜

治部郎

4

おっちゃんに話を聞くことにした。

「すみませーん。」

「なんだ。」

「何を売っているんですか?」

「串カツだが?」

「じゃあ串カツ2本ください。」

「じゃあ20貸で」

「20貸ってどれくらいですか?」

「20貸は銅貨2枚か、鉄貸20枚かだ。」

「ありがとうございますでは銅貨2枚で」

「丁度だな。またな」

「そういえば、この辺りで換金できる所って知りませんか。」

「なら、冒険者ギルドなんてどうだ。」

「それはどこにあるのですか?」

「これから真っ直ぐ行って左にあるよ。」

「ありがとうございます。行ってきます」

残りのお金が鉄貸20枚となったのでお金を増やす為、冒険者ギルドに向かった。

「おっさん〜異世界を歩く〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く