おっさん〜異世界を歩く〜

治部郎

3

あれからこの世界の事を少し知った。この世界には勇者と呼ばれる者がいたらしい。その者は、100年前に死んだらしい。そして、魔王が生まれるから、異界の住人に倒させる為、勇者召喚が行われるらしい。自分達では相手にできないからチート持ちにやらせるのが根端だ。そんな事、関係ない人達を巻き込んで酷いことをさせるなんて。なんて言うものの、私には何も出来ないので、勇者様頑張って下さい。悪はいけませんからね。世界を平和に。なんて思っちゃたんだけと案外恥ずかしいですね。腹の音がしてきました。私の腹の音です。あそこのおっちゃんに話を聞いてみましょう。

「おっさん〜異世界を歩く〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く