おっさん〜異世界を歩く〜

治部郎

2

先程、九州辺り歩いていたはず。とりあえず、どこだか聞いてみよう。

「ここはどこですか」

「????????」

相手が何を言っているのか分からなかった。しばらくして、頭の中から音が聞こえた。

「異世界言語翻訳を使用しますか
                          yas / no                」

相手の言語が分からないので勿論yasにした。さっき分からなかった言葉が分かった。

「あんた。大丈夫かい?慌てていた様子でいたけど、その様子だと、大丈夫みたいだな」

「はい。大丈夫です。ところで此処はどこですか?」

「はぁ〜ここを知らないのかい」

「なにぶん、田舎から来た者で。」

「ここは、アドルフェア王国だよ。」

見渡してみると日本とは違う格好のした人達がいた。空にはドラゴンがいた。竜騎士って言う職業の人の使い魔らしい。もうここは異世界という事を実感した。

「おっさん〜異世界を歩く〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く