旅人少女の冒険綺譚

野良の猫

1-8「旅立ちの時-2」


次の日の朝。
シャルルは身支度を済ませ、診療所の受付へと向かった。診察はもちろんタダでとは行かない。ギルド直属の診療所だとしても、運営為ていくためにはお金が必要なのだ。


今回のシャルルの場合。
意識不明の緊急で運ばれてきた。と医者から伝えられていた。普通の診察ではない。
シャルルの頭はお金が足りるかどうかでいっぱいになっていた。

ちなみにだが、魔物を倒した際に出る小さな結晶は、それだけではお金にはならない。結晶を換金して、お金に換えなければならないのだ。

勿論、結晶を支払いで使える場合もある。
しかしグラム単位の計算になるし、お金に換金するための手数料も取られてしまう。

その手数料が意外に高いため、本来であれば換金してお金に換えてから使うのが一般的だ。

どうしようかと、頭を抱えつつ受付に着くと、少し不安そうにしながら受付の男性に話しかける。

「あ、あの。今日で退院のシャルロットですけど__。」

「あぁー、シャルルさんね。はいはい、今手続きさせて貰いますねー」


そう言えば皆、シャルロットとは呼ばずシャルルと愛称で呼んでいた。まぁ重傷で運ばれてきたし、アル君もシャルルお姉ちゃんと呼んでいたから、きっとそれでシャルルと呼ぶのだろうなと想像した。


受付の男性は、羽根ペンと受付にある名簿を手に書類を開いた。そしてシャルルへと向ける。

「ここにサイン、お願いします。」

「はい、分かりました。」

羽根ペンを受け取り、退院するための書類にサインを書くと男性に返した。

ここまでは良い。問題はこの先なのだ。一番気になっている治療費の話だ。結晶を払うか、今の財布の中にあるお金で足りるのか。
全ては、目の前の男性が指定する金額にかかっている。

しかし、男性はあっけなく言った。

「それでは、御大事に。気を付けてお帰りくださいねー」

「え?」

てっきり、治療費の値段の話になるのかと思っていたのだが...。シャルルは恐る恐る問いかける。

「あの、治療費は大丈夫なんですか?」

「ええ。治療費やその他もろもろのお金は、シャルルさんを此処に連れて来られた方から既に頂いております。ですのでお気になさらず!」

爽やかな笑顔で、受付の男性はそう言った。
そういえば、誰がここに運んでくれた?!
しかもお金まで払ってもらってるなんて!

「あの、もう一つお伺いしたいんですけど」

「はい?何でしょう?」

「私をここまで運んでくれたのって...アル君の両親でしょうか?」

一番に思いついたのはそれだ。いつまで経っても戻ってこないのを心配して、助けに来てくれたのかと思ったからだ。

「いいえ、もっと御年配の方でしたねぇ。てっきり、シャルルさんの知り合いかと思ったんですが。」

「そうでしたか...。」

御年配の方。シャルルが心当たりのある人が一人だけ居た。そうだ。きっとあの人しか居ない。

「それじゃあ、お世話になりました。」
シャルルは軽く頭を下げた。

「はい、お気をつけて!」

爽やかな笑顔は変わらずで、受付の男性は手を小さく振りながらシャルルを見送った。


シャルルは外に出るなり走り出す。

目的地はもちろん、今住んでいる我が家でもある師匠の自宅だ。アストール村から少し離れてはいるが、今から走れば昼頃にはつく。

「まったくもー...師匠ったら...!!」
シャルルはまたまた魔力を足に送ると、風のように速く、草原を駆け抜けて行ったのだった。


「旅人少女の冒険綺譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く